May 2019

May 30, 2019 17:05

大事なのは、

ー己肯定
∨萋いい気分でいること

,蓮△い弔蘯分の味方でいること。
自分の決断や、生きてきた道に、自信を持つ事。自分が自分を認めること。
自分を好きでいること。I Love Myself.
自分が好きでしょうがない。そんな感じでいること。アメリカ人はこれがうまいかも。
他の人間の意見や、言葉や、行動などに左右されないこと。
自分の精神状態は、自分が決めること。
周りの人間がどう動こうが、それを受け取るかどうかも含め、自分がどう反応するかは自分次第。
周波数を相手と同じに合わせるからいけない。嫌味ったらしいやつ、愛情のないやつ、思いやりのないやつ、自分のことしか考えていない人間には、まずは周波数を合わせない。存在すら気づかないくらいでいい。え、何か言いました?ごめんなさい、全然聞こえないです。それくらいで良い。
え?ちょっと何言ってるか分かんない。それくらいで。

△蓮△垢瓦大事。
結局は、自分がいい気分でいる瞬間の積み重ねが、幸せな思い出をつくる。
いい気分でいれば、いいことも舞い込む。
いいことに気づきやすくなる。
Too serious にならないこと。

俺って、自分にユーモアがないというか、すぐ真面目になっちゃう性格だから、
日本にいると、周りの真面目さに合わせて、クソ真面目になってんだろうね。
で、自ら人生をガチガチにして、つまらないものにしている。

その分、海外に行くと、え、こんな適当でいいんかい、となって、いい感じでルースになれるんだろう。
でも、そんなこと言ってたら、環境で僕はいつも左右されます、と言ってるのと一緒なので、それでは周りに頼っているので、
いつもどんなとこでも、いい気分でいられるよう、自分でやっていかなきゃ。

・・・・・

俺って、中学くらいの思春期から、
ずーっと悩み続けてるなあ…

2019/5/30.  17:04








自分は変わっているヤツだと認めて、
自分はヘンタイだと認めて、
自分はこの社会にフィットする事は、難しいと認めて、

そのかわり、そのはみ出す分、
はみ出す事に、何か言われたり、
認められなくても、
そこに文句を言わないこと。

はみ出していても、良い様にするには、
・自分なりに事を成し遂げること。
・他者の意見を気にしないこと。
・基準を、自分が納得するかどうかに置くこと。Not by others.




どこの国に行こうが、
どこの会社に属そうが、
何の仕事をしようが、
自分ではない人間の基準で自分を測っては、
一生、満足しないし、
一生、自信が付かない。











May 28, 2019 23:26

2019/5/28 22:14 @Hotel in Toyama

今、富山のホテルにて。
今夜は富山泊。明日は、福井に移動して一泊。
明後日帰る。

************

前の会社では、3ヶ月に一回は海外出張があったので、
そのたびに飛行機に片道12時間近くスタックしていたので、
その際にこうしてPCを開いて、それまでの自分の人生を振り返る、
というのが、一つの要みたいになっていたと思う。

今は、海外出張もなくなり、
国内営業になったので、出張は2週に一度はあり、泊まりもそのたびあるけど、
こうして、PCを開いて、自分の日記を書くというよりは、
たまった仕事をこなすだけで、一杯になっていた。
この1年と、3ヶ月間は。

******

2018年の2月頭から、今の会社に移った。
15ヶ月が終わろうとしている。

外資。大手。何百年も続く歴史を持つ。ブランド力。
価格は高い。しかしブランドで売ろうとする。

下が、俺の、2008年に日本に帰ってきてからの軌跡。

●2008/5
24歳。日本帰国

●2008/9-2009/1
24歳―25歳。5ヶ月間、1社目:大手。外資。(といえども元々は日系。業績の伸びた部署だけが外資(アメリカ系)にスポットで買収されて出来た会社なので、中身は日系)

●2009/2-2011/10
25歳―27歳。2年10ヶ月、2社目:ベンチャー。中規模。日系。BtoC. 毎日深夜まで働く毎日。約3年間、働き切る。

●2012/3-2018/1
28歳―34歳。5年11ヶ月、3社目:中規模。日系。それまでとは全く違う業界。経験はゼロだが、海外営業職という対象で、英語力を見込まれて入る。1年目は本社でじっくり研修後、2年目から、約5年間、北南米、インドを主に、海外出張をしまくる。BtoB.

●2018/2-2019/5(Now)
34歳―35歳。1年3ヶ月、4社目:超大手。外資。ドイツ系。前職と同じ業界。国内営業専門。BtoB.

