January 23, 2007 19:38

俺の部屋、初公開!!

数々のリクエストにお答えして、
俺の部屋、初公開!!

closet 2



1.このドアを開けると・・・??










closet 1


2.俺の部屋登場!!










そう、俺は今、クローゼットに住んでいます。
日本で言うと、物置き部屋。
これをみんなに言うと、毎回かなり驚かれます。

「Hey Shun, where do you live now?」
「Oh, I live in a closet」
「……What!?!?!? 」

日本人に言ったときは、まだ、「それってドラえもんじゃん!笑」
みたいな反応で終りますが、
アメリカ人には、驚異らしい。
だって、日本に来てる留学生が、
「私は押入れに住んでいます」って言ってるようなもんだからかな?
それとも、クローゼットに住むってこと自体が、
アメリカ人には信じられないのかな?
ま、こんなに広い土地がある国で、
押入れに住んでいるやつはそうそうはいないだろう。
とにかく、アメリカ人の友達に言う度に彼らが驚く様は、凄まじい。

「....I can’t believe you live in a CLOSET!!」

でも、俺からしたら、今の状況で十分なんだな。
2年前の夏にアメリカを野宿で一周してから、
夜寝るときに、雨風と身の危険を気にせずに、
安心して寝られる場所があるだけで、
どんなに幸せか、身に染みて感じた。
それに、この部屋の家賃は、月に$110という破格の安さ!!
南カリフォルニアは物価が高いので、一ヶ月、普通にアパートをシェアして、
一人$500〜$800というのが相場です。
Studioや、一人でアパートを借りている人なんかは、月に$1000以上、
高級なところに住んでいる人は、毎月$2000以上なんて人もいます。

そんな中、俺は月、電気代やガス代の光熱費を入れても、$150もいかない。
それに、どこか旅に行きたい時は、すぐに行けるし、
毎週末家を空けていても、何の心配もない。
荷物だって、本と洋服以外は何もないから、何かを取られる心配もないしね。
いつでも、夜逃げ可能です!!
どうだ!強いだろう!!はっはっは!!笑


pics

3.正面に飾ってあるこの写真と言葉は、
自分の大事な人たちと、自分の好きな言葉です。




wolrld map

4.これが俺のモチベーションを上げるマップです。
将来、必ず世界周ったる!!!





そんな訳で、俺はこの部屋が大好きです。
中は意外と広く、音楽とランプをつけながら、
パソコンをしたり、勉強をしたり、本を読んだりしています。
テスト期間や、ペーパーの宿題がある日は、
この部屋は、魔の空間と化します。
そう、余りに狭く、他に気を取られるものがないため、
目の前の勉強からは、どう足掻いても逃れられないのです!!
そんな訳で、勉強をする時のこの部屋は、大っ嫌いな空間と化しますが、
本を読んだりするときは、大好きな空間へ変貌します。

夜は、ドアを閉めると、外の音が全く入ってこず、めちゃめちゃ静か!!
心を落ち着かせるための瞑想ルームにもなります。
光も全く入ってこないので、熟睡できます。
熟睡し過ぎて、何回遅刻しそうになったか!笑

そして、横にはバカでかい収納スペースもあり。
本がぎっしり入ります。
そして布団を上げれば、机も入り、テレビだって入っちゃいます。
この前は、この部屋に4人入って話しました。
そう、何でもできるんだな、これが!笑


俺にムダはいりません。
生きていくのに必要なものだけでいいのです。
常に、フットワーク軽く、自分の心も軽く。


今度、見学に来たい方は、いつでもどうぞ。^−^
毎回友達を連れて来る度に、最初は信じられないと言って口を空けていた子も、
俺の部屋を気に入ります。

「….Oh, actually it’s not that bad…」
 (・・・あら、結構いいのね・・)

俺のルームメイトも、俺がいない度に、勝手にここで寝ています。
「・・だってスゲエ静かで寝やすいんだもん」

どうだ!みんなここが好きなんだろう!!
いつでもおいで!笑

1・22・07



hondana 1

5.上の本棚。中はかなり広いです。
自分が触発されて思いついた言葉は、壁に貼りまくります。








hondana 26.下の本棚。
これらの言葉も、自分のモチベーションを上げておくには、
大切な言葉たちです。
「宗教っぽい」と気持ち悪がるヤツもいます。
好きなように何とでも言え!!笑




♪おまけ話し♪

俺の元ルームメイトのロイに、このクローゼットの話をしたとき。

“Hey Shun, where do you live now?”
“I live in a closet”
“What!? Do you live in a closet?”
“Yeah”
“So, Are you IN A CLOSET now??”
“Yeah! “
“Ha-ha-ha!!!”

