August 05, 2009 02:47

「仕事とは」

仕事がやっと面白くなってきた。
今日も、昨日も、受注が出た。

お客様の話しを、「聞く」。
その人が、本当に何を欲しているのかを、「知る」。
そして、その人が望む「それ」を満たしてあげるには、
どうしたらいいのかを「考える」。
そして、その人が満足され、
最後に、その人が一歩を踏み出したいという言葉を
言ってもらえるよう、
頭を働かす。


簡単そうに見えて、すごく難しいし、
難しそうに見えて、実はすごくシンプルなのかもしれない。

しかし、相手はモノじゃなく、
「人」だから、
だから、やっぱり、ムズかしい。

しかし、だからこそ、
それが出来たとき、
お客様の気持ちをつかめたときは、
そりゃあ、何よりも、嬉しい。


この仕事で、結果を出すには、
自分の「人間力」、人としての「魅力」、
人の話を聞き、その人の気持ちを「引き出す力」、
そして、その人を「扇動する」力、
そして最後に人間として、いつも輝き、「成長」していること。

それが必要とされるから、
そして、だからこそ、
この仕事を極める、イコール、
俺のなりたい自分像に近づくことだから、

だからこそ、すげえしんどいけど、
すげえ楽しい。


結果が出なかった先月までは、
マジで毎日気分が重かったけど、
今月は、やっと一皮向けた感がある。

後は、この「感覚」を、「確実」なものにすべく、
さらに考え、それを実行し、
自分のものにするのみ。


*******

二日前、先輩3人と、お好み焼きを食べに行った。
そこで、トップカウンセラーのMさんに、話をまた聞いた。
4月の終わりのブログにも書いたが、
この人の話しは、やっぱり熱い。
気持ちを動かすものがある。
それは何より、その人が本気で、真剣に、
この仕事を愛しているし、
その人の熱き思いが、伝わってくるから。

その人にとって、この仕事=ライフワーク。
だから、軸がぶれないし、
やっぱり、人の気持ちを動かすものを持っている。

さらに、その夜は、
もう一人の先輩の家に泊まり、朝の4時半までカウンセリングのロープレ。

そんな風に向かえた次の朝。
前の晩に、2人から、
「今日のカウンセリング決めなかったら、
 絶対死ぬで。
 だけど、これを決めたら、
 俊輔の中で変わるで」

見事、決めました。
朝はひっさしぶりに、緊張して、
高校の水泳部時代の大会の前ぐらい緊張したけど、
いざお客様を目の前にしたら、
その人のことしか考えない。
その人の人生のことしか考えない。
だって、俺たちは、その人を「受注する」んじゃなくて、
その人の人生の、後押しをしているんだから。

その人が、「海外に行って成長したい!」って思う
その気持ちを、後押ししてあげるんだから。

だから、その人のことを真剣に、本気で考えたら、
自ずと、結果は出るもんなんだ。

目の前の数字とか、そういうものにとらわれているから、
一番大事な部分を見失っちゃうんだ。


***********

そして最後に、
この仕事で結果を出している、特にトップのカウンセラーは、
やっぱり、人間的に魅力的な人、
「この人すげえな!」と思う人たちばかりだってことに、
今日の帰り道、ふと改めて気付いた。

だからこそ、うちの会社で、
仕事を適当にやっている人間なんて、
一人もいないし、
みんな必死だから、
すげえ、いい人たちばっかりだし、
そんな中で、自分も自分を磨き、
その、魅力的な人たちのようになるために、
自分自身を、毎日見直し、成長し続ける。


そんな状態にいられること。
すげえ、恵まれてるってこと。


08/05/2009 2:47AM






トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索