September 25, 2006 18:59

やべ!石ころにつまずいて、犬のフンを踏んじゃった?


石ころにつまずく。
その石ころに、いつまでも文句を言っているか。
「なんでこんな所に石ころがあるんだ!
 誰だここにこんなモノ置いたのは! 
 おい、石ころ!テメエのせいで転んじまったじゃねえか!・・・」

先のゴール、そして、
自分がなぜその道を進んでいるのかを忘れているときほど、
つまずいた石ころに、全神経を向けやすい。

それとも、さっさと立ち直って、
また前を見て、先へ進むか。


犬のフンを踏む。
フンを踏んだ事を、いつまでも不幸だと思っているのか。
「ああ!俺はこんなフンを踏んじまって、
 なんてついていなんだ・・・!
 靴は臭うし、俺のブランニューシューズは汚れるし、
 もう最悪だ!」

それとも、とっとと靴に付いたフンを掃除して、
気分を入れ替えて、歩き出すか。


 所詮、今目の前に起こってる、
 “大変”、”不幸”な問題なんて、
 他人の目から見たら、こんなもの。


石ころにむかって、ずっと文句言ってる。
フンを踏んで不幸だって、ずっと落ち込んでる。
なんてアイツは、馬鹿なんだろう。ぷっ 笑
早く先に進めばいいのに。
先が何も見えていなんだから。
何が大事か、分かってんのかな、あいつ。
ね?

9・25.06


トラックバックURL

コメント一覧

3. Posted by Shun   September 26, 2006 03:41
**としさん、
こんにちは、久しぶりですね。無事自転車旅行からは帰ってきたみたいですね。ブログ読みましたよ。いい経験してますね ^−^
そうですね。確かに、色々な「問題」に出会うからこそ、そこからまた学んだり、また別のいい出会いが出来たりするんですよね。だから、なるべく外に出て、どんどん行動を起こしてた方がいいですよね。そう、としさんの様にね。 


**あにき、
この「石ころ」「フン」は、何にでも当てはまると思います。僕は今回は、目の前に起きている、「出来事全体」を指していいました。もちろん「あいつ」ってのは、俺のことだよ。よく、視野が狭くなるものでね。自分を客観的に見る事が大事なんだ。


2. Posted by あにき   September 25, 2006 23:50
意味深だ・・・
1. Posted by 古賀敏裕   September 25, 2006 20:05
うーん、後、人生色々あるから楽しいと思う。
他の「個」と出会うことで、それらの「生」と触れ合うことが出来るしね。
石は生きてなくてもその「個」の歴史はある。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索