電話の向こうでかなり爆笑しているので、そんなに可笑しかったかと聞くと、
どうやら”In a closet”には他の意味があるようです。

そう、”I am in a closet”で、
“私はゲイです(でもその事は隠しています)”の意味。
そして、”I am out of closet”で、
“私はゲイであることを、社会的に公表しました”の意。笑

そう、どっちに転んでも、
俺はゲイであるということになってしまうのです!!笑
それ以来、ロイは電話の度に、嬉しそうに俺に聞いてきます。

“Hey Shun〜, are you STILL in a closet or out of closet??”
“I’m still in a closet, Roy!!”
“Hahaha!!”

このジョークをアメリカ人に言うと、みんな爆笑します。
今度機会があったら使ってみて☆

aero

7.ドア、裏側。
エアロスミスのポスターと、自分の人生表。
どっちも俺のやる気を上げるアイテムです。

トラックバックURL

コメント一覧

6. Posted by ayano   January 24, 2007 15:59
「ムダなものはいらない」

いかに無駄なものに囲まれて生活していたか、私も引越しの最中日々実感しています。
昨日茜さんに
「自分の品性を下げるものは捨てること」
とのお言葉を頂きました。
自分が何を大切にして生きるか、
それが現れているSHUNの生き方は
本当にかっこいいと思います。
それにしても、思ったより充実した
クローゼットだった。いい部屋だね!
5. Posted by さららら   January 24, 2007 11:53
前にクローゼットの中が自分の部屋って聞いた時にすごいって思ってあんまりぴんっとこなかったけどこうやって見ると自分の部屋がいかに小さそうに見えても自分だけの広い空間があってありがたいか分かるような気がするよ。

私だったら窓もないしit feels more like living in a boxって感じです(笑)
4. Posted by 龍のシェフ   January 24, 2007 01:37
賢い生き方だ。狼のように、獣のように、物など必要ない。他の奴らの2〜3ヶ月の家賃で、SHUNの1年分になるんだからな。今だけしか許されない生き方だ。楽しめ。どんなにいい生活をしても、どんなに貧しい生活をしても、大切な事は、心だ。たった、2畳位しか無い所でも、心さえあれば、強く生きて生ける。この部屋をいいと言ってくれる人は、心がでかく、SHUNの本質を見てくれる人達だ。この部屋を馬鹿にする人は、人を上辺でしか見れず、高価な物を人より持っているかどうか?それだけでしか判断出来ない心の狭い奴だ。
失う物を持たない奴程、強い奴はいない。
明日にでも、世界中の何処にでも、旅立てるフットワークの軽い奴は世界にそうはいない。携帯など今のSHUNには必要ない。全ての無駄をなくし、豪快に生きてみろ。ただし、期限は3年だ。それ以上は許されない事を忘れるな。
だからこそ、今の生活を1日でも、大切にしろよ。
龍のシェフより
3. Posted by あにき   January 24, 2007 00:47
I am in a closet...
こんな俗語は初めて聞いたよw

僕は押入れに住んじゃいないけどつい最近、押入れの中を徹底的に整理したから収納スペースが大幅にアップしたよ。
おかげで部屋の整理がガッツリでき、今は快適さ!!
2. Posted by maiko   January 24, 2007 00:31
お久しぶり!
奇遇なことに、私も都内でベッドの上が自分の唯一の空間だよ〜。ドミトリー形式のルームシェアしてるんだ。クローゼットより狭いかも!?でも、私もこの状況をかなり楽しんでます♪
1. Posted by Masa   January 23, 2007 21:55
5 Shun、すげーいいぞ! 俺もShunの意見には大賛成。無駄を省いてストイックに生きる。これ大事だよな。

俺も物にこだわるのをやめてどんどん売ったり、捨てたりしているよ。そっちのほうが真理が見えるような気がする。

俺のじいちゃんの言葉で、

”昔の軍人(じいちゃんを含む)はいつ死んでもいいように、部屋はきれいにしていたぞ。”

これかなり名言だよね?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索