June 2015

June 29, 2015

2015/6/29 23:14-

久しぶりの日記。

さっき妻と話していて、俺のオーラはゴールドだと言われた。
白とゴールドだと。
白のワイシャツを着ていて、
後ろに、金色の太い円が見えると。
そしてその後ろに、人が50人くらいいる、と。
その人たちは、外国人らしい。
どこかの農場だか、
海外で、何か事業を始めて、社長として、
「◯◯さんのおかげで、私たちは仕事ができました」
と言っているような、そんなイメージだと。

*****

妻は、俺が付き合いだした頃から、オーラが見えていて、
人のオーラを見るのが得意だった。
人によって、オーラの色、濃さは違う。
一色の人もいれば、二色以上が混ざっている人もいる。

そんな中、当時の俺は、
オレンジ。でも、夕日の色のような、淡いオレンジだった。

それから、新宿で仕事をしている頃。
オーラは青になったり、赤になったり。
悩んでいる時期は、頭の後ろに、黒いゲジゲジの線が浮かんでいたり。
幸せな時は、ピンクになったり。

そんなこんなで、先日妻に、
「今度◼︎◼︎さんと久々に会うんだけど、彼のオーラは今どう?」と聞いたら、
「私、結婚した頃から、オーラは見えなくなっているよ。前に言ったでしょ」と。

そんなわけで、その会話をしたのが、つい先日、先週だったんだけど、
さっき、妻と話しをしていたら、
「わかった。◯◯のオーラは、金色。ゴールドだ。」と。

今まで、ゴールドのオーラの人間はいなかったらしい。

*****

妻は、人を見る目がある。
今まで、彼女が、「この人は今は人気まだないけど、絶対売れるよ」と言った人は、
ことごとく売れてきた。
John Mayer.
James Franco.
Ed Sheeran.
最近では、綾野剛。

彼女は人を見る目が厳しい。
ダメなものはダメと言うし、いいものは、とことん褒める。
本当に気に入らないものは、決してお世辞を言わない。

そんな彼女は、ずっと俺のことを、
「◯◯は世界で一番だよ」と言ってきてくれた。
何があっても、「◯◯が世界で一番。私が認めた男でしょ」と。
これだけ人のことを見る目があり、その目に狂いのない彼女が、
選んだ男。

そんなその男は、最近、ずっと自信をなくしていた。
去年の今頃からだろうか。
仕事が一気に膨れ上がり、キャパオーバーになり、
なんで俺だけ、こんなに仕事があるんだ、と、
周りを責める考えになっていた。
できの悪い後輩にイライラし、上司にイライラし、
本当に、イライラ毎日を過ごしていた。
または、週末も、会社の仕事や、人間関係を気にして、
何度、週末を、生産性のない話で、妻の時間を取っただろう。
なんど、妻に、話しを聞いてもらい、
励ましてもらっただろう。

そんな男は、最近、引き寄せの法則の本を読みだし、
「いい気分でいること」と、「自己肯定」をしだした。
それは、妻が昔から言い続けていたことだが、
毎朝、仕事のこと、会社のことを考えて嫌になるのではなく、
自分の好きなもの、気持ちいいこと、気分が良くなることを考え、
仕事中も、仕事のいい面だけを見て、
人のいいところだけを見て、
いい気分でいることを、意識してするようになった。
ほんの、ここ二週間の話。

そうすると、色々と変わってきた。
人生は楽しいし、毎日、楽しくなってきた。
以前は、洗面所やシャワーに入ると、
会社の人間関係ばかり考えていたのが、
今では、楽しいことを考えられるようになった。
イヤと思うことがあっても、それに意識を向けずに、
スルーできるようになった。

そして、昨日は妻と一緒に、
恵比寿ガーデンプレイスにある、
ロブションへ、食事に行ってきた。

会社で海外出張が本当に多いので、
俺のステータスはダイアモンド会員になり、
その特典で、ロブションでのディナー二人分のバウチャーが手に入った。
妻は、小学生の頃から、ロブションに行ってみたかったらしい。
そんな彼女の夢の場所へ、一緒に行くことができた。

