October 29, 2006 19:37

「一番大事なのは“ここ”なんだよ」

821e0266.JPG
コウイチさん。

俺がロングビーチに来てから、車の整備や修理を、ずっとお願いしてきた人だ。
去年ここに移ってから、どこの車会社に行ったらいいか分からず、
いくつか転々としていたが、どうも“信用”できる人がいなかった。
車の修理費は、すぐにボラれる。
車の知識がない俺にとって、信用できる人を探す事は、大事だった。
ある日、オイルチェンジで行った店。
そこで働いていた人が、彼だ。
その爽やかな笑顔と、フレンドリーな性格で、
車の状態について色々と詳しく説明してくれた。
知識のない俺にも分かりやすいように、
色々な例えを使って、説明してくれる。
今まで以上に、自分の車に対して親近感が湧いたのも、
車について詳しくなれたのも、
彼のおかげだ。


その彼が、明日、帰国する事になった。
理由は色々あるが、とにかく、日本へ帰る。
今まで働いてきたところを辞め、日本で働く事にしたそうだ。
毎回修理に行くたびに、彼と話をする時間は長くなり、
いつか酒を一緒に飲もうと言っていたが、実際飲まずにここまで来てしまった。
今日が彼の最後の日。
同じ店の、タカさんに呼ばれ、彼ら行きつけのアメリカンバーに行った。

コウイチさんは、俺が来る事を知らなかった。
サプライズだ。
店のカウンターに座っていたら、彼が現れた。
俺の姿を見て、「あれ〜!?」
ありがとうのメッセージを書いたカードを渡したら、
「泣かせる事してくれんなよ〜」
とちょっと嬉しそうだった。


店には、彼の友達が大勢来ていた。
彼の後輩にあたるタカさんがよく、この店でバンドのボーカルをしていたらしい。
以前は、毎週末のように、ここに集まって、
酒を飲み、歌って、仲間と時を過ごしていたそうだ。

その仲間たちも今日集まってくれた。
みんな、コウイチさんのために集まった。
彼は本当に、皆から好かれているというのが伝わってきた。

今まで少しだが、彼の話を聞いてきた自分。
今日は、聞き足りてなかった分、沢山聞いてきた。
バーに座って、彼と肩を並べて、話を聞く。
彼の高校時代の話。
整備士の資格を取る学校に入ったときのこと。
日本のある車会社に入り、そこでの上司との話し合い。
その後の保険会社での日々。
そして、アメリカへ来る事を決心して、3年半前、こっちへ来た。

前に彼が言っていた。
「俺さ、一度若い頃に、始めてアメリカへ来たとき、グランドキャニオンを見に行ったんだよ。そこで、その広さを見てね、その時悩んでいた自分の悩みなんて、この大きさに比べれば、本当にちっぽけなものなんだなと感じたんだよね。
あの時俺の世界観は変わったよ」

そんな彼は、今日も、俺に沢山のいい言葉を残してくれた。


まずは、何でも試してみること。
若い内は、無くすものなんてないんだから、とにかくやってみること。

やりもしないのに、自分の考えだけで、それを否定するなということ。
まずは自分でやってみて、それから、ものを言えと。
口だけ大魔神になるな、と。

何か不満や文句があるのなら、
影でグチグチ言わずに、
本人に面と向かって言え、と。
そうやってこっちから心を開いて話せば、
必ずや、相手もその心意気を分かってくれる。
そして、そうやってできた絆は、一生残る。
この話を、彼の実体験を元に、
話してくれた。



彼が話をしているとき、何回も繰り返していた言葉。
「やっぱり、何があっても、一番大事なのは、“ここ”なんだよ」
そう言いながら、自分の胸を、親指で指す。
そう、一番大事なのは、常に、“ここ”。
どんなに頭が良くても、賢くても、
“ここ”が良くなければ、人間としてできていない。
そして、“ここ”がいい人間は、同じように“ここ”がいい人間を引き寄せる。
そういう奴らが集まる。自然と。

そういう彼は、やはり、“ここ”が熱い仲間に恵まれていた。
帰り際、彼が俺に言った。
「俺の人生の中で、俺の友達、仲間だけは絶対に誇れるよ。
こうやって自分の仲間を見て、今までの自分の信条は間違ってなかったんだって、
本当に思えるんだよな」
その仲間たちは、みんな、コウイチさんに何度も声をかけていた。
必ずアメリカへ帰ってこいよ。
日本なんて、すぐそこだ。
また、帰ってきて、一緒に歌おうぜ。
皆からあだ名でジミーと呼ばれる彼は、
仲間に硬い握手とハグで何回も励まされ、
何度も涙ぐんでいた。


今まできつい事とか、辛い事、
今回も店のこととかで色々あったらしい。
俺は気付かなかったが、
この一ヶ月も、色々と大変だったようだ。
しかし、この夜は違った。
コウイチさんを心から大事に思う仲間が集まり、
彼が、いかに皆にとって大事な人なのかを、
あの空間が証明してくれたのだ。
俺だって、「彼」だからこそ、
今日、あそこに行ったのだ。
今までの車の修理の短い時間だけで、
ここまで仲良くなれた人。
やはり、彼の「ここ」は、熱いのだ。


