October 21, 2006 14:52

旅一日目〜Monument Valley 編〜

め







俺が旅が好きな理由。
毎日、違う事が起きるから、
違う景色を見て、違う人に会い、
そして、違う“自分自身”も発見できるから。
そう、一瞬一瞬が、“生きてる!”ってことを、実感できるから。

ただ毎日、“生きてる!!”ってことを、最大限まで感じたい。
それだけなんだ。




*********


Monument Valley (モニュメント・バレー)。
それは、アリゾナ州とユタ州にまたがる、広大な“谷”である。
谷と言っても、今は、残されたいくつかの、巨大な岩山しか残っていない。
しかし、その岩山の大きさは、見る物を圧倒する。

友達に、ここは凄くいい!と、何回も押されていたが、
どうも行く気が中々起こらなかったのが本音だ。
本などに載っている写真を見た感じでは、余り凄そうという感じがしなかった。
しかし、写真と実際に見るのでとは、雲泥の差がある。
毎回旅に行くたびに、それを思う。
今回も、いざ覚悟を決めて、行ってきた。

**********

10/12/06
木曜日の夜。
前日まで、学校なり勉強なりに追われていて、余り寝ていなかった。
そのため今晩は、いつもより早めに寝て、疲れを取ることに予め決めていた。
この旅は、ずっと運転する事になる。
体力を使うのは覚悟の上。体の状態を最高まで持って行くため、
次の朝目が覚めるまで眠る事にした。

**********

10/13/06
金曜日の朝。
起きたら、なんと・・・・10時半である!!
Oh man!! It’s almost 12 o’clock!!
しょうがない、体は疲れていたんだから。
体は最高の状態だと気を入れなおし、荷物の整理に取り掛かる。
E−mailをチェックして、朝食をとって、荷物を積める。
しかし、途中でルームメイトと話し出して、話が盛り上がったりと、
色々と余計な事をやってしまう。
時間は、そろそろ1時。
早く出なきゃと、車にものを積めて、家を出る。

旅の前の食料調達。車の中では、小腹がすくため、
スナック菓子は必需品である。
しかし、クッキーなどの甘いものばかりでは、
体にも悪いし、第一気持ち悪くなる。
そこで最近は、フルーツを乾燥させたものや、ナッツの組み合わせをオーガニックのスーパーで買って、それを持って行くようにしている。
いつも通り、買いに行く。
途中、ベーグルやバナナ、プラムなども買う。
基本的に、水と、パンと、フルーツと、豆があれば、
3,4日は生きていけます。

車の電気も切れていたので、それを買いにいったり、
スーパーで、ついでだからと、前のブログに書いたアーティストの絵を写真に撮ったり(10/01/06の、「町のアーティスト」参照)、
車の窓を、雨除けをつけながら綺麗に拭いたりしていたら、
気付くと時間は4時!!!
午後の4時かい!! ・・・・何たる遅い出発。

今回ばかりはちょっと気が引けながら、しかし気を取り直して、出発!!

************

金曜の午後。LAに住んでいる人なら、誰もが知っているでしょう。
そう、その時間は、“魔”の時間帯。

週末で実家に帰る人。
仕事帰りの人々。
週末を利用して、どこかへ出かける人。

そんな人々が、一気に高速を使う。
渋滞は、当たり前。
しかも俺の行く方向は、週末を利用して、一攫千金を狙う、
ヴェガスに向かう人たちが一緒に通っていく。
それを覚悟の上で、早めに出る予定だったのに、
丁度渋滞が始まる、“4時”という時間にわざわざ出る自分。
・・・・しょうがねえ。

案の定、高速へ入ると、そこには凄まじい渋滞が。
途中、10を選ぶか、91を選ぶか、迷ったが、91をチョイス。
見事! 勘は外れました。もの凄い渋滞。

traffic








全然、一向に進まん。
こんなんじゃ、後から出ても変わらんじゃないか。
しかし、俺はあくまでも、“旅”を楽しむ。
雨上がりで、向こうに広がった虹を見ながら、
音楽を聴きながら楽しむ。

rainbow








***********

3時間ほど運転して、
俺は、ヘロヘロに疲れていた。
渋滞の中、マニュアルでずっと走る事は、
本当に気を使います。
しかも、アメリカ人の運転を相手にしながら。

夜の7時ごろ、途中で高速を降りて、
デニーズのパーキングに停め、ちょっと休憩。
・・・・のはずが。。。。

***********

起きると、夜の10時ごろ。
「何!!?? 3時間も寝たのか!?」
昨日あんなに寝たのに、まだここまで眠るのかよ・・
まあ、それだけ疲れていたんだろう。
ぐっすり眠って、疲れも取れたし、いざ、レッツゴー!
近くのIN N OUTでハンバーガーとフライズを食い、
11時ごろ出発。

夜なので、渋滞は全くない。
前を走る車も、ほとんどいない。
夜で暗いから、運転だけには気をつけて、
確実に前に進んでいく。

*********

夜の3時ごろ。そろそろ限界かもな。
実はまだ、アリゾナ州の国境にも差し掛かっていなかった。
でも今日は寝よう。
ガスステーションで、トイレ等を済ませる。
店の中を見ると、そこにはカリフォルニアの民をバカにした“標識”が売っている。
“California, Golden State”と書かれた文字の下には、

・“WORK SUCKS”
(仕事なんてやってらんねーぜ)

・“Smokers don’t inhale them,
 They SUCK”
(喫煙者は、煙を吸う(inhale)んじゃない、
奴らは、クソ(suck)だ)
(*注* 普通“Suck”は、「マジ最悪」みたいな感覚で使うが、元来の“吸う”という意味もある)

・“If your Dad have a problem,
 call 1-800-GRANDMA”
(もしもあなたの親父にお困りなら、
 ここへお電話を。
 フリーダイアル、お・ば・あ・ちゃ・ん、へ)

など。(いや、俺の英語の訳もどうかと思うけどね 笑)

これらの標識は、
「この世界は、どこもカリフォルニアの様なもの」と平和ボケしている、
傲慢さと、全ては自分たちのペースで周っていると信じきっている“カリフォルニア人”を、見事に言い当ててバカにしたものばかり。
余りにも的を得ていて、かなりウケた。
その中で一番気に入ったのを購入。

ずばり!!
ぐyぎbヴtfぐb








“YOU! OFF MY PLANET!!!”
(おいお前!オレの星から出てけよ!)

カリフォルニア人の特質を見事に言い当ててます。
車の後ろにそれを付けて、
いざ、就寝・・・

(ちなみに俺はいつも、一人旅の際は、車の中で寝ます)

続く・・・


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索