March 03, 2010 22:26

"Bangkok Dangerous"

bangkok-dangerous-poster

いやあ、本当にヒドイ映画でした。

こんなにヒドイ映画を観たのは、いつ以来でしょう。

今日、ニコラス刑事さんの「Matchstick Men」
を観て感動し、
ツタヤで、ニコラスさんの別の映画を借りてきたのに、
これはないでしょう。

よくもこの作りで、全世界劇場公開したよね。
「公開」じゃなく、「後悔」のレベルだよね。

ニコラス刑事さんもさあ、
いい役者なんだから、
こういう映画に出るのは、もう辞めたほうがいいよね。

基本的に、この人のアクション映画は、
「Face Off」や「The Rock」
以外は、相当ヒドイよね。
「Ghost Rider」も、「NEXT」も、
もう本当にひどかったし、
基本、ニコラスさんが無い髪の毛を生やしてやっている時は、
駄作なんですよ!
ひどいね、本当に。


ちょっと熱が冷めてからよく考えて見ても、
本当にヒドイ脚本と、編集だと思いますよ。

きっと、企画の時点で盛り上がっちゃって、
撮影はして見たが、「もう撮っちゃったから公開しねえと」
そんな勢いでやっちゃったんでしょうか。


「Matchstick Men」のメイキングの最後に、
リドリースコット監督が、
「アクションなど、撮影自体が大変な映画の場合は、
撮影だけでスタッフも俳優も疲れてしまうが、
今回の映画は、そのようなシーンもなく、
良い意味で落ち着いて、楽に撮れた。
だからこそ、本当に良い映画が撮れた」
と仰っていましたが、本当にその通りだと思います。

例えばリドリー監督の「グラディエイター」なんかは
名作ですが、
あれを撮影するのと、「Matchstick Men」を撮影するのでは、
その大変さが、天と地の差があるのは、
誰が見ても分かります。

だから、アクションの場合は、
撮影だけで大変だから、
ヘタすると、撮っただけで満足してしまって、
実際の映画の質や話は、大したことない、
そんな結末に陥りがちですが、
この「バンコック・デンジャラス」とやらは、
まさにその例でしたな。


いやあ、本当にひどかった。
"Rotten Tomatoes"でレビューをみても、
なんと8%でした。

下記を参照:
http://www.rottentomatoes.com/m/bangkok_dangerous/

そりゃあそうだよね。
観衆は嘘を付かないよ。


ニコラスさんには、出演する前に、
ようく脚本を選んでほしいですね。

それから、無い髪を頑張って生やすのは、
もうやめましょう。
(これは自分にも言えますが)


「も、もうこんな映画に出るのはやめます・・・」
Bangkok_dangerous_2008_poster


2010/3/3 10:25PM




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索