**************

日本に帰ってきて、今月頭で11年が経った。
俺は、今35歳で、今年の10月で、36歳になる。

ここ最近は、心が不安定だった。
仕事が、楽しめない。
体が、疲れる。
毎日、電車に乗ると、酔いが酷い。タクシー、新幹線、耐えられない。車内放送の音がうるさ過ぎて、耐えられない。耳栓なしでは歩けない。
社内の温度が暑すぎて、耐えられない。
首のコリが酷い。目が疲れる。吐き気がする。
ストレスで無意識に力を入れているのか、顎が痛くてしょうがない。
疲れがピークだったGWの前の4月末は、疲れすぎて脳が働かない。
言葉が出てこない。仕事のことを考えると、言葉が出てこない。
あー、うー、となってしまう。
手が震える。


メールが次から次へと来る。夜寝る前に0件にしたはずなのに、朝起きると、50件になっている。
上司から絶えずメールが来る。FCSTの更新が毎月ある。
数字で細かく言われる。
目標の根拠が無い。根拠は何かと聞くと、確実な答えが返ってこない。なのに、目標の変更は無しと言われる。
つめてくる割には、中身の無い仕事を、皆している。
全ては、社内のパフォーマンス用の、仕事。目標。

担当エリアは、北陸、中部地方。片道5-6時間。
毎月20件の顧客訪問が課せられる。
まともにやっていると、デスクワークをする時間が無い。
電車の中でやると、酔う。でも、そこでやらないと、いつやるのか。
家に帰ってきて、金曜の12時過ぎまでPCを触ったり、
土曜や日曜にもやる羽目に。
ホームオフィスが可能だけど、まるで家の景色が全て仕事に染められてしまって、
起きた瞬間から、寝る前の瞬間まで、常に携帯でメールを見ていることが癖になってしまった。

・・・なんだこの症状は?ただの病気じゃねえか?
書いていてそう思うが、これが、ここ2、3ヶ月の事実。

******

こういうことを書いていて、ネガティブなことだから、書かないほうがいいと思っていた気がするが、
さっき考えていた。
俺には、こうして、現状を客観的に捉えて、
それが、どういうことなのか、じっくり考える時間が必要なんじゃないか、と。

自分と対話する時間。
それが、あまりにも、この1年近くは、取っていなかった気がする。

自信とはどこから来る?
人それぞれ違うと思うが、俺の場合は、
自分のそれまでの生き方を見直し、それまで歩いてきた道を、土をしっかり踏み固めて、
その行動を、客観的に見直したとき。
そのとき、それまでの年月、経験で、何を自分が経験し、何を学んだのかを、知る。
それにより、自分の確固たる自信が付く。

*****

今の会社は、人が頻繁に辞めていく。
驚くほどに、毎月何人ものペースで辞めていく。
常に社内&社外に募集をかけている。
残っている人間は、お互いに影で悪口を言い合っている。
誰も、誰をも信用していないようだ。
ピュアでいると、引きずりおろされる。
会議の場では、上司は部下を守らない。
むしろ、自分の上司が自分の部下を責めたら、守らずに、一緒になって自分の部下を責めたりしている。
つまり、人間としてクズみたいな奴が多い。
これは、外資の特色なのかもしれない。
他の会社でも、そういう話を聞いたことがあるから。

*****

いったい、みんな何のために仕事をしているのか?
金の為か?その割には、毎年の昇進も少ない。
外部から、上のポジションにスパッと転職で入ってきた人間の方が、
ずっと会社にいるよりも、はるかに高い給与を得る。
しかしそんな奴らは、経験が無いから、
ちんぷんかんぷんな事を言ったりしている。

*****

ここまで書いて、酷い会社だと思うが、
見方を変えれば、「合理的」の一言に尽きる会社だったりする。

ドライ。人間関係は全くもってドライ。変な付き合いは無い。
やることやって、しかもやって無くても、やってるように見せる口があれば、OK。
論理的に合っていれば、年上だろうが、上司だろうが、論破してOK。
つまり、こちらが血も涙も無いくらいにドライになりきってやれば、
逆に、やりやすい。
相手がドライなら、こっちだってドライだ。
相手に情が無いのなら、こっちも情をくれてやる必要は無い。
しかも、相手は日本人。結局みんな、どこかで優しさがあるが、
そんなものさえ感じないくらいに、こちらがドライで冷血になってやれば、
出し抜くことは、可能だ。
やろうと思えば、そうなれるのが、俺の強みでもある。

******

それくらい、俺も冷酷になったほうがいいのかもしれない。
こういう屑みたいなやつ等と働く以上は。

2019/5/28 22:50

*******

と、さっき上の部分まで書いて、ちょっと一呼吸置いて、読み返してみたが、
ひでえなあ、と思う。

こんな風に、冷酷にならないとやっていけないなんて、
なんて酷い会社だ。
愛情のかけらも無い。
愛とか、情とか、思いやりとか、「相手のことを思う気持ち」
そういうものが欠落している。
人間として、未熟としか言えないと思う。

でも、俺が今いる会社が、そうなら、
そして、そこで生き残る為には、そうするのが一番いいのなら、
会社のときの自分は、演じるつもりで、
冷酷人間になりきったら、ラクになるのかもしれない。
ヘタに、自分の優しさや、情を、相手にも求めるからいけないのだろう。

