August 2015

August 13, 2015

love-rosie

邦題『あと1センチの恋』。
17 October 2014公開。

*****

先日、妻と一緒にTSUTAYAに行った際に、
妻が観たいということで、借りてきました。
彼女はこの映画をずっと観たかったらしいですが、
特定の映画館でしかやっていなかったらしく、機会を逃していたそうです。

*****

全然期待せずに観ましたが、すごく面白かった!
久しぶりに、DVDで観ながらも、その世界に完全に引き込まれました。

ストーリーは割愛しますが、
主演の二人、特にLily Collinsの方がとても良かったです。

彼女はちなみに、フィル・コリンズの娘さんだそうです。
フィル・コリンズさんには、
ディズニー映画『ターザン』のサウンドトラックで大変お世話になりました。
彼の透き通るような声とドラムが織りなす、軽快な雰囲気がとても好きです。

*****

ということで、ぜひ機会があったら見てください。

2015/8/13 23:54




PS. ちなみに、妻と一緒に映画を見始めて、
途中のシーンで、
「ああ、確かに。映画の最初の方で、これを連想させるシーンがあったよね」
「最初にあんなシーンがあったよね」
などと言うので、「え?あったっけ?」と俺。
後で映画が終わってから最初に戻って観てみると、
確かにありました。それぞれ一瞬ですが。

さすが彼女はいろいろ見ていて、しかも覚えていてすごいなと思いました。
そして、俺が普段いかにあまり良くものごとを見ていないかも思い知らされました。


shunsukesekine at 23:54コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review 

August 08, 2015

jurassic-world-poster

『ジュラシック・ワールド』
観てきました。
2015年6月12日全米公開。
2015年8月5日日本公開。

*****

すごく面白かった!
第1作目は1993年に公開されましたが、それから22年。
俺が10歳の時です。
確か小学校4年生の夏休みに公開されて、
友達が観に行ってきたと言っていました。
確か同じ年に、安達祐実のレックスという恐竜映画も公開されていて、
どっちを見るかで日本では話題になっていたような・・・
今思うと、スケールが全然違いますが。

(個人的には一作目は本当に好きで、これを見てCGの技術に感動して映画の道を目指したようなものです。原作も好きで、マイクル・クライトンの原作は二作目のロストワールドまで読んだ。理論の話が結構面白かった。中一の読書感想文は、ジュラシックパークで書きました。)

*****

前作のことは置いておいて。
今回の映画は、なかなかよかったです。
観ていて全然飽きなかった。
ストーリーも、結構よかったと思います。

そして、主演の二人(クリス・プラット と ブライス・ダラス・ハワード)
は二人とも俺は好きなので、
観ていて楽しかった。
恐竜映画とは言えども、彼らのシーンも最初結構多いので、
この二人が嫌いな人がいれば、嫌かもしれません。
(そう考えると、結局映画というのは、出ている俳優にずいぶん左右されると思う。)

Chris Pratt
movies-chris-pratt-jurassic-world-extended-tv-spot-01


Bryce Dallas Howard
anigif_enhanced-31112-1434049818-3

(確かにハイヒールでめっちゃ走ってましたね。感心。)

*****

今日は公開初日に近いこともあり、
大画面で、しかも真ん中から少し後ろくらいの席で観たので、
大迫力で大満足。

最近は、新しい映画を見ると、
そのストーリーの内容に追いつくのが大変なので、
こんな風に、ストーリーはほとんど関係なく、
ただ何も考えずに楽しめる映画はいいですね。

そして、もし実際にあんな恐竜たちが復活してしまったら、
俺は絶対にあのパークには遊びに行かないな、と思いました。
(さっき昼寝をしていたら、恐竜に追いかけられる夢を見ていたらしい。寝言で妻に言っていたとか。小学生か。笑)

*****

というわけで、オススメです。
最後はスカッとするし、大画面で見ることをオススメいたします。

2015/8/8 22:15



shunsukesekine at 22:15コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review 

