January 21, 2007 00:58

「過去に起こったこと」


そして二つ目は、過去に起こったことに関して。

人間、過去に起こったことを、心から素直に、
「あれがあって良かった」と思えないとき。
それは、自分が辿りつくべき道のステップの
途中にいるから。

もしも、自分が心から満足できる結果が出たのなら、
それに至るまでの過去の経験は、全て、
必要不可欠だった、ということになる。

人生は必ず、“あれがあったから良かった”
“あれがあったおかげで、ここまで変われた”と
素直に言える瞬間が来る。

今、素直に、過去を受け入れられないということは、
自分がまだ、そのプロセスの途中にいるということ。
必ず、過去の全ての経験を、
心から、“あれがあってよかった”と
思える瞬間が出る。
その瞬間が出るまで、
前に進むことを、止めないことだ。

ふと気付いたとき、ある自分を発見する。
“あのことがあって、今の自分がいる。
あの経験があって、本当によかった”と、
心から素直に思っている自分が。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索