September 13, 2006 07:35

ポジティブに生きるか、ネガティブに生きるか


“You can actively choose the positive in every moment of your life.”
(あなたは人生の中の全ての瞬間で、積極的にポジティブな側面を選ぶことができる)

友達が言った言葉。二人で物事の捉え方について話していたとき、彼がこのフレーズを言ったので、メモしておいた。
まさにそうである。最近特に感じるが、人生の中で何が起ころうと、それをプラスに捉えるもマイナスに捉えるも、自分しだいなのだ。

人には癖があると思う。日常生活の中で起こることを、プラスに捉える癖か、マイナスに捉える癖。
 俺も昔はマイナスに捉える方だったと思う。天気が暑ければ、「何でこんなに暑いんだよ」とブツブツ言っている。太陽の暑さを喜んで感じてればいいのだ。
 バスが遅れて来る。それに対して、ずっと文句を言うこともできれば、本を読む空きの時間ができてラッキーだと思うこともできる。
 同じクラスでも、「面白い」と思って話を聞けば、本当に楽しくなってくるし、「つまらない」と思えば、つまらなくなってしまう。
 全ては、捉え方しだいなのだ。
 自分にとって、どう考えても嫌なことが起きる。それのせいで、自信はなくすし、落ち込むし、心も塞いでしまう。
 でも、それに真正面から立ち向かい、それを乗り越えたとき、
その出来事があったおかげで、自分のことをもっと知るきっかけにもなったし、前より更に強くなれたと思うこともできる。

 今までに起こったことの無いことが起きて、それを瞬間的にプラスに捉えることには、訓練がいる。どうしてもネガティブサイドを見るほうが、簡単だからだ。
でも、自分を次第に律して、常にポジティブサイドを見られるようになってくれば、人生はどんなに違ってくるだろうか。生活の中の一瞬一瞬が、変わってくる。

 人の言葉もそうだ。ポジティブな人と一緒にいるのと、ネガティブな人と一緒にいるのとでは、自分の気分も、考え方も、その時の時間の使い方も、全て変わってくる。
 ネガティブな人は、起きたことに対して、いつまでも文句を言ってるし、他人のうわさや批判ばかりしている。そうやって文句が多い人と一緒にいると、例えその人が根はいい人であろうが、いつの間にか自分も、批判的な考え方になったり、文句が多くなってたりするものだ。自分の知らない間にこういった影響を受けてしまうことは、一番恐いと思う。
 逆にポジティブな人は、常に前向きである。他人のうわさなどはしないし、第一そんなことは意味がないと知っている。他人のうわさ、批判は、ものごとを更に悪化させはするものの、決して良くはさせないからだ。そんなことをしているよりも、もっと目を向けるべきポジティブなサイドが沢山あることを知っている。
 自分で自分の心を満たす方法を知っているし、常にいいものを見ようとしているからだ。こんな人たちと一緒にいると、自然と自分の心も温かくなり、心が和らいでいるはずだ。こうなると、自分にもドンドンといいアイディアが浮かんできたり、色んなことに対しての感謝の心が出てきたりする。
 この二つの心の状態は、全く違う。同じ心なのに、周りにいる人の影響で、全く変わって来てしまうのだ。ならば、ポジティブな人と一緒にいた方がずっといい。

 ネガティブな考え方は、強い力を持つ。ポジティブな考え方をも、簡単に吹っ飛ばしてしまうものだと思う。今までいい気分でいても、少しネガティブな言葉をかけられらたせいで、感単に自分の心は変わってしまうものだ。相当強い心を持ちえずしては。
 だからこそ、常にポジティブな心を保とう。そして、ネガティブな考えが自分の心の中や、周りの人から襲ってきても、それを吹っ飛ばずほどの、強いプラスのパワーを持とう。

 批判、悪口、文句、不安。これらのネガティブな要素は、日常生活いたるところに見られる。これに飲まれてしまうのか。それとも、それらをも吹っ飛ばし、強くポジティブに生きていくのか。
 全ては、自分しだいだ。


 そして、全ての物事には意味があり、全て、起こるべくして起こっていると取るのだ。それは、自分の人生を信頼して、流れに身を任せるようなもの。
 それは、ただラクをしろとか、あきらめろってことじゃない。
いい意味で、人生の全てを受け入れ出すってことだ。

 そうなったとき、初めて自分の人生が流れに乗り出したように感じ出す。
そして、全てを楽しむことができる様になる。
そうすると、全てのことも、ちょうどいいタイミングで起こっている様に感じてくるのだ。

 自分にとってショックが大きければ大きいほど、それを乗り越えて、しかもそれをポジティブに取ることは難しい。
 しかし、全てのことには意味があると考え、それから何かを学ぶために、それが今、起こるべくして、この瞬間に起こったと、受け入れる。

 そんな生き方が、俺は好きだ。


9.12.06


トラックバックURL

コメント一覧

3. Posted by Shun   September 22, 2006 15:46
龍のシェフへ、
ありがとうございます。早速このコメントを読んだ後、紙を全部見返してみましたよ。大切なのに忘れていた言葉、沢山あったことに気付きました。そして、また俺の心の芯は、強くなった気がします。
去年一年間は、基礎体力付けでした。
これからは俺も走り出しますからね!^−^

だいごろう、
そうだよね、考え方一つで、人生ってほんと変わるものだよね。
2. Posted by だいごろう   September 14, 2006 18:33
ネガティブな人ってものすごく損してるよね。
1. Posted by 龍のシェフ   September 13, 2006 22:25
最近いい感じだな。成長して来たか。また、時間を作って、俺との言葉、書き残している言葉があるだろ?それを見返してみるといい。きっと、俺の言いたかった事が、もっと理解出来るはずだ。
”超プラス思考”ネガティブな事さえも、プラスに変える考え方。口では簡単だが、実際にしようとすると、俊輔が言うように日々の訓練がいる。簡単には出来ないし、出来る瞬間と出来ない時がある。それに出来る範囲って物もある。それをいつでも、どんなでかさでも、出来るようになるには何年もかかる。それが出来ている奴を一人は知っているだろ?俊輔にも出来るさ。大切な事は、なろうともがくか?もがかないかだ。いいスタートラインにいる。後はしっかり、走れよ。
龍のシェフより

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索