April 04, 2006 16:00

大事な人たち

7187ba48.JPGSandy Family






この写真は、俺がWeed, そしてSan Joseにいた頃の友達の写真。
特に、ウィードは、本当にデカかった。俺の人生にとって。
初めての留学生活を始めたところ、
そして、沢山の友達ができたところとしても。
今週の金曜日から春休み。
車を運転して、サンノゼとウィードの二つの町に行き、
そこに住む友達に会ってくる。
各地域とも、会いたい人が沢山いて、とてもじゃないけど、
全ての人に会いきれない。
会えた人とも、一日が限度かな。
本当は、何日間も一緒にいて話し合いたいんだけど。
また、機会を見つけていくしかないな。

Weedは、たった一年、それも約10ヶ月しかいなかったのに、
驚くほど沢山の友達ができた。
みんな、いい人たち。
俺の、第2の家族みたいな人たちが、たくさんいる。
そんな人たちと会うと、本当にほっとする。
全然気取らなくていいし、気を許せるし、
俺の、パワー充電場所みたいな人たち。
この人たちと会うと、人の温かさを本当に感じ、
また、頑張ろう、そういう気になる。

また、この人たちと会うたびに、
俺はなんて大事なものを忘れていたんだろう、
そう感じる。
いくら今の場所を楽しんでいても、
やはりここには、ここだけの、良さがある。
この人たちだけが持つ、温かさ。
時間を大事に、ゆっくり使い、
人を大切にし、
裏切りなどは一切なく、
お互いが助け合い、
自然を大事にし、
とにかく、人を大事にする。
そして、人とのつながりが一番なんだ、
そう思わせる、何かを持っている。

俺は、この人たちと会えて本当に良かった、
そう思う。
これからも、この人たちとのつながり、
大事にしていきたい。
俺の、誇れる財産だ。


今週、やっと会える。
めっちゃ楽しみや。


4・3・06


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Z-ton   April 05, 2006 13:54
俺も世界の最果て、カンザスのColbyで過ごした日々がでかい。マスターのWeedとほんと同じだよ、共感。出逢いと経験。最高の財産だねここでの日々は。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索