October 12, 2008 21:53

仕事という名の遊び

日本での社会人になって1か月半。

今までは学生しかやってなかったから分からなかったけど、
最近何となく感じること。


それは、ビジネスっていうのは、
大人にとっての、「遊び」だってこと。


子供が、サッカーとか、TVゲームとかに夢中になるのと一緒で、
大人にとっての遊びが、
仕事であり、ビジネスである。


社会という名のフィールドの中で繰り広げられる
そのゲームでプレイするには、
そのルールを、よく知ってなきゃいけない。

だから、世界の情勢とか、
金融の動き、株価の動き、
社会のトレンドなど、
何でも知ってなきゃいけない。

知らなくても、働いていくことはできるけど、
ルールを知れば知るほど、そのフィールドの中で
どう動けるのかが、分かってくる。

すると、自分のできる技とかも増えてくる。



一会社員として、
与えられた仕事だけを、ただこなすことも出来る。

でも、社会全体の動きを感じて、
自分がそれを動かす人間になろうと思ったら、

そっちの方が楽しいと思ったら、
そうすればいい。

それには、ルールを知らなきゃいけない。
で、ルールを知れば知るほど、
ますます、全体像が見えてくる。



今までは学生で、社会の中に自分が入ってなかったから、
世界情勢を知ったりとか、金融の動きを勉強したりとか、
大事なことは分かってても、中々続かなかったけど、
今は、自分がその社会の中の一員だって感じるから、

で、自分が、そのゲームが繰り広げられている
「フィールド」の中にいるって、「実感」できるから、

ニュース一つ見ても、
今までとは吸収率も、もっと知ろうとする思いも、
全然違ってくるんだろうね。


で、知れば知るほど、
今まで全然繋がらなかったものが、
色んな場面でつながってきて、
「おおー!こういうことだったのか!」
となる。



まずは、この「遊び」が繰り広げられてる
フィールドの中の、ルールをよく知ること。



10.12.08



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索