August 20, 2007 20:47

Starbucks 一日目開始

今日からスタバでの仕事が始まった。

今日の内容は、書類の記入と、飲み物の作り方の簡単なレッスン。
それと、店内の説明。
何がどこに置いてあるか、
どれをどう使うか、とか。

今日働き出した店は、ベルモント・ショアーっつう、
ロングビーチの観光客相手の商店街みたいな通りにある、
一つの支店。
そこには二つスタバがあるけど、
その内の小さい方で働いてる。

書類の記入は、色々ありすぎて、読むのが大変だった。
タックスフォームのやつとか。
書類記入が終わったら、ロレンゾっていう彼について、
教えてもらう。
丁寧に教えてくれて、いいやつだった。

店で働いている人たちは、人種も年齢も、性格もバラバラ。
ストア・マネージャーのランは、俺が7月の11日にオープンセッションで面接したとき、実際に話したオジさん。話し方が男の人にしてはやけに丁寧で、ちょっとゲイっぽい。もしくは、ただのとても丁寧なおじさんか。?
この人のおかげで、ここで働けることになった。

もう一人のアシスタントマネージャーは、リモーンという、黒人のガタイのいいあんちゃん。というよりは、おじさん、か?
彼も、性格がよさそうだな。
声がでかい。

俺に付きっ切りで教えてくれたロレンゾは、ヒスパニック系の、黒髪の兄ちゃん。
俺と年は同じか、もしくはいくつか下かな?
すごく真面目そうで、几帳面そうだ。
俺に説明している間も、「これはここにあるはずじゃなくて・・・」とか言いながら、綺麗に直したり、拭きなおしたりしていた。

あとは、ジェシカっつう、白人の女の子。髪は黒。
店内の黒板の絵は、彼女が描いているらしく、「うまいね」と褒めたら、
「毎週日曜日に描いているのよ」と。
今度俺が日曜日に入るときは、俺にも描く機会があるって。
「そん時はどっちがうまいか競争しよう」となった。

後は、後から来た、別のマネージャーの、。。。だれだっけ?
確かジェイソンか?
俺は名前が全然覚えられない。
毎回紹介されても、すぐに忘れちまう。
早く覚えるコツを見に付けないとな。


そんな訳で、今日は5人と会った。

店は非常に寒く、ポロシャツ一枚でいった俺は、凍え死にそうだった。
手が寒くて麻痺しかけてた。

****

最初の書類記入の際、「コーヒーテイスティング」が始まった。
これから、毎日来るたびに、違う種類のコーヒーを少しずつ試し、
その特徴、味、原産地等を覚えていくという。

これを聞いて、青くなった。
なぜなら、俺はコーヒーが大嫌いだから。笑
なのに何故スタバで働いたかって?
ベネフィットと、社員教育、後は仕事環境がいいから。
それに、コーヒーが嫌いでも、こうして少しずつ飲んでいったら、
もしかしたら好きになるかもしれないしね。

でも、明日はクラスで教えられるんだけど、
5種類のコーヒーを飲むらしい。
ガーン・・・
吐いたらどうしよう。

***

ま、そんなわけで、仕事も無事に始まり、
一日目の感想。
後は、もう一つ仕事を見つけるだけだね。
このままじゃ、赤字だからね。

8・20・07


PS.
ジェイソンとか、リモーンは、仕事中も、ガムかんだり、大声で叫んだりと。
まあ、仕事をちゃんとして、店内の雰囲気を壊さないくらいなら、自由気ままにやっていいらしい。
さすがはアメリカ。
客に対しての対応も、人によって喋り方とか、声のかけ方とか全然違うし、
自由に客と話しまくってるし、(つーか、客と友達になればなるほど店のためにはいいしね)、
本当に、自由だね。
さて、俺はどうなるかね。

「超真面目なジャパニーズ」で通そうかな?








トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by Shun   August 24, 2007 15:49
どうも、お疲れ様っす。
今日も仕事で新しい人に会いましたが、なるべくあだ名で覚えるようにしてます。
ジェイソンだったら、「13日の金曜日」とか、ジェシカだったら、「ジェシカシンプソンか・・・」とか。

しかし、今度は客の名前が聞き取れなさそうという問題が・・・ 経験あるのみです。



1. Posted by だいごろう   August 22, 2007 14:11
仕事おつかれ様!
俺も全然名前を覚えられないです。

その人がイイやつかどうかなんかは忘れないしすぐ覚えるんだけどね 名前はなかなか難しい。

あだ名はすぐつけられるんだけどね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索