December 10, 2008 23:13

「Pay It Forward-ペイ・フォワード」

pay_it_forward_ver1

いい映画でした。

色々な人がいいと言っていて、見ようと思っていたのに、なぜか今まで見ずに来ました。
そして今回見てみて、とても感動しました。
久しぶりにいい映画を観たと思いました。

日曜日に見ましたが、2日たった今でも、
心に深く残っています。

(上に2日と書きましたが、今日は水曜日なので、実は3日経っていました。今日はずっと火曜日だと思っていました。最近、日々が余りにも早く過ぎていくので、ビックリします)

******

ケヴィン・スペイシーが、とてもいい演技をしていました。
ヘレン・ハントも、いかにもベガスで働いていそうな女性の雰囲気をよく出していました。
ケヴィン氏とヘレンさんの言葉遣いの違いがとても面白かったです。


しかし何より、ハーレイ・ジョエル・オスメント君がとてもいい演技をしていました。
まるで全くの素で演じているようです。

うまい子役というのは、演技があまりにも自然すぎて、
たとえ大物の俳優でさえも、そんな子役の後に演技を見ると、
それがただの「演技」に見えてしまうことがあります。

彼も、そんな風にしてしまう子役の一人です。
もう「子役」の歳ではありませんが・・・

*****

人間の心の深いところを、うまく描き出した映画でした。

こういう映画を見ると思いますが、
子供のうちは、この世界の物事を全てシンプルに見ているのに、
そして、全ては実際に「シンプル」なのに、
大人は、それを複雑にしてしまっている気がします。

だから子供は、大人がしていることを見て、
「何でそんなことをしているの?」
「こうじゃないの?」と聞きます。

大人はそう聞かれて、一瞬ギクッとした後、
「だってそれはそう簡単じゃないのよ・・・」と答えますが、
実際には、その子供が言うとおり、
全てはシンプルで、大人はただ物事を、複雑に捉えすぎている気がします。


この映画と、「幸せのレシピ」を見て、
そんなことを思いました。


大人になると、いつの間にか、物事が「当たり前」になってしまって、
なぜそれがそうなのか、どうしてそれはそうなのか、
何でそんな風にするのか、
それって変じゃないの?
という、素朴な疑問を持たなくなりがちですが、
そんな風に、頭が固くならないように、生きて行きたいと思います。

2008・12・10

PS.そしてもう一つ、ベガスの町が出ていましたが、
いかにも、そこの雰囲気が出ていました。
アメリカが恋しくなりました。
最近映画を見たり、自分の昔のブログを読んだりすると、
アメリカでの生活が、すごく恋しくなります。



トラックバックURL

コメント一覧

6. Posted by しゅん   December 19, 2008 21:25
いえいえ、本当にそう思ってますよ。 ある日はさ、俺がアパートのカギを持ってなくて、さきさんちで「心のチキンスープ」の本を読ませてもらいながら、タケを待ったんだよね。
後はさ、デニースの話をしたり、本当に彼が食事しに来たり、色々楽しかったね。

うん、本当にいい時間だったよね。あのときは。
あと4年で、あれから10年経つから、タイムカプセルもちゃんと掘り起こしに行かないといけませんな。他のメンバーも全員呼んで。
早いねえ、あれからもう6年も経ったんだね・・・
5. Posted by 早   December 19, 2008 18:31
いやぁ〜、そんな事言ってもらえるとうれしいです♪大袈裟かもしれないけどいいクリスマスプレゼントをもらったような気分だよ。
ありがとう。
4. Posted by しゅん   December 17, 2008 20:55
さきさん、

ではぜひ!近いうちに行かせていただきます!さきさんちのそばを食べに行きたいです。

俺はさきさんとの出会いは、アメリカで得た大きなもののうちの一つだよ。アメリカに行ってよかったなあって思うのは、人との出会いであって、そんな素晴らしい出会いのうちの一つは、やっぱりさきさんとの出会いだよ。
さきさんは、もう俺の一生の姉貴みたいなもんだしさ。

ウィードに初めて行ったとき、さきさんとアキさんのアパートに行って、色々と話をするのが、俺にとってはすごく落ち着ける時間だったし、さきさんと話した時間とか、色々と本当に大事なものとなりました。何だかんだ言って、アメリカに5年半もいたけど、一年目のウィードでの人との出会いが、一番濃かった気がするしね。

これからもよろしくお願いしマウス。
3. Posted by 早   December 17, 2008 18:51
沖縄ぜひ来てください!
でも冬は寒くて、夏は蒸し暑いから、春か秋がお勧めだよ♪今頃の季節も寒すぎず暑すぎずいいよ。

でも、やっぱり俊輔がアメリカ恋しいのは分かる気がするよ。俊輔のブログ読んでたら、私が同じような生活経験してたら恋しくなるだろうなって思うもん。

そこは私の反省点なんだ。みんなに(留学生活充実してました!)って言えないからさ。
でも、mt.shastaだけは恋しいです!
もちろんそこで出会った人達もね♪


2. Posted by shun   December 16, 2008 22:26
さきさん、

こんばんは。コメントありがとう。

そうかあ、さきさんはアメリカ生活、そんなに恋しくないのかあ。まあ人によって、違うだろうね。俺は、やっぱり楽しかったなあ。あの開放感が合ってるみたい。

今度沖縄にも行きたいなあ。近いうちに行きたいです。

ウィルスミスのやつは、ホームレスのやつかな?俺も見たよ。俺はあんまり好きじゃなかったな。。。これもやっぱり人によって違うんだね 俺はウィルスミスの映画は、「ヒッチ」が一番好きでございマウス。
1. Posted by 早   December 14, 2008 21:30
この映画いいよね。
私は最近幸せの力?だっけ。
ウィルスミスの見たけど、あれもいい映画だね。見るとやる気がでてきました♪

そっか〜、俊輔はアメリカの生活が相当充実してたんだろうね。恋しくなるってことは。
私は恥ずかしながら、もうあの生活にはもどりたくないなぁ〜って思ってしまいます。
アメリカ生活を後悔してるわけじゃないけど、沖縄での生活が私らしくある気がするかも。

やっぱりみんな感じてる事は違うんだなぁ〜って改めて思った一文でした。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索