April 28, 2006 17:32

「幻の山」

何か大きそうに見える問題っていうのは、
一度乗り越えちゃうと、大したコトはない。
ただ、その山が、デカく見えるだけ。


本当は、一つ一つの山は、余裕。
一つ一つ、確実にこなしていけばな。
なのに、それがいくつも重なると、
それが一つの大きな山として見えてしまって、
その大きさに、圧倒されてしまう。


肝心なのは、その幻像を持たずに、
一つ一つ、正面切ってこなして行くこと。


4.27.06



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索