August 02, 2007 23:31

Noahと会って

巣鷹
久しぶりにノアと会った。
奴はこの夏、日本に一ヵ月半くらい旅に行っていて、
つい3日前にアメリカに帰ってきたところ。
サクラメントに住んでいる奴だが、
今は兄貴のセスと奥さんのジョセリーンの引越しの手伝いもあり、
ここから近いコスタメサに数日泊まってる。
ノアのお父さんとお母さんも、引越しの手伝いで、ここまで来ていた。


ノアに夕方以降会った。
日本に行くために髪をブリーチして綺麗な金髪になったヤツは、
何か今までと違って見えた。
ヤツもずい分と垢抜けたもんだ。

彼女と3人で、
近くの日本食レストランに食いに行った。
その後はスタバで話す。

相変わらず、ノアは話がうまいなと思う。
頭がいいのと、要領を抑えて、しかも面白おかしく話すので、
いつも話していて楽しい。
と同時に、彼は言葉を多く知っているため、
話していて勉強になる。
ヤツの日本語も大分上達していた。
初めて電話で彼女がノアと話したとき、
その大阪弁はネイティブに聞こえたそう。
ヤツも頑張ってるってことやな。

*****

11時過ぎにセスたちのアパートに着き、
そこからはノアのお父さんも交えて4人で話した。

そこで、ノアが面白いことを言っていた。

言語を勉強していると、ある程度のレベルまで行った時、
もうそれ以上、勉強しなくても、
何の問題もなく、その国の人々と「会話」できるレベルに達する。
そこまで達すれば、それ以上の上品な話し方や流暢さ、単語の発音、アクセントなどを気にしなければ、人々と「コミュニケーション」することは出来る。
がしかし、そこで勉強することを止めれば、もうその人のその言語力は上がらない。

ノアはその状態に一度スタックし、悩んでいる時期があったが、
それでも彼は日本語の勉強を続け、
今はそのもどかしい状態からまた抜け出し、彼の日本語はまた一段とうまくなった。

彼が言った。

「The fun part of learning something is not when you reach the goal, but when you are on that journey.」

「何かを学んでいるときに一番楽しいのは、そのゴールに辿り着いた時じゃなくて、そこまでの道のりの途中なんだよな」と。

実際に彼が80歳で、もう知らない単語は一つもないぐらいに日本語が上達しても、そしたらもう彼は学ぶことが何も無いから、つまらないじゃないかと。
それよりも、そこに行くまでの道のりこそが、毎日新しいことを学び、「発見」していくので、そこに本当の楽しみがあると。


それは何かの学習においてだけじゃなく、人生においても言えるんじゃないかと思ったので、それを彼に言った。

実際、自分が何かを求めているとき。
いざ、それを手に入れてみると、その時の感覚は、思ったよりもあっさりとしているものであって、それよりも、それを手に入れるまでの過程、自分がそれを目指して燃えている時こそに、本当の楽しさが埋もれているんじゃないかと。

そして俺は、自分の英語のレベルに関して、
その「ある程度のレベル」に、最近甘えてなかったかなと思った。

******

最後、ノアとノアのお父さんと、面と向かって話しているとき、
その普段はない光景を目の前にしながら、

例えば5年前、自分が、アメリカの全然違う場所に留学して、
全然違う人たちと出会い、
そこで、アメリカ人しかいない地域で、
その人たちと付き合っていたとしたら、

そして、もしもその人たちと毎日こうして過ごしていたとしたら、
今の自分とは全く違った自分になっていたんだろうなと、
一瞬そんな感覚に捉われた。

たまに、そうやって、「もしも・・・」の自分の人生を想像する瞬間がある。

もしも、あの国に行っていたら・・・
もしも、こんな暮らしを送っていたら・・・

今の自分は、どうなっていたのかと。



しかし結局、自分の人生を振り返ったとき、
どの場所で、何をして過ごしたにしろ、
その道を通ってきて本当によかったと思えるのは、
その、各道のりで会ってきた人たちとの、出会いがあったからこそと思えるもので、

そんなわけでも、人との出会いというのは、
一見何でもないように見えて、実は自分の人生を形作っているわけだから、
本当に、自分がその人たちと出会い、友達になったり、恋人になったり、
多くの時間を過ごすようになったりしているというのは、
奇跡に近いんだなと、
それを感じた。

******

Anyway, we had a good time.

ノアのお父さん、お母さん、兄貴、そしてジョセリーンは皆相変わらず優しかった。
いつ会っても、愛が溢れた、温かな空気を持つ人たちだ。

本当にいい人たちに巡り会えたものだなと、心から思った。


8・02・07

noah
前の赤毛から金髪になったノアは、どう見てもデイブ・スペクター。
うさん臭い、「アメリカ人なりたがり屋さん」にしか見えませんね


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索