August 02, 2015

2015/8/2 20:17-

昨日と今日は、妻の実家へ行ってきた。
昨日の朝10時過ぎに出て、初めて車で行った。
片道、だいたい1時間半くらい。
12時過ぎには着いて、そのあとは、昼食はステーキ、
帰ってきて、14時半から17時半すぎまで俺は3時間ちかく昼寝。
シャワーを浴びて、
そのあと、夜ご飯はお寿司。
ビールとワインを飲みながら、妻のご両親が先日行ってきた、
カンボジア、アンコールワットと、タイ、バンコクの映像を見る。
(2006年の夏に自分がこの二カ国を周ったときのことを思い出し、また旅行に行った気分になれてよかった。)

そのあと、夜まで話し込んで、
またお風呂に入り、24時前に寝た。

*****

今朝は、9時過ぎまでぐっすり寝る。
朝ごはん(トースト、サラダ、などなど)をいただき、
少し話したあと、また眠くなったので、
12時過ぎから、1時間近く寝る。

そして、1時半過ぎに起きて、
昼ごはんのそばと、天ぷら。

で、そのあと、またシャワーを浴びて、寝る・・・
ではなくて、もう帰らないと明日もあるので、
支度をして、15時半過ぎに家を出て、帰ってきた。

*****

この二日間は、本当にリラックスできて楽しかった。

美味しいご飯もたくさんいただけたし
(ステーキにお寿司にお蕎麦に天ぷら!)
お昼寝もたくさんできたし
(合計5時間以上!)
もう、寝て、食べて、風呂に入って、寝て・・・・の繰り返しで、
本当に幸せでした。

ちなみに、夏にこうして妻の実家へ遊びに行ったのは、
考えてみたら初めてのことでした。
いつもは正月にお邪魔するのですが、
夏はどうしてきていなかったのか、よく考えると、
この2年間は、2013年、今の家に移り住んでから、
俺はずーっと、海外出張が夏に入り込んでいたのです。
6月から10月まで、
毎月、数週間おきに、
北米、南米、インド、ヨーロッパ、、、と。
そんな感じなので、
出張に行ってるか、帰って疲れて寝ているか、
のどちらかだったわけです。

しかし今回は、初めて車で運転し、
こんなに近かったのかと、初めて知り、
夏だけど、風がよく入る日本家屋の家で過ごし、
本当に楽しい二日間でした。
こんなことなら、もっと前から頻繁にお邪魔しておけばよかった。
そう思いました。(勝手に)

*****

というわけで、
今回のおやすみでは、普段の生活からも思いっきり離れ、
普段は休みの日も考えている仕事のことも一切忘れ、
人間関係のことなども忘れ、
本当に楽しい日々でした。

最後に。
トイレに置いてあった早稲田学報の中にあった、
ドリアン助川の、悩み相談室にあったコメント。
「世界の前で、上司はちっちぇえ。」

つまり、相談者の、
「上司にいつも厳しい指導を受けて、
今では萎縮してしまう自分がいやだ。
どうしたらいいですか」との問いに、
「その道を歩んできたプロがいう発言は必ず的を得ているはずだから、
まずは、今は学ぶ時期と割り切り、その内容を吸収しましょう。
しかし、毎日の小さな競争に疲弊するのではなく、
自分の目指す世界の本当のトップ、
その存在を常に意識して、
その人間と、自分との差を意識し、そこに焦燥感を感じろ」と。
「日々の、自分の会社の中の人間関係に磨耗するのではなく、
そこを飛び越えた、世界レベルの存在を意識し、
そこを見ることで、自分を客観的に批評できる様にしろ」と。


その通りだと思いました。

俺の目指す世界のトップレベルの人間。

それは誰だ? 
それを見つけること、それが今の目の前の課題です。

2015/8/2 20:29



shunsukesekine at 20:29コメント(0)トラックバック(0) 
My Life-人生 
Archives
記事検索