August 31, 2006 00:00

「海」


海に入ると、自分がまるで浄化されるようになる。
そう、心を洗いに行く様なものだ。
海に浮かんで、地平線の向こうを見ながら、来る波を待っていると、
段々と、自分の心から、雑念が取り払われていく。
毎日の学校の雑務や、仕事、
人間関係、その他の事での、頭に取り付いたこと。
それらの、「しなきゃいけないこと」「考えなきゃいけないこと」に、
頭がずーっと支配されていたことに気づく。
それに気づくのは、海に入って、地平線の向こうを見ながら、
雲ひとつ無い空と、太陽を見上げているとき、
ふと、気づく。
「あ、俺って、いっつもこんなに何かしらに頭の中支配されてんだな」と。

まるで、赤ちゃんが、初めてものを見るとき。
何の偏見も、先入観も、疑いも、何も心に無い状態。
そのものが、「あるがまま」を受け入れる。
それが、「あるがまま」を見る。そして、それを「あるがまま」受け取る。

人は、経験を積めば積むほど、今までの経験から、先入観を持ち、
物事を、それが「あるがまま」捉えることは、難しくなってくる。
必ず、自分の「物差し」が、それを計って、そして、自分なりにそれを取るからだ。
逆に、そうして行かないと、この世はうまく生きていけない。
しかし、海に入るとき、それはいらない。
ものごとがあるがまま、それが目の前に広がるまま、
ただ、それを、素直にすっと受け入れるのだ。
そんな時、自分の心から、今までへばり付いていた雑念が全て取り払われ、
やっと、全てのことを、「あるがまま」見ることができるようになる。
つまり、そのものごとの、「核心」を見ること。
全ては、シンプルである。
そして、それができた時、自分の答えは見つかる。
その、心に取り付いたものごとへの答えが。


海は、己の心の声を直に聞く、最高の場所。


8・30・06


トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by Shun   September 22, 2006 16:03
綾乃ちゃん、
そうだね、本当に心休まるのは、そして、じっくりと自分の心と向き合える場所は、自然の中だと思うよ。
そういう時間を、大事にしたいね。
1. Posted by ayano   September 02, 2006 16:52
癒しのカフェであったり、レストランであったり、時にはいいけれど、本当に心休まるのは自然の中だね。自分の(心の)声しか聞こえない場所、私も大切にしたいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索