郷に入れば郷に従え。
Do as the Romans do.
もしアメリカにいるなら、アメリカ人のように振舞え。
日本にいるなら、日本のやり方を真似ろ。
俺は、中小企業、大企業、ベンチャー、日系、外資、色々試してきて、
今の環境が、一番自分に合っていると思ったんじゃないか?
なら、そこに籍を置いて、
「周りのやつらは情もない酷いやつらだ」
そういっているのは、甘えじゃないか?
最初から、外資で、ドライな会社だと分かっていたはずだ。
そこに、やつらも日本人だからと、変なやさしさを求めるな。
そもそも、34歳で、それなりの待遇で転職してきている時点で、
そこに甘えは通用しないはずだ。

*****

俺は、甘えを求めていたのかもしれない。

足りないこと(知識)は、認めろ。素直に頭下げて、先輩や上司に食いついて、または、自ら勉強するしかない。
知識さえ身につけてしまえば、後は、他の部分はどうにでもなる。
俺が今この会社で、この仕事で自信が持てないのは、知識が不足しているから。
さっさと、やつらが持っている以上の知識を身につけてしまえ。

******

23:21





























May 22, 2019 18:18

企業で働く以上、
意味のない目標に時間を費やし、
上司との不毛な「話し合い」をする事は、
避けられないのかもしれない。

自分の上司と話そうが、
その上と話そうが、
さらに上と話そうが、
結局は、全て上の上の上の上の…からきているわけで、
みんな、ただ上から言われたことを、
ロボットのようにこなすだけ。

そこで歯向かう奴は、結局は、
面倒くさいヤツなわけで。

・・・・・・・

外資系だから、まだ、問題点を指摘できるだけ、恵まれているのかもしれない。
こちらの意見が、理にかなっていれば、
聞き入れられる余地はある。

そう思って、まだ幸せだと、
割り切って、
あとは、自分のカラダを壊さないように、
「適当」にやっていく。
それしか、やっていく方法はないのかもしれない。

給料をもらっているのだから。
与えられた仕事を、
自分のカラダを壊さない程度に、
抜くところは抜いて、
テキトーに、やっていくしかないのかもしれない。


それが嫌なら、
アーティストとして食っていくか、
宝くじを当てるか、
自分で金を稼ぐしかない。


2019/5/22.    18:14















May 20, 2019 23:39

子どもとの時間は、代えがきかない。

3歳の娘の「今」は、
来年にはもう、一生戻ってこない。

6ヶ月の娘のそれも同じ。


仕事なんて、いくらでも代えはきくし、
俺がいなくなったって、
代わりとなる人間は、たくさんいる。

でも、子どもたちの代えとなる父親は、
自分しかいない。



家で仕事していて、
仕事にばかり気を取られて、
時間を朝から晩まで取られて、
パパと遊べることを楽しみにしていた娘に、
まだパパは仕事が終わってないからと、
パソコンと携帯ばかり見つめて、
娘の話も上の空で、
挙げ句の果てには、仕事で疲れきって、
夜も全然遊んであげられなくて、
かわいそうな思いをさせる。
そんな父親は、娘にとって良いのか?



今しかない、娘たちの今を、
しっかり感じ取って、
一緒にしっかり、「いま」を生きておかないと、

俺は近い将来、
必ず、後悔する。


2019/5/20. 23:35




















May 19, 2019 23:42

一つ言えるのは、


問題が分かったら、
それから逃げずに、
面と向かって、取り組むこと。

その際に、
嫌な思いをしたり、
バカにされたり、
プライドが傷ついたりするかもしれないが、
そもそもブライドなんて捨てて、
その道の先輩に、頭を下げて、
素直に、すみません教えてくださいとお願いすれば、
嫌な人だとみんなに嫌われている人ほど、
実は優しく教えてくれたりする。


そして、
そんなアタマのいい人たちの中で、
自分はバカなんじゃ無いかと思うことが毎日毎日続いても、
怖じけずに、それでも勉強して、
また嫌な思いしようが、頭下げて付いていけば、
だんだんと分かってきて、
その内、前は怖いと思っていたことも、
怖くなくなってくる。

・・・・・

俺は今、今までの人生で、
一番よく分からない業界にいるし、
周りの人間も、お客さんたちも、
みんな、大学院卒とか、薬剤師とか、
博士とか、教授とか、
頭良い人たちばかりで、
本当彼らが何を言ってるか、さっぱり分からない日がこの一年続いてきたけど、

ようやく、ほんの少しずつ、
光が見えてきた。

中学の頃、
大嫌いだった英語が、
チンプンカンプンだったけど、
ひとつの言い回しを覚えたのをきっかけに、
段々と怖さとか恐怖が消えてきて、
楽しさに変わっていった、
あの入り口の感じに、今の気持ちは似ている。


去年34歳で転職して、
キャリアアップもした訳だから、
やっぱり、腰を据えて、プライドなんかを捨てて、とにかく勉強しなきゃいけない日々が、今な訳で。
こういう地盤をつくる時をしっかり持たないと、
マジで中身スカスカのできない奴になってしまうから。

・・・・・

一つずつ、焦らずに、
自分のペースでやっていけばよい。

他人と比べることはない。


2019.05.19. 1:42am













Archives
記事検索