September 22, 2006 04:38

”アメリカの教育よ!?”の続き


昨日この文章を書いたが、肝心なポイントを抑えるのを忘れていた。
つまりこの話を通して言いたかったことは、「自分の頭で考えること」がいかに大事かということ。

いくら学校の勉強ができて、成績がよかろうが、
自分の頭で考えて、自分で決断して、自分で人生を切り開いていく力なくしては、
本当に「賢い」とは言えないと思う。
日本の教育は、言われたことを文句なく素直にやり遂げる人材を作り上げるには、最高だと思う。
しかし、俺はそれを「教育」と呼ぶかは、疑問である。
例えば、95年の地下鉄サリン事件で話題になった、オウム真理教。
ついこの間、松本被告に死刑が下ったが、
彼の率いるこの怪しい宗教団体、多くの信者は、
有名な大学(東大など)を卒業の、エリート学生たちだという。
彼らは、勉強のための”頭”こそいいが、それが明らかに間違っているという考えを前にしても、
それを自分で判断して、「いや、これは違う」という頭がないのである。
小さいころから、親に、先生に、学校に、
やること為すことを全て決められて、
ただそれをこなし、「あなたはとてもいい子ね」と育った輩は、
自分で考える頭を鍛えてこなかった。
人から言われたことを上手くこなす器用さはあるものの、
自分で考えて、自分で判断、決断する”頭”がない。
だからこそ、こういった、明らかに道徳的に間違っている宗教に、
何の疑いもなく入り、
そして、あのような悲劇を起こしてしまうのだ。

彼らが、なぜその様な宗教に走るか?
それは、自分で考えるより、人にすべて決めてもらった方が、
圧倒的に、”ラク”だからだ。

俺はどんな宗教にも入っていないし、
逆に、どんな考えだって、受け入れて聞きたいと思う。
しかし、最後に自分の考えを決めるのは、自分であり、
自分の頭で考えて、心で感じて出した答えが、
自分にとって一番正しいのだと思う。
それが、道徳的に間違っていたり、
または、人の迷惑になっていたり、
ただの自分だけの利益追求の道ではない限り・・・

自分の考えをはっきりと持っていることと、
”頭が固い”ことは、違う。
頭が固いとは、人の意見を全く聞かず、自分の視野でしか、ものごとを見ようとしない人のことである。
俺は、常に、人の意見は取り入れていきたい。
それだけの柔軟さを持ちえた上で、
周りの常識に捉われない、自分の”頭”で考えた、
自分なりの考えを持つ人間でありたいと思う。

9.21.06




トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by Shun   September 24, 2006 14:34
Aiちゃん
コメントありがとう。AIちゃんのページも読ませてもらったよ。同じようなこと考えてるね。
やっぱり、日本人は、もっと他の国と接する機会が必要なんだろうね。客観的に自分たちを見るためにも。
1. Posted by Ai   September 23, 2006 11:53
このブログに関してLink貼っても構いませんか?自身のブログの参考リンクとして紹介したいと思っています。

アメリカナイズドされた、視野の広い人は日本で探せば沢山いるのかもしれないけど、探すのが一苦労。

ものの考え方にしたって、アメリカナイズドがよいと云っているわけではなく、逆に“真”の日本人からしたら異端児的に思われることもしばしば・・・。そんな訳で、Shunくんのブログいつもちょっと感化されます。

学校がんばってください。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索