後で調べると、どうやら昨晩の食事代は、
一人二万円分だったらしい。
お水だけは、エビアンを頼んだが、
瓶一本で、1200円だった。

先日はファーストクラスで飛び、
インターコンチネンタルに特典で泊まり、
今回はロブションで食事。

確実に、方法はともかく、
結果だけ見ると、成り上がっている。

4年前の俺からは、想像ができなかった。

*****

こんな風に書いていると、俗に見えるし、
ただの品がない人間みたいだが、
結局言いたいのは、
俺は、自分の可能性を信じ、
自分のことを信じ、妻の言葉を信じ、
毎日、いい気分でいられるように心がけ、
自分を肯定し、
自分のやりたいことに意識をフォーカスし、
仕事においても、「こんなに自分だけ仕事が回ってくる」じゃなくて、
「俺は仕事ができるから、こんなに任されるんだ」に考えを変え、
「今は、会社という舞台で、色々試させてもらっている。
ここでなんでも試してみて、中小企業診断士の勉強もして、
経営に関しても社長に意見をいい、
なんでも試してみて、予行演習をしたところで、
自分がしてみたいビジネスが見つかった時点で、独立すればいい。
そのために、今、色々なことを会社でやらせてもらっている」と考えて、
毎日仕事を楽しんで、ワクワクしながらするだけ。

この考えに、やっと今、
長い時間を経て、戻ってきた。ということ。

*****

色々と経験して、
自分に自信をなくし、
自分の可能性を信じられなくなり、
自分の人生の進路がわからなくなり、
一度は、自分の夢、やりたいことを叶えたものの、
その先がわからなくなり、
最近は、仕事の人間関係に悩み、
小さなことと思いつつも、そうは実際思えず、
髪の毛が薄くなることばかりを気にして、
週末は、仕事のことで気分が塞がり、
見た目にも自信を持てなくなり、
一体俺は、と、
自分に対して、自信をなくしまくっていた男の、

復活の経歴。


2015/6/29 23:36


PS.
書き終わって。
「いやあ、変な日記になったわ。
これ、読んだ人は、
『コイツ、ただのオカルト野郎じゃねえか』とみんな思うな」
と呟くと、
横で妻が一言。
「書けばいいじゃない。『ただのオカルト日記でした。』って。」


というわけで、
ただのオカルト日記でした。




shunsukesekine at 23:39コメント(0)トラックバック(0) 
My Life-人生 

June 02, 2015

2015/6/2 8:32-

今、会社のオフィス。
今朝は時差ボケがまだあり、
朝5時すぎに目が覚めた。
そのまま6時前に起きて、支度して、7時に出た。
それでも、結局途中駅の乗り換えで、電車の乗り換えがうまくいかないと、
15分から20分近く待つことになり、
結局オフィスにつくのは、8時15分頃。
しかも、家を出てから、ずーっと蒸し暑く、電車の中も冷房が全然効いていないので、
何だかすごく疲れる。
日本って、先進国にも関わらず、
冷房を本当に使わないというか、自然の摂理に敢えて逆らわないところがあり、
何だか、他の欧米諸国や、または、
南米やアジア等の国と比べても、
日本に帰ってくると、「ここは発展途上国か?」と思ってしまう。
それぐらい、技術が進歩しているのに、敢えてそれを使わず、
逆に人々は暑すぎたりして疲れ、みんなだるい顔で電車の中でぼーっとしてて、
生産性が落ちるというのは、一体どうなんだろうと、いつも思ってしまう。
こう思ってしまう自分が、ピッキーすぎるのか。

*****

さて、今回は5/9-5/29まで、丁度3週間出張に行っていた。
ブラジル1週間と、アメリカ2週間。
出張中に日記を書こうと思ったんだけど、結局書けなかった。
その時の思いというのは、その場にいて、そこでしか感じられない空気や雰囲気を感じながら書くからこそ、そのときの「何か」が残るのであり、
だからそうしたいと思うんだけど、
今回はそれができなかったので、まあ、今残るそれを書こうと思う。

