January 04, 2007 21:59

「成田山・新勝寺」

坂
今日は高校時代の親友とデートでした。
僕の地元である成田山・新勝寺へ初詣に行きました。
1月の4日にもなりますが、相変わらず多くの人で賑わっていました。
新勝寺に着くまでの道のりは、
「いかにも日本」という感じの、
風情ある光景が続きます。


甘酒本堂前






途中で甘酒をすすった後は、坂を下っていきます。
途中、ウナギを店頭でおろす光景も目に付きます。
観光客が、「Amazing!」と囁いていました。

うなぎ











本堂羽子板」






いざ本堂に着き、頭の良くなるお香を頭にかぶせ、
階段を登り、今年初の挨拶です。
今年もこうして、地元成田へ帰って来れたことを感謝しました。
同時に、今年の自分の決心を、心の中で誓います。

本堂の奥には、不動明王が居座る、大きな御殿もあります。
その姿は勇ましく、見るものに恐ろしささえ感じさせます。
彼が左手にした、煩悩を断ち切るという剣。
右手にした、全ての人を受け入れるという縄。
何事にも動じないという、彼の座った岩。
間違った道(左の道)に行かないようにと、少し細めた左目。
そして、彼の意思の強さをあらわす牙と、
余計なことを喋らないという、閉じた口。
その姿に、多くの大事なことを学びました。

龍











本堂を出た後は、参道にあるうなぎ屋でうな重を食べます。
店の中の風景。おもてなし。
全てが、“日本”です。

その後は、地元の銭湯“華の湯”へ、岩盤浴へ行きました。
今日本では流行りの岩盤浴ですが、その気持ちよさは半端ではありませんでした。
中の銭湯でお湯に浸かったとき。
それまで銭湯に乗り気でなかった彼が言いました。
「おい、めっちゃ気持ちいいな」
その言葉を聞いて、僕はたまらなく嬉しくなりました。

銭湯を上がった二人は、今日は大したこともしていないのに、
何かを成し遂げた達成感で一杯でした。
またいつか会うことを約束して、彼は地元へ帰りました。

玉

一度はおいで。
成田山新勝寺。

1・04・07

トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by 龍のシェフ   January 06, 2007 00:11
いいな。また今度案内してくれ。うな重美味しそうだな。
温泉も気持ち良さそうだ。
木彫りの龍も会いたがってるよ。^_^

龍のシェフより
1. Posted by ひろぽん   January 05, 2007 01:22
うぉ〜〜〜なんか日本に行きたくなってきたぞ!日本いいわ〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索