July 24, 2006 23:16

「無限の可能性を秘めた、18歳」

今日は嬉しいことがあった。
淳(あつし)に会いに行った。龍のシェフがMIXIで知り合い、
俺に会うことを勧めていたやつだ。
淳は、シェフの卵。
今、東京にある料理学校に行きつつ、バイトをする日々。
休みは、ほとんどない。
朝6時半には家を出て、毎日帰ってくるのは、夜の12時ごろ。
最近はテストも近いため、睡眠時間は3時間半ほどで毎日やっているそうだ。
大阪にいる龍のシェフは、東京にいる敦と、もちろん会ったことがない。
なぜ、会ったこともない彼を、俺に会うことを勧めたか?
それだけ、彼の日記から発するパワーがでかかったからだ。
彼の日記からは、毎日の苦悩の日々が見れる。
毎日、自分の心と向かい合い、自分の目指す自分にすぐ追いつけないもどかしさに、
のたうち回り、自問自答する。
そんな彼に、俺も共感を得ていた。

今日、横浜の会社を訪問した後、
東京代々木に彼に会いに行った。
彼も、バイトと学校の合間の1時間弱を見つけ出して、俺もそれに合わせて行った。
スタバで、話せる限り話した。

彼の瞳は、輝いていた。
強い。だが同時に、きれいな目をしていた。
そして、好奇心いっぱいで、興味津々の目。
今目の前で話している人の言葉を、一つも聞き逃すまいとする、
真剣なまなざし。
俺の話に聞き入ってくれる彼が、すごく嬉しかった。
彼は、海外にも興味があるらしい。
俺の今までの経験とか、少ししか話せなかったけど、
それでも楽しんでくれたようだ。
それから、彼が興味を持っている、龍のシェフ。
同じシェフ同士、彼も、伊吹さんから学びたいのだ。
できる限り、伊吹さんのことを、彼に話してあげた。
大阪にいる彼にすぐに会えない彼が、少しでも伊吹さんのことを知れるように。

時間ギリギリまで話を聞いてくれた彼は、
「もう時間がないので」と、走って学校に向かった。
そんな彼の後姿を見て、すごく清清しかった。
まだ、18歳。
もの凄い可能性を秘めている。
人は、魅力のある人ほど、その人の目は、生きているが、
彼の目は、言うまでもなく、
その辺の誰よりも輝いていた。
同時に、強さも持っていた。

自分しだいで、いくらでも伸びるだろう。
そんな彼に、少しでも、俺の経験話や、アドバイスが、
彼の魅力を最大限まで発揮する糧となればいい。
俺は、今まで、沢山の先輩に、お世話になってきた。
それは、彼らが、沢山の時間を、俺のために割いてくれ、
話を聞かせてくれ、希望を持たせてくれたからだ。
「自分の未来は、無限の可能性がある。」
「自分の想像もできないほどの、大きな自分が、未来にいるかもしれない。」
それらの希望を持たせてくれたのが、辛いときや、ここぞという時に励ましてくれた、先輩たちだった。
彼らが、俺にしてくれたこと。
それを、少しでも、次の子たちにつなげたい。
まだまだな俺だけど、彼は、今日の俺の話から、
少しでも、刺激を受け、また、がんばろうと思ってくれたようだ。
それが、凄く嬉しかった。

18歳。可能性は、無限にある。
自分の個性を、最大限まで、伸ばしてほしい。
そして、魅力の満ち溢れた人間となってほしい。
彼の未来が、楽しみだ。

7.24.06


トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by Shun   July 25, 2006 21:43
四季、
そうだね、彼が次に参加する時が楽しみだね。
いい目をしてるやつだったよ!四季も、俺が彼から受けたように、いい刺激を受けると思うよ。同じシェフ同士だしね!
四季もこの前は美味しいデザートありがとう!
頑張ろうね!
  俊輔
1. Posted by 四季   July 25, 2006 12:43
良いな〜俺も会いたかったです!!
今後「晩餐会」に彼が参加する日が来るのを楽しみですねww

       四季

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索