******

今回の出張は、すごく楽しい方だった。
季節が初夏というのもあり、気候的に開放的で、
服装も軽て良かったのも大きいと思うけど、
あとは、結局週末もホテルにいて、結構つまらない思いをした日も多かったけど、
それでも、楽しいと感じることが多かったのは、
ブラジルへ最初に行ったことも大きかったと思う。

ブラジル、今回は二回目。
前回は去年。去年は、ポルトガル語もほとんど使えず、
“Meu nome e Shunsuke”くらいし言えないことも多かったけど、
今回は、展示会で「あなたの会社は何をしている会社ですか?”O que voce faz?”」とか、
タクシーで“Boa tarde, Poderia usar esta cartao de credito, porfavor?とか”
本当にちょっとの内容だけど、そういうことはスラスラ言えるようになって、
そんな意味でも、現地の人と少しコミュニケーションが取れて、楽しかった。

今回の出張中で感じた一番大きいことは、
結局は全ては自信だということ。

俺は普段の生活の中で、会社の中での人間関係とか、
そういうものに随分と影響を受け、ストレスを受け、
随分と小さく縮こまっていたと思う。この数ヶ月は。
今思うと、随分と自信をなくしていたと思う。
または、以上にイライラし、いつもストレスフルに感じていた。いろんな事を。
それには、「日本なんだからもっとこうあるべきだろう」
「日本人なんだから、もっとこうあるべきだろう」
そういう、「●●なんだから〜」的な、固定観念が大きかったんだと思う。

でも、海外に行くと、
「ま、どうでアメリカだからしょうがないか」
「ブラジルはこんなものか」
「ドイツってこんなんなんだ」
的に、何か自分の気に入らないものがあったり、ひどいと思えるものがあっても、
「まあ、この国はこれが普通なのね」と構えられるところがあり、
結果、それが、「こんなもんでしょ」と全てを受け流せる心の広さにつながって行ったんだと思う。

それを要するに、日本でもすればいいだけの話。
俺は、日本人だから、そして日本という国にやけに期待感を持っているのか、
日本だからこそ、丁寧であって当たり前、
日本だからこそ、全て整っていて当たり前、
日本だからこそ、約束の時間5分前に集まっていて当たり前。
そんな固定観念が強かったと思う。
それが、全てに対してストレスフルに感じていた理由だと思う。

*****

そしてもう一つ。自信とは、
なくても、あるように演じることで、振舞うことで、
だんだんとそれが付いて来る、というもの。

俺は、留学時代、20代前半は、自分に自信があったと思う。
今は、最近は、身体も細くなったせいか、
髪の毛が薄くなってきたとか、いつもメガネをかけているせいで、自分の外見に自信がなくなったとか、
そんな理由で、勝手に、「自信」というものを、なくしていた。
むしろ、自信のない自分がコンフォートゾーンになっていたと思う。

だけど、出張に行き、ブラジルに行き、
治安もよくわからないところへ行き、
サヴァイヴしなきゃと意気込んで、
言葉も必死に使う中で、
そんな、自分の外見なんかはどうでも良くなり、
そのうち、そうやって必死に生きている自分自身に、自信を持ち出してくる。
または、海外でなめられないように、ハッタリでも、
自分に自信があるように胸を張る。

そうしていくうちに、まるで自分は本当に自信がある人間に思えてくる。

出張中に妻とも話していたが、
人間の脳は単純なもので、
「自分は自信がある」と自分の脳に錯覚させること。
自分はできるやヤツだと。

そうしていくうちに、脳は本当にそう思い出す。

それを、ただすればいいだけ。
日々の小さな人間関係なんかに、勝手にストレスを受け、自信をなくしているのは、
「お前の勝手だろ」という話。

*****

そんなことを、書いておきたかった。

日本で生活を続けるうちに、また、日々の小さなことで、
小さくまとまることのない様に。

2015/06/02 8:53




shunsukesekine at 08:54コメント(0)トラックバック(0) 
海外出張 | Thoughts-思ったこと
Archives
記事検索