September 29, 2009 02:23

今日、感じること。思うこと。

今の自分の仕事って、
毎日違う人に会って、その人と約2時間
(大抵は3時間から4時間)
話をして、
その人の人生を知り、
その人の、深いところまで知る。
そんな仕事。

だからこそ、中々こんな仕事ってないよなあと思うし、
毎日、得られるものは本当に大きい。

今までの自分って、多分、人に余り興味がなかったんだと思う。
その人が何を感じているか、
どんな人生を送っているか、
何を考えているのか。

そんなことを、余り気にせずに過ごしてきた。
でも今は、目の前にいるその「人」のことを分からないと、
結果に結びつかない。
だからこそ、目の前にいるその人が、何を感じているのか、
何が欲しいのか、
何を求めているのか。

それらを、真剣に考えるようになったし、
初めて会うその人に、いきなり話をして、
深いところまで引き出してもらえるよう、
凄く集中する。

だから、最近は、朝家を出て、新宿に着くまでの間、
すれ違う人々をパッと見て、
「この人はこんな人かな」
「この人は今、こんなことを考えているのかな」
「この人はこんな人生を送ってきたのかな」
そんなことを、瞬時に考えるようになってきた。

それが、俺が求めている、いわば「人間力」
であるし、
まだそれは初期段階とはいえ、
それが身に付き始めていることは、嬉しい。

また、毎日色んな人に会う中で、
「この人は凄いな」
そう思える人に、たまに会える。
そんな時、凄く嬉しくなる。

その人が、例え自分の会社のサポートを使われなくとも、
その人という人間に会えただけで、
「こんなに凄い可能性を持った人がいるのか」
そう思えるだけで、その出会いは本当によかったな、
そう思えることがある。

今まで、約半年間仕事をして、
沢山の人にお会いしてきたが、
今まで、そう思えたような方は2,3人。
中々、そう思える人はいないけど、
でも、そんな人と会えると、やっぱり嬉しい。

********

話し変わるが、今日靴を買った。
去年の9月に日本で社会人を始めてから、
一回も靴を買ったことが無かったが、
今日は、いいものを買った。

やっぱり、毎日人に会う仕事だし、
靴、スーツ、ワイシャツ、ネクタイ等は、
いいものを持って、きちんと手入れをして、
いつも清潔でありたい。

靴は、いいものを買って、
毎日きちんと手入れをすれば、
愛着も湧くし、気持ちがいい。

スーツも、入社してから、ずっと同じものを着て、
夏なのに、冬モノを着て暑がっていたが、
先日、やっと新しいものを買った。

やっぱり、自分が身につけるものは、
自分を表すものであると思うし、
それらに気を遣うことは、
結果、自分を磨くことにも繋がる。
(もちろん、自分自身を磨くことが、第一優先だが)

********

今日は、休みだが、出社した。
最近、会社に行かない日がない。
休みでも何かしら、必ず会社に行っている。

今日は流石に疲れが溜まっていたらしく、
夜、トップカウンセラーのMさんが帰る前に、
「俊輔、あんた大丈夫?」と。
「大丈夫です」つって仕事してたが、
帰り道、電車に乗る前に、Mさんから携帯に電話があった。
出ると、
「アンタ、最近15連勤ぐらいしてるでしょ?
俊輔がいなくなると、新宿はやっていけなくなるのよ。
あんまり無理しすぎず、体には気をつけなよ」と。

わざわざ自分の携帯に気を遣ってかけてきれくれるなんて、
そのお心遣いが、めちゃくちゃ嬉しかった。

トップカウンセラーである彼女が、
4月の終わりに、俺に言ってくれた言葉。
「俊輔なら、必ずトップカウンセラーになれるよ」と。

その後、俺は全然結果が出ず、彼女には全く
見向きもされなくなったが、
8月に結果を出し始めてから、また一気に態度が変わり、
今や、随分気にかけてくれるようになった。

結果を出すと、ここまで周りの評価は変わるものかと、
ちと拍子抜けはするが、
まあそれも、社会は、結果を出してなんぼの世界。

そんな中、今日見たく、気を遣ってくださるMさん。
やっぱり、人間として、優しいというか、
深みがあるというか、
やっぱり、違うなあと、しみじみ感じた。

**********

俺は、今、そんなMさんや、
副部長のOさんや、
他にも、全国でトップに入るカウンセラーの方々と同じ、
新宿で働けている。
凄く恵まれていると思う。

最初は、自分が結果も出せず、
虫けらのような感じがして、居場所もなかったけど、
一度自分が実力をつけて、彼らと同じ土俵に立てば、
それだけ実力のある人たちと同じ環境で働けることほど、
楽しいことはない。

すぐ横に、自分より凄い人がいるから、
ますます頑張ろうと思うし、
同時に、そんな人たちから学べることは、
非常に恵まれている。

自分の「人間としての力」を身に着けるには、
本当に恵まれた環境にいると思う。

********

今月も残り2日間。

自分の仕事の意義は何か。
何が、大事なのか。

それを忘れず、前に進むのみ。


2009/09/29 2:21AM

トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by Shun   October 08, 2009 11:53
コメントありがとう。
これはね、確かに普通に読んだら、あれ?と思うかもしれないけど、そうじゃないんですよ。

実力主義の社会は、結果を出さないと、見向きもされないのはまず当たり前なんですな。

で、特にこのMさんは、自分にも周りにもかなり厳しい人だから、情けとかで言葉は絶対にかけないし、そんな人が、仕事帰りに、電話を直接してくれるなんてのは、通常有り得ないわけですな。


そんな、本当に厳しい人が、わざわざかけてくれた電話だったから、凄く気持ちがこもっていたし、本当に嬉しかったわけなんだよね。

1. Posted by 早   September 29, 2009 22:38
読んでて気になったから質問させてね。

「その後、俺は全然結果が出ず、彼女には全く見向きもされなくなったが、8月に結果を出し始めてから、また一気に態度が変わり、今や、随分気にかけてくれるようになった。そんな中、今日見たく、気を遣ってくださるMさん。やっぱり、人間として、優しいというか、深みがあるというか、やっぱり、違うなあと、しみじみ感じた。」


って書いてるんだけど、普通なら

「結果を出せないときは相手にもしてくれなかったのに、結果をだしたら気にかけてくれるなんて、人間不信になりそうです。」とかって思いそうなんだけど、そう思わないのはどういう心境からなのかな?

ちょっと興味のでる文章です!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索