June 05, 2007 06:24

Last Day of the School

最近ブログを書く時間がなかったので、書きたい事が溜まっていました。
記憶からそれらの日々が吹っ飛ぶ前に、ここに記しておきます。

2007年5月24日 木曜日

この日は、自分が通う4年制大学でのアテンディングが最後の日。
この日のテストを受けて、もう全ては終わりです。

elevator
学校の図書館のエレベーター前。
いつもは階段を使ってたけど、
ファイナル中はしんどいので、これを使います。
学校へ行く時は、いっつもこんな感じの格好です。


この日は、午前中にテストが一個あり、
それが終わった後、家にソッコウ帰ってペーパーを終わらせた後、
(Keyに手伝ってもらう、マジで感謝)
締め切りギリギリの中、学校へすっ飛び、先生のオフィスまで届けに行く。
エンプロイヤー様のパーキングに車を停めて、オフィスまで走るとき、
なんかメチャクチャ楽しかった。

それが終わり、家に帰って、またシャトルに乗って学校へ行き、
今度は午後5時からのテスト用の勉強。
図書館へ行き、いつものように、テスト前の詰め込み。

librray 1
こんな風にファイナル前は、
生徒で席が埋まります。
結構友達と勉強すると、
その連帯感が楽しんだな、これが。
ファイナル時は、夜中の2時まで居残ったりしてね


この週は、もう毎日テストがあり、
かなり精神的にも肉体的にも疲れていたため、
もう最後のテストのためか、全然集中力が沸かない。
しかも、どうこのファイナルでどう転んでも、
必ずAが取れる確信があったこのクラス。
そんなせいもあって、全然集中できません。

しかし、「これで、こうして図書館にこもって勉強するのも、人生で最後か」と思うと、とても寂しくなり、その瞬間を、じっくり味わっていました。

library gate outside

図書館の門を出たところ。
この景色は、絶対に忘れませんな。
図書館で根気詰めた後に吸う新鮮な空気は格別です。


全てが、もう最後です。
こうしてシャトルに乗って通っていた学校も、
いつも行っていたトイレも、
昼を食べていたCarls’ JrやSubwayがあるカフェテリアも、
もう全て最後です。

それぞれの場所に行くたびに、「もうこれが最後か」と思うと、
かなり物悲しくなりました。
しかし、全てに終わりは付き物です。
せめてものその最後の瞬間を、じっくりと味わいました。

note
Comm.309のクラスのテキストと、
ノート。
いやあ、こんなにつまんねー授業と教科書は始めてだったぜ。
つまらなすぎて、この俺がノートに落書きを書く始末。
いつもはこんな事しませんよ


いざ、勉強が終わり、テストへ。
クラスがある建物の前で、最後の悪あがきの詰め込みです。
こうするのももう最後なんだな〜と思うと、
やはり物悲しくなりました。

study before test

いつも通り、テスト前の悪あがき。
詰め込みまくります。



人生で恐らく最後になるスキャントロンと鉛筆で、
Multiple ChoiceとTrue/Falseのテストを受けました。

テストが終わり、友達何人かに声をかけた後クラスを出て、
シャトルに乗り、家へ。
これも最後かと思うと、またまた寂しくなりました。

*****

こうして5年間続けてきたアメリカでの大学生活が終るのは、
ちょっと寂しいと同時に、
自分の生活スタイルが、これからグンと変わるのに少し不安を覚えもしますが、
新しいスタート。
これからが、自分の本当の力を試すときです。

今まで培ってきた土台を使い、
しっかりと一歩ずつ前に進んで行こうと思います。

6・04・07
beachhut

Beach Hut.
よくここでカップメンを買ったぜ



bookstore

Book Storeの前。
ファイナル期間には、必ずテキストのBuy Back.


in fron of the beach hut


図書館を出たところ
この石のベンチに、よく座ったぜ


librray gate

図書館の門。
必ず後ろから来る人を待って、
ドアを開けておいてあげましょう。



pc lab

図書館一階の,Computer Lab.
最近、最新のコンピューターが、一気に何百台も入りました。
俺が卒業する直前に入っても、遅いっちゅーの


shibahu

学校の芝生。
ここでもよく昼寝したぜ!!





jazz

よく寝ていた芝生の横の、
ジャズが聞こえるところ。
ここでもよく昼寝したぜ
(寝てばっかりやな)



starbucks

図書館一階にできた、スタバ。
どこまで進出するんだい、スタバ君?
いい雰囲気の店だったな。




shuttle

シャトルバスの中からの眺め。
朝は、もう生徒でギュウギュウ詰めです。
ドライバーによって運転が違ってね。
インド人のおっちゃんが大好きだったな。
降りるときに"Thank you"って言うと、
"OKay"ってね。笑


tree

キャンパスを帰るときに見る木。
いやあ〜、思い出深いね〜。




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索