February 2015

February 28, 2015

American_Sniper_poster

『アメリカン・スナイパー』
観てきました。
全米での全国公開は2015年1月16日。
日本は2015年2月21日公開。

*****

イーストウッド監督が、
一人の人間、一つの家族に焦点を絞り、
戦争というものを経験する彼らが、
どういう時間を過ごし、どう変化して行ったのか。

それを、丁寧に描いた作品です。

何が良いとか悪いとか、そういう意見は抜きに、
一つの事実を、一人の人間の心情や表情の変化を中心に描き出すことで、
この現代に起きている事が、一体どういうことなのか。
それを、考えさせられる事となります。

*****

約2時間の映画ですが、
集中して見すぎたせいか、
または、映画の中でも、息抜きができるシーンが一切ないためか、
非常に疲れました。

色々な思いがあり、そう簡単には感想を言えない映画です。

2015/2/28 23:18



PS.
しかし、演技としては、
主役のクリス・カイルを演じたブラッドリー・クーパーは
目の表情等を入れても、本当に自然で、上手い演技をしていたと思う。
段々と、人間としての心を麻痺させていく(または、本人の意思とは勝手に麻痺していった)様子が、
目の輝きが段々と無くなっていく様子、
心ここに在らずといった表情をよく描いています。

(ちなみに、彼は戦争に行きだしてから、アメリカに戻ってきても、ずっと不安定な様子でしたが、
最後の遠征で、2キロ近く先にいる相手側の狙撃手を殺してからは、
そこで自分の目的が達されたと感じたのか、
Mission Accomplishedとなり、そこで奥さんに電話をして、「もう帰る」と言います。
そのシーンで、やっと表情が人間ぽくなりましたが、
しかしやはり、米国に戻ってきた後も、
すぐに家には帰らず、バーで一人ビールを飲んでいるシーンがあり、
そこで、奥さんから電話がかかってきて、「いつ帰るの?」と聞かれ、
「実はもう米国内なんだ」と答えることで、
「どうやら一人になる時間が必要だったらしい」と言いながら、むせます。
そういった表情の演技がとても上手だった。)


また、奥さん役のタヤを演じたシエナ・ミラーは、
俺は今回の映画で初めて知りましたが、
妻は昔から好きだったみたいで、
彼女のファッションセンスが好きだったと言っていました。
とても素敵な女性だと思います。
jijijiji


shunsukesekine at 23:21コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review 
923


松岡修造の本です。

彼のことは、正直数年前まではバカにしていましたが(すみません)
最近はすごくハマっています。
むしろ、この人から最近は一番パワーをもらっている気がする。

この本の中に、
「良いところに目を向けて、自分を褒める」
という箇所があります。

彼は昔、ボレーがうまくなくて、よく失敗していたということ。
でも、失敗するたびに落ち込むのではなく、
ボレーを打つたびに、失敗してもいいから、
「ナイスプレー、修造!」とコートで一人で叫んでいたという。

それを聞いて観客は笑っていたそうですが、
それを続けるうちに、次第にボレーが決まるようになり、
最終的には5割以上が決まるようになったと。
そこまでくれば、上手いのレベルに達したことになります。

そんな風に彼は、
「人は、誰かから褒められると嬉しくてやる気が出るもの。
ならば、誰も褒めてくれないのならば
自分で自分を褒めてしまえばいい」と。

そうやって、声に出して、
ひたすらストイックにやる彼。

彼というのは、とても頭のいい人だと思います。
むしろ、バカ正直とかそういうひとではなく、
よく考えて、自分で納得した上で、
それを考えて実行している。
一見バカに見せているけれど、実はよく計算していて、
駆け引きの上手い人だと思います。

