September 03, 2006 12:29

"常識"、"流行り"、"一般的な考え方"は、どこから来る?


Gender and Communicationのクラスをちょうど終えて。

クラス中に先生の話を聞きながら感じていたこと。
アメリカ人は、"Gender"="社会的における性"をすごく気にする。
男は男らしく。女は女らしく。
男が座るときに足を組んだり、態度がGirlyだったりすると、(態度が男らしくないこと→アメリカでいう"男らしさ"とは、よく鍛えられた体、威圧的な話し方、タフさ等)、すぐに、"You are so gay!!"(お前って超ゲイっぽいじゃん!!)と見なされる。
女は女で、"アメリカの常識が認める女らしさ"に、皆ハマろうとする。(流行りのファッション、同じような話し方、態度Etc)
これはどの国に行っても同じことだけど。

この、国による"常識"、"人々の考え方"は、どこから来るのだろう?誰が決めるのだろう?
メディアか?テレビか?映画か?ファッション雑誌か?
人々の意識の奥底には、「皆がやってるから、"かっこいい"」と思う傾向がある。
人は、周りの人の行動を真似する傾向があるから。
"TVに出てる芸能人がやってるから〜"、"今、流行りだから〜" "皆がこのサングラスかけてるから〜"
それらが理由。
仮に、日本で流行って"かっこいい"と見なされるファッションは、アメリカでは必ずしもそうは取られない。その逆も同じこと。
タイでも、ヨーロッパでも、中国でも、アフリカでも、南アメリカでも、それぞれ、人々が"かっこいい"と見なすファッション、スタイル、そして、態度、人生の生き方は違う。

この、"人々の意識"、"大多数の人が向かう方向"を決めるのは、そしてそれを決めるパワーを持つのは、やはりメディアなのか?
人は、それを見れば見るほど、聞けば聞くほど、頭にそれがインプットされるからな。
そして、それがいつの間にか、"常識"となる。


"常識"に惑わされるな。
自分のアタマで考えろ。
自分の心で感じろ。


8/31/06

トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by ローレライ   September 06, 2006 13:50
なるほど、おもしろいね

3000/日 以上ものCMが流れるアメリカでも 1000/日ちょいの日本でもメディアの影響力は捨てられないだろうし重要なのは視覚イメージと聴覚イメージってのはあるだろうね。
その意味ではいろんなメディアは機能を持ってると思うぜ?

とはいえ
「いいじゃねえか好きなんだから」
って発言をどこまで通せるかってのもさ
相手次第の部分もあるじゃん

上司に逆らってはいけない構造上の問題とか
商談で重要な局面とかね


流行だとか普通っていうのに縛られるのも問題だけどどこまで自分を曲げずにいけるか/どこで曲げなければいけないかっていうのも問題じゃない?
1. Posted by だいごろう   September 06, 2006 12:05
常識にとらわれず、自分の価値観をしっかりしてるイイ女は絶対いるぞ!0.1%くらいの確率で!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索