October 18, 2006 07:55

メリハリを付けろ


今週末、モニュメントバレーまで、車を片道2日間走らせて行ってきた。
ここは、俺がずっと行きたかったところ。
色々な友達に、「ここは絶対行け!!」と押されていたから。
しかし、今までチャンスがなかった。
いや、チャンスを自分で「作らなかった」と言った方が正しい。
チャンス、時間、機会なんてのは、自分で作るもんだから。

今回、いつもと同じ週末。
金曜日から、日曜日まで。
月曜日の午後には、授業が始まる。
なら、金曜日に出て、月曜の授業の前に帰ってくればいいじゃないか。
週末の勉強?やらなきゃいけないことが溜まってる?
そんなものは、その前に、全て終わらせていけばいいのだ。
だから先週は、平日の間、勉強とか、やらなきゃいけないことに没頭した。
「やらなきゃいけない事」は、トコトン終わらして、メリハリをつけた。
そして、木曜日、ぐっすり寝て、体調を備え、
金曜日に出発。


人は言う。
「モニュメントバレーなんて、週末だけで行けるわけないよ。しかも一人で」
行けるのだ。自分が、“やってしまえば”。
人が言う、「そんなのできっこない」「できるはずがない」
そういう言葉は、その人の勝手な読みで、“適当”に言ってるだけ。
実際にやってしまえば、彼らは何も言えないだろう。
やりたい事があったら、実際にやっちゃえばいいんだ。


金曜から、月曜の午後まで、ほとんど車を走らせていた。
しかし、日曜日ほぼ丸一日は、
モニュメントバレーを、朝から夕日まで、堪能した。

そして、昨日帰ってきた。クラスにも余裕を持って間に合った。
クラスに戻ってくると、不思議な感覚だ。いつものクラスの風景が、
何か新鮮に感じる。
先生が前で話している。政治について。
面白い。
知識を、聞いて、自分の頭で考えて、噛み砕いていく。
クラスメイトと、グループ・プロジェクトをする。
楽しい。いつもなら、飽きて、早く帰りたいと感じているはずなのに。
なぜ楽しいと感じる? 
なぜなら、全てが、“新鮮”に感じるからだ。
教室のイスに座り、先生の授業を聞く。
そんな当たり前のことが、
週末に過ごした、大自然の中の、
物が何もない生活に比べると、
全然違う世界のことに見えて、新鮮すぎる。


週末に、
“勉強”
“やらなきゃいけないこと”
“ケータイ”
それらのものから徹底的に離れ、逆にそれらが“できない”ところまで、
自分を物理的に持って行く。
時々、来週控えたテストなり、学生団体の仕事なり、
色々と頭をよぎるものはあるのだが、
そんな物を考えていても、今は何もできないことに気付く。
すると、頭はどうしても、“今、目の前にあること”に集中しようとする。

車の外に広がる大自然。
大空をゆっくりと流れる雲。
遠くから吹いてくる、風。
夜の、きらめく、無限に広がる星空。
大気を、この肌で感じ、アメリカの広さを、体いっぱい、感じる。

そして、
自分がしたいこと全てをやりきって、
自分が心から満足したとき、
自然と心は、次に“しなきゃいけないこと”に向かう。
誰に言われるままでもなく。
自分から、“考えなきゃ”と思うまでもなく。
ただ、心が、“自分のやりたい事”を十分やりきって、満足した後は、
その後自然と、“自分がしなければいけない事”に、心が自分から向くのだ。

究極の大自然にドップリ浸かって、
「心と体で、この地球、宇宙を感じ、心を豊かにする」ことを
思いっきりしてきた後は、
学校が、楽しい。
人と話して、授業を受け、
「頭に知的な刺激を受ける」ことが、なんとも楽しい。

これも、週末に、思いっきりのメリハリをつけたからこそ、成せる技。



いつからか俺は、自分の人生を、
「しなきゃいけないこと」ばかりで埋めて来た様に思う。
平日は、まずは学校の勉強。
週末も、来週に向けての、テスト勉強。
仕事のEmailを打ち、
教科書ばかりを読み、
学生団体の“仕事”に追われる。

読みたい本、書きたいこと、見たい映画、
行きたいところ、会いたい人は、全て後回し。
そんなことをしている内に、いつしか、気付くのだ。
「あれ?俺っていっつも、“しなきゃいけないこと”で、一日が終わり、一週間が終わり、一ヶ月が終わり、一学期が終わり、一年が終わり、
気付いたらこの歳だよ!?」ってね。

そう、それはいつも、他人から言われた、「やらなきゃいけないこと」を、
いつも先に回して、「自分のしたいこと」を後回しにしているから。
しかし、「やらなきゃいけない事」を先にやっていても、心は、
「したいこと」に向いているため、その目の前の仕事や勉強に打ち込めるはずも無い。
そして、結果的に、自分が「しなきゃいけないこと」も中途半端、
そして自分が「したいこと」に限っては、全くできていない、何てこともしばしば。
週末、テスト勉強のために、3日間も家にこもったが、
ほとんど何もしないで終わった、なんてのは良くあるパターンだろう。
「あれ?俺この週末、結局何をしたんだろう?」なんてね。 笑