彼のすごいところは、とにかく、「まっすぐなところ」。
そして、「素直なところ」。

これを続けれられる人は、本当に真の強い、
よくできた人間だと思います。

*****

僕も、彼のそんなところを見習って生きていきたいと思います。

2015/2/28 1:06am




shunsukesekine at 01:06コメント(0)トラックバック(0) 
本 Review |  自己啓発

February 19, 2015

21:11-

今、ポルトガル語の帰り道。

今日はものすごく疲れてたけど、
レッスンに行ったら、やっぱり楽しかった。
まあ、最後の方は、脳みそも働かなくて、フラフラでしたけど。

今日でちなみに35回が終わった。
一回二時間の授業なので、合計70時間が終わったことになる。
2013/6から始めたものの、出張が入ると当分来れなくなったりするので、本来は週一で通い、50回で一年、100回通って二年間分終わるところを、
まだ35回なので、あと65回も残ってます。
今のペースで行くと、あと四年かかるわ。

・・・・・

それにしても、つい先月くらいまでは、中々ポルトガル語は面白いな、と思えなかったんだけど、
今では大分慣れてきて、分かるようになって来て、やっと楽しいと感じるようになって来た。

最初は、それこそちんぷんかんぷんで、何が何だか、さっぱり分からなかった。普段全く聞きなれない音ばかりだし。

でも今は分かるので、楽しいです。言語って、そんなもんだと思います。

・・・・・

ちなみに大学一年の時にスペイン語を一学期とったけど、
その時は、やっぱり全然慣れず、
授業が終わって、普通に英語で友達と会話すると、本当に英語が簡単に思えたのを思い出す。
もちろん当時は、留学して半年くらいだったし、英語もままならなかったんだけど、それでも、スペイン語に比べたら、本当に簡単に思えた。

そんなわけで、今もポルトガル語のレッスンが終わって、英語の音楽を聴くと、何だかすごく贅沢に感じる。ああ、沁みるぜ。という感じ。
分からない言語の世界から放たれた開放感というか。頭を使わなくて良いから。

留学時代も、そんなわけで、
たまに日本人と日本語で思いっきり話すと、すごくラクで開放感があるんだけど、同時に、「ああ、こんなにラクしてていいのかな」と感じる罪悪感もあったり。

・・・・・

そんな訳で、この歳になって、頭を極限まで使ってヘロヘロになる事はもう殆ど無くなってくるけど、
言語の勉強は、それを可能にさせてくれるので、中々やりがいがあって楽しい。

2015/2/19. 21:28

shunsukesekine at 21:43コメント(0)トラックバック(0) 
Thoughts-思ったこと 

February 18, 2015

23:32-

今帰り道。
今日は、本社のOさんと二人で飲みに行った。
彼がこっちに出張で来ているという事で、わざわざ俺の為に時間を作ってくださった。

彼とは、本社での研修時代に、色々とお世話になった。
岐阜から兵庫県の竹田城跡を見に、二人で車で二泊三日でドライブしたりもした。
歳は30くらい違うけど、俺の若いお父さんというか、兄貴というか、
どっちかというと気の合う兄貴分みたいな人です。

・・・・

久しぶりに二人っきりで色々と話ができて良かった。
研修時代は、良く会社の風呂場で、一緒に湯に浸かりながら、語ったものです。

今は、東京営業所という小さな空間で、10人ほどの人たちと一緒に毎日顔を合わせて仕事をするだけだから、中々息がつまる事もあるけれど、というか、息は詰まらないけど、結構マンネリ化して飽きるけど、
こうして、本社の人と久しぶりに会うと、ああ、俺ってこの何百人もいる会社の一部として東京で働いていた身分だったんだな、と気付く。

・・・・

彼も元気そうで良かったです。
普段は気づかない、毎日東京の同じオフィスに通っていただけでは気づかない、そういう事に気づけ、
こういう時、ああ、やっぱり人付き合いって大事だな、と思えます。

俺は研修時代、こういった、可愛がってくれるいい人たちに恵まれて、本当に幸せだったと思う。
そういう、素直な気持ちを、無くしちゃいけないなと、思う。

2015/2/18 23:42

shunsukesekine at 23:47コメント(0)トラックバック(0) 
My Work-仕事 

February 08, 2015

Annie2014Poster

『ANNIE/アニー』。
全米2014年12月19日、
日本2015年1月24日公開。

今日、妻と観てきました。

この映画は、妻は、彼女が小さな頃から舞台の「アニー」が好きだったようで、
小さい頃はオーディションに出たいとずっと思っていたそうです。
で、トイレの中で、「Tomorrow〜」っていつも歌っていたそうな。


