August 2019

August 21, 2019 19:09

できることだけを、一つずつやる。
一度には、一つしかできない。
目の前のことだけを考えて、
一つずつ、焦らずに、
自分のペースでやれば良い。



俯瞰して見る。
波が襲ってきても、
いちいち反応せずに、
ただ、居る。

過敏にならず、
感覚だけを研ぎ澄ませ、
ある意味、無になり、感じなくする。
でも、感覚だけは、残す。



思考を捨てる。
疲れてる時、不快な時、
ネガティブな考えだけが、自分を襲う。
そんな時は、無になる。
考えを捨てる。
ただ、目的を作り、そこへ行くことに集中する。

まず大事なのは、自分がどうしたら快適に感じるか。
暑過ぎれば、涼しいところへ。
うるさければ、静かなところへ。
落ち着かなければ、落ち着くところへ。
体が悲鳴をあげてたら、
体を休ませる。
もはや、気合だけで、無理できる年齢では無い。
無理したら、体が壊れる。
壊れたら、家族が悲しむ。



誰かのせいにしない。
何か、誰かに、自分が今満たされない理由を求めると、
悲観的で、全然魅力的じゃ無い人間になる。
それは、生きていて最悪のこと。



ある意味、あきらめる。
自分のこだわりを、一度捨てる。
全てを受け入れる。As it is に。
今、この環境にいることを選んでるのは、
自分だから。
本当に嫌なら、仕事を辞めれば良い。



自分が目指す方向、なりたい自分、
キャリアパスが分からなくなったら、
とりあえず、
どうしたらカッコ良い自分でいつもいられるかに集中すれば良い。

結局は、自分の生き方に満足しているか、
そこが一番大事だから。


2019/8/21.   19:09





Archives
記事検索