September 04, 2006 15:45

「心」「体」「頭」


心、体、頭は、それぞれ別のものだと思う。
そして、それぞれを鍛えていくと同時に、テイクケアもしていかなければならない。
人によってそれぞれの鍛え方、そしてテイクケアの方法は違うだろう。
ただ、自分に合った方法を知ることだ。


この世の中は、“頭がいい奴”が、“エラい、凄い”と見なされる社会。
逆に、頭以外(心、体)は、余り価値が置かれない。だから、バランスの悪い人が続出してしまう。
仕事はバリバリできようが、体のテイクケアをきちんとせずに、早い内から病気になって、死んでしまう人。
また、心が活き活きとしていない人、心が死んでしまっている人が、増えてしまう。

日本の朝の通勤電車に乗る、疲れきったサラリーマンの人たちは、正にこの状態。
“心”と“体”のテイクケアを怠っているからだ。

今の現代社会は、“頭”にだけ焦点を置く傾向がある。
“頭さえよければいい”、“頭が良いやつが、一番偉い”―――そんな傾向がある。
逆に、“体だけ”、“心だけ”になってもいけない。
“体だけ”―――“バカ”なスポーツ選手になってはいけない。いくら体が強くても、頭のないバカではな・・・
そして、“心だけ”でもいけない。いくら心が純粋で、心から発するメッセージが強かろうが、賢いアタマと健康な体なくしては、この世では生き残っていけない。人にうまく利用されて終わるか、弱すぎる体で、病気になって倒れてしまうかだ。


大事なのは、バランス。
心、体、頭。
この3つを、バランス良く鍛え、バランスよく、テイクケアすること。


9.4.06


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索