November 04, 2008 23:19

Estherからの手紙

アメリカのEstherから手紙が来た。

本当は9月15日くらいに日本に届いてたんだけど、
俺が8月以来家に帰らなかったので、
結局家族がその手紙を封筒に入れて、
ここまで送ってくれた。

さっき、エスターからのいつもの封筒を見て、
懐かしく思って、
中を開けたら、
可愛いポストカードに、相変わらず達筆な筆記体で、
文字がびっしりと書き込まれていた。

いつもエスターは文章を長く書いて、
ポストカードの裏側とかまで文章が行ってるけど、
今回のは、別の紙にまで書いてあった。

丁寧に降りたたたまれたその手紙。
綺麗に書かれた、その筆記体。

パッと見ただけでは読めない、
読むのにちょっと集中しないと読めないその文字を見て、
今年の4月、最後に彼女たちに会いに行ったときの感情が
よみがえってきた。


あれからもう、半年以上経つんだな。
エスターとフランクに、最後にバスで会いに行ってから。

本当に行ってよかったなと思う。
そして、本当にいい出会いをしたなと思う。

2005年の夏に、列車の中で出会って、
それから、ずーっと、手紙だけでやり取りしてきた。
俺が何度も引越ししても、毎回新しい住所を知らせて、
何とか音信不通にならずにやってきた。

そして、この前、3年ぶりに会いに行けた。
そして、今もこうして、手紙を海の向こうからくれる。

すごく嬉しい。
なんか、涙が出そうになる。


素晴らしい絆を作れたなと思う。

こういう出会いがあるからこそ、
こういう繋がりがあるからこそ、
人生って素晴らしいなと思う。


11.04.08


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索