July 31, 2007 20:46

Transformers

transformers











7月4日に公開されたこの映画、
約一ヶ月遅れで見に行ってきました。

友達からの批評が余りにもよかったので、
かなり期待して行きましたが、
感想は・・・


Bマイナスですね。


CGI映像はとても凝っていて、「こんな映像作れたのかい?」ぐらいの凝り様でしたが、何しろ、映画のテンポと編集、そして話の持って行き方がマズい。

せっかくあんなに凝った映像を作ったのに、
編集がヘタクソだったせいで、最後の方は、映画自体に飽きてしまいました。

しかも、映画が長すぎる! 2時間半近くあったのでしょうか。
最後のほうには、トランスフォーマー同士のカッコいい映像が盛りだくさんなんだから、もっと早いうちにそういうアクションに持って来ればよかったのに、
最初のほうで話を伸ばしすぎ。
最後の方は、その映像の凄さもマヒして分からなくなるくらい、見ている方は疲れてしまう。

そして、登場人物が多すぎる。
主人公キャラが余りにも沢山いて、一体誰に一番焦点を当てているのか、
ハッキリしてほしかった。

ロボット同士の対決、恋愛、家族愛、ロボットと人間の友情愛等、
テーマも多すぎ。

う〜ん、本当にもったいないですな。
寿司屋に行ったら、一皿一皿味はいいのに、余りにも全ての皿が味が濃くて、最後の方は何がなんだか分からなくなてしまった、みたいな。

しかも、最初のほうに、どうでもいいかっぱ巻きやカンピョウ巻きばかりでお腹が一杯になってしまって、もう帰ろうかなぐらいのところで、やっと、ウニやイクラ、トロなどが出てきたみたいな。

しかも、最後の方のネタは余りにも高級なんだけど、もうお腹一杯で、何がなんだかわかんね〜 みたいな。


ああもったいない!!
あんなに凄い映像を作っておいて!!

もともとCG映像の勉強をしていた僕にとって、今日の映画の編集には、本当に悔やんでも悔やみきれませんでしたね。CGIチームの皆さんがかわいそうです。

きっと、余りにも凄い映像を作りすぎて、もうどのシーンもカットできなくなってしまったのでしょう。

しかし、いくらいいスピーチでも、観客の反応を見て、手早く、さっと短めに終わりにしないと、観客の反応は、「あ〜長いスピーチだったぜ!」で、つまらないものだったという風に取られてしまうことを、知っておくべきでしたね。

そう、いつも長く書きすぎて、誰もが最後まで読む気を無くす、僕のブログのようにね。笑



でも、登場キャラのMegan Foxは、本当にセクシーだったなあ。
あの車のボンネットを空けるシーンのくびれなんか、マジでやばかったぜ。

megan fox






あのシーンがあったことと、映像が凄かったことで、今回は許す。
(え?偉そうにって?)



とにかく、メチャクチャ凄いCGI映像が見たい人にはお勧めの映画ですな。

7・31・07


PS,
ちなみに、見に行く前の、彼女のこの映画に対しての評価は非常に悪く、
「絶対に見たくない」と頑なに言い張っていました。
しかし、「友達からの評価もいいことだし」と、何とか説得して、一緒に行くことになったのですが、やはり結果はダメだった。。。

俺と彼女のセンスは似ていて、映画とか本とか、同じようなものが好きなので、
で、彼女のセンスはかなりいいので、大体この子が何か言うときは、それが当たっているのですが、今回もやはりそうでした。
映画が終わった後、彼女は「ほら、だから言ったでしょ? See?」みたいな感じで、勝ち誇ったような顔をしていましたね。

この前も、友達に借りた「バンビ〜ノ」とかいう日本のドラマを見たのですが、
俺は一話目を友達の家で見て、「これは見たいな!」と熱くなっていましたが、彼女は何故か乗り気ではありませんでした。
借りてきて2話目をみると、そのテンポの悪いことと、演技のヘタクソなこと。
マツジュン?は役者を辞めた方がいいね。そもそもあんまりカッコよくないし。
(こんなこと言うとジャニーズのファンの皆様方に怒られますね)

結局、2話目を飛ばし飛ばし見た後は、一気に最終話へ!
しかも、最終回のくせに、テンポが恐ろしく悪い!!
これも飛ばしながら見て、四六時中突っ込みながら見てました。
「この演技はありえねーだろ」とか、「この設定はねーだろ」とか。

ま、今回も彼女の言うとおりだったってことですか?
(今この横に彼女はいて、この敗北宣言を書くように仕向けられています)




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索