(ちなみにこのシーンは可哀想で、妻は泣いてしまったそうです)


なので、この映画が公開される前から、
「観に行きたいなあ」と言っていました。

僕は興味がないので、「俺はじゃあ、その間にSin Cityを見てくるよ」なんて言っていましたが、
結局時間が合わず、俺はこの前Sin Cityを一人で観に行ったので、
この映画は見ずじまいに。

今日、朝起きて、
「じゃあ観に行こうか」となり、近所のイオンの映画館で、
12:15の回で観てきました。

*****

全然期待していなかったけど、
とてもよかった!!

最初の映画が始まるシーン。
この映画のテーマに合わせて、街の中のいろいろな音がリズムとなり
NYの街の様子がよく表されていますが、
それを見ながら、胸が高鳴りました。

映画は最後までテンポが良く、
はっきり言って一回も飽きませんでした。
「もういいかな〜」と思い出したら、ちょうどそこで映画が終わったので、
まさに、良い作りだったと思います。

*****

音楽もいいし、何しろ、映画のテンポがとてもよかったと思う。
映画の中で使われる音楽のリズムもよかったし、
それは、主役のアニー役も足長おじさん役のJamie Foxxも二人とも黒人だからなのか、
それとも、監督や編集の人たちがうまいのか、
とにかく、リズム感が抜群の映画でした。

それから、登場人物もみんなよかった。
Jamie Foxxのサポーター役のあの女性(Rose Byrne)は、
俺は個人的にとても好きだけれど、映画が終わって妻と話したら、
妻もとても好きらしい。
よくいろいろな映画で、主役は張れないけれど、助演としていい役をしている。
とても品があり、育ちの良さが雰囲気に現れています。
衣装もとてもオシャレだったし、コートなんかも上品でよかった。
妻は、「自分が結婚するとしたらこの女性がいい」なんて言っていました。

****

それと、主演のアニー役の子も、なかなかいい雰囲気を出していました。

この映画は、見ながら結構涙がじんわりするシーンがたくさんありました。
心にぐっと来る話です。

*****

今日はあと、音響のいい映画館で、大画面で見れたのもよかったと思う。
この映画は音楽が凝っているので、やっぱり音のいい映画館で観れると、
TVの小さな画面で見るよりも、何倍も違うと思う。

ぜひ、映画館で観て欲しい一作です。

2015/2/8 23:47




PS.
ちなみに、あの"It's the Hard Knock Life"って、
このアニーの曲だったんですね。
この曲は、いろんなところでよく聴くので、
今日映画で流れた時、「へえ、アニーの曲だったんだ!」とびっくりしました。



と思ってよく調べたら、
以前にJay Zがこの曲をベースに歌ってたんですね。
だから頭に残ってたのか。




shunsukesekine at 23:47コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review 

February 05, 2015

ArticleSharedImage-8609

サム・スミス。

彼の存在を知ったのは、去年の夏頃でしょうか。

MTVのヒットチャートを見ていて、彼の"Stay with Me" が一位になっていました。


髪型からして、金正日なんて勝手に呼んでいましたが、
妻は、真っ先に彼の良さに気付き、YouTubeでよく見ていました。

でも僕はやっぱり、「なんだ、ただの金正日じゃん」と言って内心バカにしていました。

しかし、ある日、
いつものように彼女がYouTubeで彼の曲を聴いていた時、
俺はたまたま横の部屋で寝ていて、
彼の声だけを聴いたとき、「なんて歌がうまいんだろう」と思いました。
それで、「これCD?」と聞くと、なんとライブ音源だと。

それで、これはすごいぜと、
そこから一気にハマってしまいました。

*****


この "I'm Not the Only One"と"Stay with Me" の映像は、
飽きるほど見ました。
よく声も出ているし、感情がこもっていて、CDよりも良いです。





ちなみにこのアルバム(日本版)は、先日2015/1/20に出たばかりです。
何度、既に出ているアメリカ版を買おうかと思いましたが、日本版はボーナストラックが何曲も入る予定ということから、結局何とか耐えて頑張りました。