この夜を通して、俺にも何回も言ってくれた。

「本当に俺は幸せだよ。こうして皆が集まってくれて。
 本当に俺は幸せだ。」

そうやって言って、彼は、
今日という日、アメリカ最後の日を、
心から感じ取って、楽しんでいたに違いない。

最後、皆と、何度も硬いハグを交わすコウイチさん。
彼の後姿を見ていたら、俺もジーンと来てしまった。


彼のように、“ここ”が熱い人、優しい人、深い人は、
今日のように、必ずそれに応えて、応援してくれる仲間がいる。
自然と集まってくるのだ。
俺は彼から、色々と学ばさせてもらったが、
やはり今日、一番大きかった事は、
“ここ”=“ハート”の大事さを教えられたこと。
そこが一番大事なんだ。
そこがダメになった人間は、例えいくら成功しようが、
大したものは残らない。
俺の昔の水泳のコーチも言っていた。
「頭で泳ぐな。“ここ”で泳げ」
思えば、俺が今までお世話になってきた人、
そして、俺が尊敬してきた人、惹かれた人は、
みんな、“ここ”が熱かったように思う。
その、大事さ。
俺は最近、忘れていなかっただろうか。
他のことに気を取られて、人と付き合うときに、
“ここ”から付き合っていただろうか。
人のことを、“ここ”で考えていただろうか。
そして、人と話すとき、
“ここ”を開いて、心から話していただろうか。


“ここ”がでかい奴は、確実に仲間に好かれる。
人に好かれるのだ。
俺はそれを今まで、沢山見てきた。
彼も、その内の一人だ。
“ここ”の大切さ、
何があっても、“心”の大切さを忘れない事。
そんな事を、彼の最後のレッスンから教えてもらった。

また、いつか必ず会いましょう、コウイチさん。
今までお世話になりました。
ありがとうございました。

10・28・06


トラックバックURL

コメント一覧

6. Posted by Shun   October 30, 2006 16:22
パンダの優優、
こんにちは、コメントありがとう。
そうだよね、人との出会いは本当に大切だよね。そして、その大事な人との出会いも、本当に悲しいものですね。
「そばにいようと離れていようと、友情やその人への大切さは変わることはありません。
一生モノだと信じます!!!!!」
その通りです! ^−^
俊輔
5. Posted by パンダの優優   October 30, 2006 08:42
感動デス・・・・゚・o・゚・o・゚・(゚ノД`悲)・゚・o・゚・o・
仲間とか大切な人との別れはとてもツライです。
それでも人生の中で、何度も繰り返すコトなんですよネ・・・。。。
日記読んでて涙ぐんでしまったデスよぉぉぉ。
出会いは重要デス、いつでも、どこでも。
SHUNクンはスバラシイ人に出会ったんですネ。
そばにいようと離れていようと、友情やその人への大切さは変わることはありません。
一生モノだと信じます!!!!!
4. Posted by Shun(続き)   October 30, 2006 06:11
彼との出会いは、本当にいいものでした。今日の朝は起きて、少し悲しかったです。これからも、いい出会いを大切にして行きます。もちろん、”心”の熱さも忘れずに。
俊輔より
3. Posted by Shun(続き)   October 30, 2006 06:11
唯一大事なのは、自分の“ここ”を常に熱く、大きく、広く、深く保っておく事。そして、自分を外にドンドン出していく事。それさえ守っていれば、いい人たちとの出会いが、驚くように増えていく。
それを、最近の経験で感じています。

最近俺は、「一人」になりたがっていた時期がありました。色々な理由でです。
しかし、やはり、人との出会いの場所を求めて、自分を外に常に出しておく事。
そして、何があろうと、どれだけ自分の心が傷つこうと、自分の心を開く勇気をなくしてはいけないということ。
つまり、”ここ”の熱さを、何があろうが、何を言われようが、人にバカにされようが、利用されようが、失っちゃいけないということ。
何があっても、“ここ”の熱さを、保つ。自分らしく行く。
それが、本当の勇気なんじゃないかと思います。
2. Posted by Shun   October 30, 2006 06:10
龍のシェフへ、

コメントありがとうございます。
そうなんです。「出会い」・・・これの大事さを、昨日本当にかみ締めました。全てがいい出会いとは限りません。それでも、必ずやいい出会いがあるんです。だから、人と会って行く事をやめずに、どんどん新しい人と出会う機会を自分に与えていく事。自分を、そういう環境に突っ込んでいく事。それの大事さを、もの凄く実感しました。
そうですね。日本での出会いと、アメリカでの出会いは、全く違いますね。こっちには、自分の夢を追いかけて、自分の信条を貫いて、毎日必死に努力している人が、隠れています。そんな人たちと、年齢関係なく、人種関係なく、ただ、“ここ”が合えば、必ずや反応して、出会えるようになってるんです。
1. Posted by 龍のシェフ   October 30, 2006 03:13
いい出会いだったな。別れは辛い物だ。特に、いい人と出会い、その人と別れなければならない時は、それだけ辛い。辛いと言う事は、それだけ、いい出会いだったってことだ。”ここ”が熱い人は少ない。彼の言うとおり、熱い人には、熱い奴らが集まる。同じようなエネルギーを持ち、波長が合う。気が合う=心が合うってことだ。
これからも、いい出会いを増やして行けよ。日本での出会いと、アメリカでの出会いは、全く違うだろ?日本の時間とアメリカの時間は同じ24時間でも、全く違う事を常に忘れないようにな。
アメリカの生活を1分1秒でも、大切にするんだ。そして、出会いもだ。全てがいい出会いじゃない。それでも、ひたすら、出会いを大切にしていけ。
損得感情(頭)じゃなく、”心”で行動すればいい。
龍のシェフより

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索