July 06, 2007 14:26

一番大切なコミュニケーションとは?

己の心とのコミュニケーションだろう。

人とわかり合うとき、
誰かとの関係をうまく続けて行きたいとき、
その人と、わだかまりがなく、全て分かった状態で行きたいとき。

大切なのは、コミュニケーション。


俺は大切な人、一生を供に生きていくだろうなと思う人とは、
全てをクリアに話すようにしている。
彼女ともそうだ。お互いの間に、「?」マークが出たら、
それが何なのかも分からずとも、とりあえず、「?」が出たよと話す。
そこから、お互い話し合い、その「?」がどこから着たのか、
何に対して、自分たちの心が、納得いってないのか。

そこを話す。



自分の心とも一緒だ。
人との関係が、コミュニケーション無くしては成り立たないように、
自分とも、コミュニケーションなくしては、分かり合えなくなってしまう。

自らが不安になるのは何故だ?
何に不安になっている?
その不安は、どこから来る?
人と比べてのものか?
自らの自信の無さに対して生まれるものか?

そういったことを、次から次へと、自らに聞いていく。
自らの心を、全て洗いざらい、吐き出す。
心に引っかかったものを、例えどんなに小さかろうが、
どんなに恥ずかしいと思おうが、全て吐き出す。
全て、紙に書き出す。

すると、自分が見えていなかったもの、
何となく感覚では気づいていたけど、言葉にしなかったから、
自覚していなかったものに、気づきだす。


同じ不安だろうが、その不安のもとが「何なのか」分からず、
毎日を生きるのと、
一度自分と向き合い、じっくり自分の心と話し合い、
その「不安」とやらが何なのかをはっきりさせるのでは、
その後の自分の気持ちに、天と地の差が出る。


前にも書いたが、「不安」は、一度自分が、
それを持つ「理由」に気づいてしまえば、もう「不安」にはならない。

それは、「課題」へと様変わりする。

*****

最近、自らの心と、じっくり対話していなかったことに気づいた。
今日、時間をかけてやったら、全てが見えてきた。
やっと、心が軽くなった。

後は、動くのみ。

"We don't need to talk about it,
Just do it!"

7.06.07


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索