January 24, 2008 23:07

「ディズニー7つの法則」

1

原題は「Inside the Magic Kingdom」。

ディズニーが、いかに顧客と従業員を扱い、ビジネス的に成功しているかを、本当の話をふまえて、ストーリー仕立てで描く物語。

***

本の中のエピソードの一つで、ディズニーランドにて、フック船長と握手をするために列に並んでいた女の子が、自分の番が来たところで、フック船長が後ろを振り返って急にいなくなってしまい、それで泣いていた女の子の親が、近くを通りかかったキャストに文句を言う話がある。

キャストは、すぐにその女の子の家族が泊まっているホテルの受付に連絡をし、女の子がホテルの部屋に着いたときには、ピーターパンの人形と一緒に、置手紙が、女の子のベッドの上に置かれている。

その手紙には、こうある。

「今日、フックのやつがひどいことをして本当にごめんね。あいつね、僕にもあんな意地悪をしたことがあるんだよ。気にしないで、また遊びに来てね。ピーターパンより」

その女の子は、本当にピーターパンが空から飛んできて、自分の部屋に来てくれたと信じて、一気に元気になる。


・・・この話を読んで、何か胸が熱くなった。
子供の頃のことを思い出した。
そういえば、子供の頃は、そういうことがあると、本当にピーターパンがやってきてくれたんだとか、そういう風に信じてたなあと。

***

大人になっても、子供心を忘れない。
子供の、大切な気持ちを、大切にする。

そんなサービスができるディズニーって、素晴らしいなと思った。


01・24・08


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索