メリハリを付ければいいのだ。
中途半端が、一番良くない。
やるときはやる。
遊ぶときは、ガッツリ遊ぶ。
思いっきり、心がそれに飽きるほど、遊びまくったから、
平日やる事に、身が入る。
そして、自分がやりたい事を思いっきりするためには、
自分が何を「しなければいけないか」も、自然と見えてくる。
次に自分がしたいことが見えてるから、
それを思いっきり楽しむために、
空いている時間で、自分がしなければいけない事を、ガッツリやる。
これを繰り返していくと、いいサイクルが出来上がる。



遊びも、仕事も、思いっきりする。
それが、いい生き方。
メリハリを付けろ。
Peace out everyone!!

10・17・06


トラックバックURL

コメント一覧

6. Posted by Shun   November 29, 2006 16:55
みどりちゃん、
コメントありがとう。それと、本、紹介してくれてありがとう。今度探してみるよ ^−^
時間っていうのは、本当に、不思議なもんだよね。全て、自分次第なわけですね。
そんな俺も、毎日ギリギリな日々を送っていますよ。ギリギリチョップです。
俊輔
5. Posted by midori   November 29, 2006 03:05
ほんとそうだよね、ブログ読んで納得。そして少しリズムが崩れると、夢への努力がストップしてしまう自分に反省。
学校のことetcやらなきゃいけないことはほんとたくさん?!で、でも時間っていうのはすぐ過ぎちゃうって感じるけど、つくろうとすればいくらでも見出せるものでもある。忙しいっていうのを言い訳にしすぎてるなぁー自分。今日から気をつけます!
 今読んでる本、”夢を実現する戦略ノート”斉藤孝 訳・解説はもう読んだ?まだだったら俊くんにお奨め☆でも訳されてる〜って感じがすごくするから、英語版Your Road Map for Success John c Maxwell)の方を私もまた読んでみます♪
4. Posted by Shun   October 19, 2006 19:03
馬場先生へ、
コメントありがとうございます。
そうですね、僕自身の、僕らしい人生を生きたいと思います。誰の人生でもないですからね。

メリハリに関して、僕も今回の旅は、本当にメリハリが大きかったようです。
ここまで極端にする事は余りないのですが、今回ほどまで思いっきりやると、逆に体が素直に次のことに移って、いいですね。やっぱり、けじめが大切ですね。
そして、「自分のやりたいことをやる」ってのも、本当に最近、僕も気付き始めました。何か今までは、それはいけない事のような気がしてましてね。違うんですけどね。^−^
今、旅の日記、書き溜めてますよ。出来次第送らせてもらいますね。馬場先生もお身体にお気をつけて。
俊輔
3. Posted by Shun   October 19, 2006 18:57
伊吹さんへ、
コメントありがとうございます。
そうですね。大切な事は、「自分が納得するように生きているか」、そこですね。
「車の事故もするだろう」ってのを読んで、ぎくっとしました。今日、車の総合点検に行ってきたんですが、オイル漏れと水漏れを発見。今回のたびで、こき使いすぎたようです。車も人間と同じですからね、労わってやらないといけませんね。無茶をしたら、必ず壊れますね。
自分の身体も、車の整備も、そして、運転も、常に気をつけて行きます。
俊輔
2. Posted by 乾竹   October 19, 2006 09:10
いい感じですね(^^♪

俊輔君らしい。

僕も、このメリハリの重要性に先日、思いっきり気づかされましたので、首肯出来ます(^^)

そして、自分のやりたいことをやる。

本当に大切です。

スケジュールを考える上で、それを最優先で入れていき、その後、自分のしなければならいことを入れる。

そうすることで、自分の人生は思った以上に飛躍します。

これは、ここ数年間の僕自身の経験ですので、確かなことだと思います。

俊輔君自身の、俊輔君らしい人生を生きてくださいね!
1. Posted by 龍のシェフ   October 18, 2006 17:12
いい感じだ。それでいい。学校に行っているから、安心?授業に出ているから、頑張っている?いい成績を取れば、いい仕事が手に入る?いい就職、いい給料それが幸せだとは、限らない。人と比べる事なかれ。人に比べられても、気にする事なかれ。人生に勝ち負けをつけるな。勝ちだと言うなら言わせてやれ。大切な事は、俊輔が納得のいくように、生きているかどうかだ。俊輔はまだ若い。これから、車の事故もするだろう。そして、学ぶ。それでは遅い。車の運転だけは気をつけろ。人生を左右しかねない事を忘れるな。周りなど気にせず、したい事をしろ。周りには、言いたい放題言わせておけ。やるかやらないか、いつも自分で決めればいい。
龍のシェフより

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索