March 17, 2010 02:39

"My feeling, 2010/3/17"

2週間ブログを書いてなかった。
この2週間で、随分色んなことがあった。

まずは、体調を崩すと、やはり良くない。
仕事にも影響するし、
体調を崩してから3日間くらいは、
仕事の成績に影響する。

体調管理も、能力のうち。

********

村上春樹の「1Q84」を読み終わる。
去年の5月に上巻を買ってから、
トイレでちょこちょこ読んでは、
全然進んでなかった。
今の仕事は、人の人生に入り込むから、
正直、村上さんのようなディープな世界に
入り込むのは、仕事以外の時間には疲れすぎた。

しかし、今年の頭ぐらいから、
一気に読みが加速し、
一気に下巻まで読み終わった。

今回の彼の作品の言わんとしていることを
読み解くのは、ちょっと考えないと
分からない気がするが、
とにかく、彼の文章っていうのは、
非常に繊細で、全てが細やかで、
まるで、何かの映画を観終わった後のような、
まるで、その主人公たちの人生を、
自分も味わったような、
まるで、自分がその主人公たちの
した経験、見た情景を、
そのまま見てきたような、

そんな感覚に陥る。

村上さんの本を読み終わった後、
その内容を思い返すと、
全てのシーンが、細かい描写とともに、
まるで見てきたかのように思い出されるから、
それが素晴らしいと思う。

3巻目は4月の半ばに出るから楽しみ。

********

映画を結構観た。

彼女と一緒に、
「New York, I Love You」
「幸せの隠れ場所(Blind Side)」
を劇場で観て、
同時に、DVDでも何本も映画を観た。

感想は後で書こう。

*********

仕事に没頭した。
まあ基本はいつもここに返ってくるけど、
この2週間は、特に仕事に集中したわね。
今月は非常に調子が良い。
全ては、「大丈夫」という自信と、
自分を信じることと、
波に乗っていると、信じきることと、
そして、基本を忠実に、
怠らないこと。

明日は全体会議。
去年の全体会議から一年が経つ。

今夜は、社長と一緒に飲みにいった。
色々話した。

今いる環境を、120%使って、
自分を伸ばすこと。
器量を伸ばすこと。

********

昨日髪を切った。
去年の12月から行っている美容院の
美容師さんが、とても面白くて、気が合う。
昨日は、「気」の話をした。

やっぱり、髪の毛には、
その人の「気」がまとわり付くんだって。
だから、いいオーラの人の髪の毛を切ったときは、
その日はパワーをもらうし、
逆に悪いオーラの人の髪を触ったときは、
その日一日がダルくなるらしい。

彼も、「いや、ちょっと変な話なんですけど・・・」
って言って話してたけど、
俺はそういうの信じるから、
2人で、「やっぱそうなんすね」何て言って
盛り上がってた。

それと、その人に教えてもらった、
一日の疲れを完全にとる方法。

夜、熱いシャワーを頭から浴びて、
深く深呼吸をする。
その際に、全てのその日の汚れ、疲れ、
悪いものが全て、手の先から出て行って、
下に流れていくイメージをする。

それを強くイメージして、深呼吸を続けると、
手があっつくなるらしい。

俺も昨日からそれを試してるけど、
実際、シャワーを頭から浴びて、疲れを全部落とすのと、
仮にシャワーを浴びずに、そのまま寝るのでは、
次の朝に起きたときの疲れの感じが全然違うもんね。

シャワーを浴びた日は、基本次の日も
体が軽いけど、
浴びなかった日は、
起きた瞬間に、頭が突っ張ってて、
まるで寝ていた間もずーっと、
気が張っていて、見ていた夢は全て仕事のこと・・・

そんなことが多々ある。

だから、どんなに疲れていても、
必ずシャワーを浴びて、その日の汚れ、疲れを
落としきったほうがいい。

**********

毎日jack Johnsonを朝聞いている。
「On and On」.

無性にサーフィンがしたくなるんだよね。
サーフィンがしたいっつうよりも、
海に浮かびたい。
海で、体を浄化したい。
疲れを全部出したい。

体がそれを欲しているんだろうね。

***********

そして最後に。

こうやって、自分が今思っていること、
感じていること、
考えていること、

そういったことを、
やっぱり、いくら疲れていても、
毎日書いて、
吐き出したほうがいい。

上に書いたように、
シャワーを浴びて、その日の疲れを出し切るのと一緒で、
自分の考えも、
こうして出さないと、
それが溜まって、
いつの間にか消化不良になって、
で、いつの間にか、「便秘」になる。
気持ちの便秘。

何事も、貯めるのはよくない。
川の流れのように。
何事も、次へ流す。
その流れが大事。
フローが大事。

**********

昨日、松下幸之助の
「道をひらく」を読んだ。

この人の考えは素晴らしい。
日本人の、昔ながらの、よさ。
けじめ、潔さ、
そういったものが、書かれている。

読んでいると、自分が小さい頃習っていた、
習字の先生のこと、
小さい頃大事にしていた規律、
けじめ、
そういった、「きりり」とした潔さ、
気持ちよさを思い出す。

けじめが大事。
けじめが好き。

日本人だから。
根本には、そこが根付いているから。

やっぱり、自分の基礎に帰るのがいい。
Back to Basics.

**********

おし、全部吐き出した。

2010/3/17 2:39am

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索