そんな訳で、待ちに待ったアルバムはやはりとても良いです。
上の二曲以外にも、いい曲がたくさん入っています。


(ちなみに、このアルバムには"Latch"のアコースティックバージョンしかボーナストラックで入っていませんが、オリジナルの方はものすごくカッコイイです。)


*****

彼のライブは、2月に短いライブが一回、
その後は5月にまた来ますが、
どちらもチケットは完売で取れませんでした。すごく残念。

いつかはライブに行って、生の声を聴いてみたいです。

2015/2/5 22:51



shunsukesekine at 22:57コメント(0)トラックバック(0) 
音楽 Review 

February 02, 2015

_SL1400_

アリアナ・グランデ。
彼女の存在を知ったのは、昨年の夏ごろだったと思います。

妻が最初にハマり、良くYouTubeを見ていました。
俺は、特に気にもしていなく、
逆に、なんだまた新しいアイドルかい、とちょっとバカにしていました。

当時(多分8月頃)は、MTVのランキングで、このアルバムの"Problem"が一位をキープしていました。


マライアキャリーくらい歌が上手いと言われていたのも、
本当かい、と内心疑っていました。

でも、彼女のこのアルバムを妻が9月に買って、
そのあと、試しに聞き始めたのは11月頃でしょうか。
それから今は、気に入ってほぼ毎日の様に聞いて、2ヶ月が経ちます。

この子の良いところは、まず声が良いこと。

BGMとして聴いてもうるさくないし、
でも、本格的に聴いても、聴き応えのある声をしています。
(妻に言われて気づいたけど、倍音がとても綺麗。)

そして、歌が何と言っても上手い。

低音から高音まで、とにかく気持ちいいほど声が出ます。
そして、自らのハモりなんかも、何層にも凝っていて、音のハモりを聴くのが好きな自分にとっては、とても聞き応えがあります。

*****

あとは純粋に、キャラが面白いです。
すごい天然らしいですが、
オバマ夫妻にも、
"What's up Mr. and Mrs. Obama, how are ya?"
と何事もなく言えるところが、大物の器であることを物語っています。


*****

とにかく、これは良いアーティストです。
これから、新しく楽しみにするアーティストかが増えることは、何とも嬉しいことであります。
人生の中の大きな楽しみの一つだと思います。

2015/2/2 19:58


PS. どの曲もとてもいいけれど、
5曲目の"Break Free" (featuring Zedd)なんかはとても好き。

I only wanna die alive
Never by the hands of a broken heart
Don't wanna hear you lie tonight
Now that I've become who I really are

の、"〜lie tonight"
"〜who I really are"のハモりの部分なんかとてもカッコよくて好き。






shunsukesekine at 21:35コメント(0)トラックバック(0) 
音楽 Review 

February 01, 2015

FastandFurious6-teaserposter

邦題『ワイルド・スピード EURO MISSION』
全米2013年5月24日、
日本2013年7月6日公開。

前作の"Fast Five"を劇場で観て、「もう絶対次回作も劇場で」と決めていたのに、
なぜかこの映画が公開された頃は、連続で北米出張とインド出張が入って、
結局落ち着いた頃には、日本での公開は終わっていた。

そんなわけで、観ないままやく1年半が経ち、
先日DVDを借りてきました。

*****

なかなか面白かったです。
でも、前作の興奮には勝らなかったかな。

それよりも、次回作の"Furious 7"撮影中に、
ポールウォーカーさんが亡くなってしまったのは、
本当にショックな出来事でした。

次回作は、一時期は撮影も無期延長に入ったものの、
最終的には、彼の兄弟など、彼に体型が似ている人を雇い、
その人たちのアクションに加え、
顔と声はCGIで合成して、次回作は撮影したそうな。

どうなっているのか気になりますが、
とにかく、複雑な気持ちです。

Paul-Walker-in-Fast-and-Furious-6_2560x1600


*****

そして、個人的にはとても大好きなGal Gadotが、
映画の最後で死んでしまったのが何ともショックでした。

*****

次回作は2015年4月公開予定です。

2015.2.1 20:37-

shunsukesekine at 20:37コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review 
Archives
記事検索