December 31, 2006 21:57

「ポジティブな言葉」

ポジティブな考え。ポジティブな言葉。
これが自分の人生にもたらす影響は、果てしなく大きい。


今日、本屋の中を歩いていたとき。
ある一冊の本を見つけた。
「新 自分を磨く方法」
ふとそれが目に付き、開いてみた。

%BF%B7%A1%A1%BC%AB%CA%AC%A4%F2%CB%E1%A4%AF%CA%FD%CB%A1


その本の一章目。
「自分を信じる」という題名と共に、ノミの話が書いてあった。
そう、ノミの上に、ガラスの板を置くと、
それに頭をぶつけている間に、もうそれ以上は、ジャンプしなくなるという話。
前のブログ、「俺が自分の人生の中で影響を受けた人たち」にも書いたが、
自分の水泳のコーチであった人が、俺が落ち込んでいた頃、
してくれた話だ。
その話が第一章に載っていることに惹かれ、
更に真ん中の方を開いてみた。
そこにあった言葉。

“「お前には無理だよ」と言う人の言うことを聞いてはいけない。”

その言葉に、一気に惹かれ、これはもう買うしかないと思い、レジに向かった。

その時に見つけたページの言葉。
下に全部載せよう。

*******

「お前には無理だよ」と言う人の言うことを聞いてはいけない。
もし自分で何かを成し遂げたかったら、
できなかったときに他人のせいにしないで、
自分のせいにしなさい。
多くの人が、ぼくにも「お前には無理だよ」と言った。
なぜなら、彼らは成功できなかったから。
途中であきらめてしまったから、
だから君にもその夢をあきらめてほしいんだ。
不幸な人は、不幸な人を友達にしたいんだ。

決してあきらめては駄目だ。
自分のまわりをエネルギーにあふれ、
しっかりした考えを持っている人で固めなさい。
自分のまわりを野心であふれ、プラス思考の人で固めなさい。
近くに誰か憧れる人がいたら、その人にアドバイスを求めなさい。
君の人生を変えることができるのは君だけだ。
君の夢が何であれ、それに向かっていくんだ。
君は幸せになるために生まれてきたんだから。

       ―――――――マジック・ジョンソン

*******

この本、とても短く、わかり易く書いてあるので、
誰にでもすぐに読み切れるだろう。
しかし、その一つ一つの持つ言葉の力は大きい。
一つ一つ、じっくりと読み、
自分の心に刻み込んでいく価値がある。

本を読みながら気付いた。
自分が、ここに書いてある多くの考えと同じ考えを持っていること。
もしくは、自分が「こうありたい」と思っている考えが、多く書いてあったこと。
その“波長”があったからこそ、少しだけ目を通し、
何かに惹かれ、迷わずにレジに向かったのだろう。
たまに、こういう本に当たることがある。
本以外でも一緒だ。
人に会ったとき。自分と波長が合うと感じる人とは、一瞬にして、
何かを感じる。

ポジティブな考え。俺は好きだ。
俺の考えも、ここ数年で大きく変わってきたわけだが、
こうしてブログに書いたりすると、
同意も得れば、少なからずや批判も食らう。
そう、誰もが自分の考えに同意するわけではない。
しかし、俺は同意を得るため、批判を避けるために、
自分の考えをここに記す訳ではない。
自分の“今”の状態を、今しかないこの“瞬間”に記すため、
ここにこうして書くわけだ。
それを読んで、どう感じてくれても構わないし、
何か意見があるなら、言ってくれればいい。
そして、これはあくまでも、自分のほんの一面でしかないということも。


ポジティブな考え。いいじゃねえか。
自分の人生に、夢を持つ。熱く生きる。
いいじゃねえか。
冷めた生き方?そんなのいつでも出来るさ。
ただ、いつまでも自分を熱く燃やしてる方が、
パワーもいるってこと。
熱く生きるか。冷たく生きるか。
それは、あくまでも個人のチョイスだ。


今年も、あと3時間もしない内に終わる。
来年は、猪年。
年男だ。
“猪突猛進”ならぬ、“猪突猛突進”で、
来年も進んでやろう。


今年一年の締めくくりとして。

12・31・2006




PS. もういくつか、この本の中にあった好きな言葉。


「自分を大切にするということは、
 自分にかける言葉を大切にすることである。
 人を大切にするということは、
その人にかける言葉を大切にすることである。」



「常によいことを考えている人は、
まわりの何百人もの人に
よい考えをさせることができる。」



「恐怖心をなくす方法は、ただひとつ。
行動することだ。」



「あなたの中の宝物を探そう。
 誰の中にも、発掘され、
磨かれることを待っている可能性がある。」



(引用:「新 自分を磨く方法」
 著:スティービー・クレオ・ダービック)



トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by Shun   January 02, 2007 00:03
かよさん、

明けましておめでとう!!
そうだね、「私は幸せになる為に生まれてきた」って考えて毎日生きるのと、そうじゃないのとじゃ、その差は大きいよね。
いつもポジティブでいたいね。

こちらこそ、今年もよろしく!!

俊輔
1. Posted by Kayo   January 01, 2007 03:58
明けましておめでと〜〜☆☆
「不幸な人は不幸な人を友達にしたいんだ」ってとこ、何か分かる気がするなぁ(笑)
自分よりも不幸な人を見る事で、自分が幸せを感じるとかそういう関係を言うのかな。
でも、友達の幸せを願えない関係なら、きっとそれは基本的に友達じゃないもんね。

今年は、「私は幸せになる為に生まれてきた」って考えて、頑張ってみようかな〜いい言葉だよね

何はともあれ、今年もよろしくね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索