October 31, 2006 19:49

思いっきり悩め!!!

480f3571.jpgやっぱり、悩んで、それをがっつり話し合うのはいいな。
最近俺は、自分ひとりで悩んでることが多かったけど、
今は、よく、ルームメイトと話してる。
ヒロポン。俺の親父みたいなもんや。
歳は近いはずなのに、なぜか、経験豊富なんだな。
俺がどんなことを話そうが、「う〜ん」と言って聞いてくれる。
そして、最後には、的確なアドバイスをくれるんだ。
「つまり俊は、今こういう状況なんだろ?
 だからこうやって思うんだろ?」ってね。
そうやって、話を聞いてもらって、一緒に考えてもらって、
二人で悩む事が、いかに大事な時間か。俺にとって。

最近気付いたけど、というか前から知ってたが、
俺は、常にカッコつけようとする。
今、本当はちっちゃいネズミみたいなのに、
大きな虎になりたいから、
そのネズミから虎への過程を通り越して、
あっさりカッコよく、今、すぐに虎の様に振舞いたいと思っちゃうんだ。
でも、そんなうまい話、あり得ない。
ネズミは、ネズミの段階で、一生懸命頑張って、
もがいて、次の猫に成長する。
猫になって、またもがいて、山猫になる。
山猫でまたもがいて・・・
それを繰り返して、いつか、やっと、虎になる。

自分がネズミでいる事を認めることさえ嫌がっていた自分。
自分の「現状」を認めることを、避けていた自分。
それをいつまでもやってちゃ、いつまで経っても、次の段階には進めないよね。
まずは、自分が、今は「ネズミ」である事を、認めることだ。
そしたら、やっと、そこからどう猫になれるかが、見えてくる。
最近、やっと、ネズミであることを認めだしたよ。
カッコつけすぎてた、ホント。
もっと、もがいて、もがいて、もがいたる。

昨日か。彼のケータイに、後輩から電話がかかってきた。
「ヒロさん、俺、学校辞めました」
その電話の彼は、自分の行きたい音楽への道へ一直線で行くために、
今行っていた大学を辞めたそうだ。
その潔さに、ヒロポンも、俺も、衝撃を受けた。
「こいつ、かっけえ!!」
その後俺たちに残ったのは、自分に対するもどかしさ。そして、怒り。
「俺たちは今まで、何をやってたんだー!!??」
お互い、自分の行きたい道が見えているのに、
何かしらの“言い訳”を付けて、その道へまっすぐ行く事を避けていた。
しかし、結局は、
どんな理由があろうが、
自分の行きたい道、進みたい道が分かっていて、
それで、その道に行く努力をしていないことは、
言い訳なのだ。
「ちくしょ〜!!!!!! 俺かっこわりい〜!!!!!」
そう言いながら、二人でジムまで走って、それで泳いだ。笑
でも、いくら体を動かしたって、自分がその道を突き進まない限りは、
心の中のモヤモヤは、無くなんねーんだ。
なぜなら、自分が一番よく分かってるから。
自分の心に、嘘はつけないと。
自分だけは、騙せないと。

話が長くなってしまったが、
そんな熱い同盟、ヒロポン。
これからもよろしく頼むぜい。
そして俺たちに、もう“言い訳”はなしだ。

10・31・06

(写真は右がヒロポン。そして真ん中が、妹のキャッサリンです。この前は“ガイアの夜明け”を見て熱く語りました)


トラックバックURL

コメント一覧

4. Posted by Shun(続き)   November 02, 2006 07:11
「”心を強く保て”
そうすれば迷いは無くなる。」

このメッセージ、前にも言われていたのに、
本当の意味で、分かっていなかったようです。
今回は、ずしりと俺の心に響きました。
実行します。

俊輔
3. Posted by Shun   November 02, 2006 07:11
龍のシェフへ、

こんにちは、コメントありがとうございます。返信が遅くなりました。

「”心を強く保て”
そうすれば迷いは無くなる。」

その通りですね。俺の中に、「迷い」「後悔」「恐れ」「人の目を気にする」・・・そういったものが未だに存在していたのは、心を強く保っていないせいだと、気付きました。
まだ、甘えが出ていたんだと思います。人に精神的に頼ったり、周りの目を気にしたり、自分のけじめが付いていなかったりと。そして、自分自身に言い訳を付けていたんでしょうね。常になんらかの形で。それはやはり、己の心が弱いゆえ。自分に一番厳しくする事も、自分の道を突き通す強さを持つことも、ものごとにけじめを付けることも、自分の言動に責任感を持つ事も、そして人の批判を気にしない強さも、全て、自分の「心の強さ」にかかっていますからね。
(続く)
2. Posted by 龍のシェフ   October 31, 2006 22:20
(続き)
俊輔が己の道を突き進み、表しか見ない奴らは、そのまま、受け取るだろう。それでいいんじゃないのか?表しか見えない奴らと、その時しか見えない奴らと、”縁”を持っても仕方ないだろ?
”ふるいにかけろ”
本当に解ってくれる奴らだけでいい。周りに解ってもらおうとする必要は無い。解る人には解るからだ。
”心を強く保て”
そうすれば迷いは無くなる。
龍のシェフより
1. Posted by 龍のシェフ   October 31, 2006 22:19
いい笑顔だ。周りの目を気にするな。かっこいいから?かっこいい方がいいのか?かっこが悪かったらダメなのか?何の基準だ?周りにかっこいいと言われたら、嬉しいのか?自分でかっこ良く生きれたら、幸せなのか?
また、周りの目を気にしてるんじゃないのか?言ったはずだ。周りの目を気にするなと。周りに何と思われようが、己の道を突き進めと。
”いい人””優しい人””かっこいい人”そんな事を思われなくていい。
今の俊輔に必要なのは、”強さ”だ。周りに、”恐い奴?””嫌な奴?””わがままな奴?””自分勝手な奴?””何考えてるのか解らない奴?”そう思われて丁度いい。
(続く)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索