August 30, 2007 00:58

地球上で最悪の汚染者

「米国民は地球上で最悪の汚染者だ。
 世界の人口の4%でしかないのに、
 世界の温室効果ガスの25%を排出している。
 米国は変わらなくてはならない」

---by エドワーズ元上院議員


その通りだぜベイベー。
やっと気づいたか。

8・29.07


「米国民はSUVと決別せよ」 エドワーズ候補が主張
2007.08.30 Web posted at: 13:39 JST- AP




フロリダ州レークブエナビスタ(AP) 米国民はSUV(スポーツ用多目的車)とおさらばせよーー。来年の米大統領選の民主党指名候補を争うエドワーズ元上院議員が28日、労働組合主催の集会でそんな発言をし、注目を集めている。


米国ではSUVが人気で、こうした発言に対する反発も予想される。


エドワーズ氏はこの日、機械工作者の国際労組が開いた討論会に参加。「米国民には、犠牲を払おうという気持ちがあると思う」と述べ、「私たちに求められていることの一つは、より燃費のいい車を運転することだ」と話した。参加者から、SUVを手放せと言うのかと問われると、「そうだ」と答えた。


エドワーズ氏は「米国民は地球上で最悪の汚染者だ。世界の人口の4%でしかないのに、世界の温室効果ガスの25%を排出している。米国は変わらなくてはならない」と主張。大統領になれば、エネルギー保護を国民に求めるとともに、二酸化炭素の排出量を規制する考えを表明した。


自分は豪邸に住みながら国民には犠牲を求めるのか、との参加者からの質問には、「私が人生でこれまでしてきたことについては、何の弁明も必要ない」「この国では偉大なことをするチャンスがある」などと答えた。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索