August 26, 2009 09:52

「個人目標達成」

先日23日に、個人目標を達成した。
22日、23日とカウンセリングが続き、
一気に受注数を増やした。

24日、休日だがカウンセリングがある為出社し、
夜9時半ごろ帰ろうとした。
「お疲れ様です」
すると、営業部長のKさんが、
「俊輔帰るん?ちょっと待っててな」
と。

すると、隣の部屋で会議をしていたSさんとOさんを
Kさんが呼びに行かれ、
2人がオフィスに戻ってくると、
何やら大きなシャンパンのボトル2本と、
紙コップを皆に配りだした。
何のお祝いかと思いきや、
この日、新宿本店が何年か振りに
計上1000万を超えたお祝いらしい。

俺も紙コップを配ってると、
Sさんが、「○○君はこっちに来なさい」と。

前の方に行って、Sさんの横に立つと、
「今日、久しぶりに新宿が1000万達成したお祝いと、
 俊輔が個人目標達成したお祝いです」と。

すると、Sさんが俺に向かって、
「あなたは素晴らしい!!」と。
「今月急に飛躍して、結果を出した。それが素晴らしい」と。

Sさんは言わば、俺の直属の上司のOさんや、
鬼のように恐い営業部長のKさんよりも更に上で、
次期社長となるような方。
要するに、会社の流れ全体を纏めているような方で、
そのSさんに、直接
「あなたは素晴らしい!!」と真正面から言われ、
「うおお!」とビックリした。

「今月結果が一気に出るようになったのは、
 色々な特訓の成果等があるみたいだけど、
 とにかく、こうして飛躍的に成長して結果を出していることは、
 素晴らしいことです」と。

そして、Kさんにも会社に入ってから初めて一人前扱いされ、
「来月から今までの倍以上怒られるけど、
 つまりそれだけのポジションに立ったって事なんやで」と。

そんなわけで、俺が皆さんの前で一言いい、
シャンパンのボトルを開けさせて頂きました。


いやあ、本当に嬉しかったし、
帰り道、「生きててよかった」と心から思いました。

----------------

仕事をする以上、
「会社」というものに属する以上、
結果を出さなくては、そこにいる意味がありません。

「頑張ってます」って言うのは学生までで、
仕事となったら、
「頑張ってるかどうか」なんてのは
全く関係ありません。

結果を出さずしては、見向きもされないし、
その企業に属している意味がないのです。

俺は、2月にこの会社に入って、
7月の終わりまで、全く頭角を現せませんでした。

毎日、頑張ってはいるものの、
その頑張り方が足りないのか、
というよりは、この仕事のコツが掴めず、
よく分からないまま日々をとにかくがむしゃらに生きていました。

しかし、それが結果に結びついていないので、
結局は、何もしていないのと同じになってしまっていたのです。

7月の終わりに、上司のOさんよりメールをもらいました。

「人間は、『本気で』変わろうと、覚悟をしない限りは、
何も変わりません」と。

5月の終わりごろにも、彼に、
「君はまだ、環境が自分を変えてくれると思っている」と。

確かに、
「この会社に入ったから変わるだろう」
「新宿に移ったから変わるだろう」
そんな風に考えていました。
そして、自分では覚悟をしているつもりでしたが、
やはり、本物の『覚悟』が出来ていなかった、
そう感じました。

入社して半年。
そして、新宿に移って4ヶ月。
ここで結果を出さなくては、マジで自分の居場所がなくなると、
マジで「ヤバい」と思いました。

俺は、前の会社を辞めてここに移ったし、
もう今年26歳だし、
要するに、後が無かったわけです。

そんな訳で、覚悟して8月は挑み、
同時に、先輩方から教えて頂き、
8月3日のカウンセリングに挑んだわけです。

そこで結果が出て、
その後も、立て続けに結果が出ました。

8月3日のカウンセリングで掴んだ「感触」。
これが正しいものだと感じたのは、
その後のカウンセリングも当日で決まるようになってから。

******

とにかく、面白いと思うのは、
仕事は、結果を出せば評価されるし、
逆に結果を出さなければ、
いくら頑張ってようが、全く評価されないこと。

そして、結果を出してしまえば、
周りの見る目も、一気に変わってくるということ。

別に、周りの評価や賞賛が欲しいから仕事をやっているわけじゃない。
ただ、自分が目の前の燃えられることを見つけ、
それに面白み、楽しみを見出し、
それに没頭するのが楽しいから、

そして、それが結果に結びつき、
自分が設定した目標を超える為に、
その切磋琢磨のプロセスを追うことが、
毎日楽しいから。

だから、毎日打ち込んでいるだけのこと。


仕事は義務でやっていたら
絶対つまらないし、
面白くないし、
第一やる気も出ない。

自分が、それを「楽しい」と思えるから
頑張れるし、
むしろ、それは「頑張っている」という感覚ではなく、
ただ、「楽しいことに打ち込んでいる」
というだけのこと。

だから、今月は毎日楽しいし、
休日出勤してもOKだし、
その毎日のプロセスに、喜びを感じる。

要するに、何か自分の好きなことに
打ち込むことが、好きなんだと思う。

******

長くなってしまいましたが、
そんなわけで、一昨日は凄く嬉しかったし、
もっと頑張ろうと思いました。

会社の上司の評価のために働いているわけではない。
自分が面白いと思える仕事だから、
そしてそれに結果を出すことが楽しいから、
毎日必死で頑張る。
そして、結果が出たとき、
周りの評価は、自然と付いてくる。

そういうものだと、
感じました。

08/26/2009

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索