November 06, 2007 21:55

Halloween Night in West Hollywood

先週の水曜日に書きかけていた日記です。今日遂に公開!!(え?誰も聞いていないって?)

***

10/31/2007

今年も行ってきました、ハロウィーン・パーティー・イン・ウェストハリウッド。

去年はヒロポンと行きましたが、今年は彼女とです。
なんだか、毎年30万人だか、50万人だか来るとか。
まあ、あの人の量は凄いですからね。

僕らは、去年の経験を踏まえ、かなり早めに出ました。
遅く行くと、車をとめるところが、皆無に等しいからです。

このパレードは、午後6時から深夜12時までやるのですが、
僕らは6時ごろにはもう場所に着いていました。

運よく、パレードの場所から歩いて15分ほどの場所に、車をとめられました。
6時半頃から、8時半頃まで、パレードに混じって歩きました。

去年と同じく、色々な人たちがいましたね。ヘンタイばかりでした。

何枚かの写真をどうぞ。

2 monster

筋金入りのモンスター男二人。
多分彼らが一番人気でした。
いやあ、気持ち悪かったね。見てくださいよ、この左側の男のチ○ポ



banny

こちらもかなり目立っていたウサギ男3人組の内の二人。
かなり気持ち悪かったですが、大人気でした。
右手の男性はかなりハンサムと思われます。
手前は彼女です。






cokie

アメリカではお馴染みの、クッキーのマスコットのやつもいました。
両脇の二人と全然マッチしていませんでした。
しかも、いつ見ても、彼らはかなりの速さで歩いていました。



pupy

かなりウケタたのがこのおばちゃんの格好をした人。
「あたしのパピーはどこ?」
といったプラカードを掲げて、その辺を探し回っていましたが、なんとそのパピーは、おばちゃんのお尻にペッチャンコになってくっついています。

このおばちゃん野郎は、実際に人が入っているトイレに登ったりもしていました。
他のアメリカ人は大爆笑です。
こういうの好きね、アメリカ人は。

guy 1


この人なんか、これでもフツウすぎてインパクトが無いので、誰も振り向きません。









police

この警官は、左側の赤い服を着た男が通りかかった際、
「Hey YOU!!」といきなり大声で叫びました。

赤い男は一瞬ビビりましたが、この警官が言った言葉は、
「Can I take a picture with you?」と・・・。

どうやら、この警官の息子は、このラッパーのファンだそうです。

写真を撮り終わった後彼は、「よしよし」と、自分のデジカメを見ながら、ニヤニヤしてました。
なのに、他の一般人がこの警官に向かって、「あなたと写真を一緒にとってもいい?」と聞くと、「しょうがねえな・・」という感じで嫌々やってました。

まったく、警官だからって権威を悪用していい気になんなっつうの。


b guy

彼もかなり気合が入ってましたね。
お腹につけたスピーカから流れる音楽に合わせて、ロボットの用に口パクしながら、のっしのっしと歩いていました。
かなりの形相で。


trafic

で、何といっても一番恐ろしいのが、この渋滞ね。
写真は10から405に入るところです。
この量の車が、ほとんど進まないからね。
LA付近の運転は、大っ嫌いです。




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索