March 2014

March 24, 2014

Frozen_(2013_film)_poster

観てきました。
邦題は『アナと雪の女王』。
全米2013年11月27日公開。
日本2014年3月14日公開。

*****

この映画は、2013年の11月頃にアメリカ出張をしている頃、
テレビでしきりに宣伝をしていました。
その時は、雪だるまのオラフのキャラがフォーカスされ、
鼻に人参を刺すシーンが良くやっていたので、
ただのサンクスギヴィングに合わせたコメディ映画かと思っていました。

ところが、意外とアメリカではヒットしたようで、
アカデミー賞でも受賞したりして、
日本では公開前から、「ディズニー史上最高の映画!!」的な感じで大体的に宣伝をしていました。

ということで、妻と一緒に、
大分期待して見に行きました。
(前売り券を色々な金券ショップに見に行きましたが、
通常はどこでも売っているはずなのに、
これに関しては、どこに行っても見事完売。
凄い人気です。)

******

さて、感想の程は。


確かに、映像は綺麗だし、
雪の女王ことエルサはめちゃくちゃ綺麗だし、
(自分の魔法で作り上げたドレスがよく似合う。
金髪の感じと、あのドレスの色と、バックグラウンドの雪の白色が、
見事にマッチしていた)
エルサが、戴冠式の後に、
つい魔法を使ってしまい、
そのまま雪山に一人逃げてきて、
そこで、”Let It Go”を歌いながら、
段々と自分の城を作り上げて行くシーンは、
流石に鳥肌が立つ程感動しました。


しかし、ストーリー展開が平坦というか、
あくまでもテーマが分かりにくい。

姉妹の愛情を描いた上に(つまりヒロインが2人)、
更にヒーローが2人(実際は1人は悪役)、
合計4人も出てくるので、今いち分かりにくい。

映画を見終わった後に残るのは、
Let it goの映像が凄かったな、
そしてエルサが綺麗だったな、
そういう事です。

*****

ディズニー映画というのは、通常は分かりやすく、
シンプルなテーマが一貫されています。
しかし今回の映画は、
最近の傾向に合わせたのか、
テンポも早く、笑いを狙ったギャグ満載で、
コメディ映画の傾向で売っているのかと思いきや、
実は、感動を狙っているという、
ちょっとどっち付かずの映画になっている気がします。

俺としては、”Tangled”(『塔の上のラプンツェル』)の方が、
まだ良かったな、と思います。

*****

今回の映画は、ディズニーとしても実験的な箇所も多くあったのかもしれませんが、
コメディっぽさと、感動的な映画っぽさ、
両方を欲張った為に、結局、どっちも得られなかった、
そんな感じでした。

*****

個人的には、この映画が始まる前に上映された、
『ミッキーのミニー救出大作戦』(原題:Get A Horse!)
の方が良かった。

Get_a_Horse!_poster


こっちは、映画は始まって最初の方はずっとモノトーンで、
「なんだ、なんでこんな古い映画を流すのかな」と思っていたら、
ミッキーたちがスクリーンに叩き付けられる描写が出てきて、
「あれ、こんな昔に、こんなカッコいい描写があったんだ」と感心していたら、
急にスクリーンのこっち側にミッキーが吹っ飛んで来て、
「Oh, my nachos!!」と叫ぶ観客がいて、
その映像が、凄く画期的でした。
2Dで観たのですが、
これは、3Dで見たら、きっと凄く感動したんだろうな。

*****

というわけで、映画自体はそんなに悪くはなかったし、
登場人物は(特にエルサ姉さんはとても綺麗で)魅力的で良かったのですが、
ちょっと、ストーリー決めの絵コンテの段階で、
もうちょっと話し合えたんじゃないかなと、
そこが惜しい映画でした。

2014/3/24 22:17


PS,それにしても、Let it goの歌を歌うシーンでの、
エルサが自分のドレスを変えて、
窓に向かって歩くシーンでは、
歩き方(というか腰の振り方)が色っぽくて、
見た時にかなりドキリとしました。
ヤバいっすね。

それと、このエルサ役の声優のイディナ・メンゼルは、
普段の声は良いのですが、
歌となると、自分の力量を出し過ぎで、
声を伸ばす時は、声が枯れるというか、気張った声になるので、
全然エルサに合っていなかった。
あの可愛い顔には、あのおばさんの声は合っていません。

(通常、ディズニー映画の主題歌は、
例えばアラジンにしても、映画の中で歌われる場合は、
声優は上手く歌う必要はなく、
可愛い声で、あくまでもキャラクターの性格を反映させて、
それ以上は、つまり声優の色は出さずに、歌えば良い。
なのに、イディナ・メンゼルは、
このLet it goのシーンでは、
自分の歌手としての声を出しすぎていた。
それが、折角感動するシーンなのに、
ふと、「おいおい、声が全然合ってねえぜ」と白けてしまう事になった。

最終的にエンドロールで、デミ・ロヴァート(あのX Factorのウザい太ったオバさん)が、これまた力んで歌うから、良いんですよ、という話。
そんな事を、見終わった後、彼女と話していた。


オリジナル版


日本語版


*****

というわけで、決して映画として悪い訳ではないのですが、
残念な箇所が結構ありました。
もしくは、期待せずにただ見に行けばよかったのに、
日本のマスコミが、余りにも「ディズニー史上最高作!!」と騒ぎすぎたのかもしれない。


ファンの皆さん、ごめんなさい。

*****

ちなみに、何よりも面白かったのは、
アカデミー賞授与式で、
あのジョントラボルタが、
イディナ・メンゼルの名前を紹介する前に、
"the wicked talented,
one and only〜"
みたいに散々前置きを必要以上にした後、
本人の名前を間違えたという。

あれはやっちゃったねと、
妻と一緒に何回も話題にしていました。

(この様子は、妻が先に授与式の映像をYoutubeで見て、
「あれ?私の聞き取りが間違ってたのかな?」と気になって調べたら、
結局はジョントラボルタがf%&d upしたということが判明。

"Wicked"とかの言い回しに気を取られ過ぎです、
トラボルタさん。














shunsukesekine at 22:24コメント(11)トラックバック(0) 
映画 Review 

March 23, 2014

The_Secret_Life_of_Walter_Mitty_poster

邦題は『LIFE!』
全米2013年12月25日公開。
日本2014年03月19日公開。
今日観てきました。

良かった!!めちゃくちゃ良かった!!
船場のららぽーとで見ましたが、僕も妻もとても感動して、
「本当によかったね」と見終わった後もずっとこの映画の話をしていました。

この映画の予告編を見た時から、彼女はずっと見たかったそうです。
妻は、映画に対する嗅覚は凄まじく、
基本的にどの映画が面白くてどれがつまらないか、
予告を見ただけで大体言い当ててしまいます。
(そしてそれが見事に当たる)

なので、彼女は大体の映画は、
「これは見たく無いね」
「これは見たいけどDVDが出てからで良いかな」
のどちらかで終わります。

よって、
「この映画は劇場で観たいね」
と彼女が言う映画は、ほぼ無いのですが、
そんな中でも、今回のこの映画は、
最後の3択目の選択肢だったとのこと。

そして、今日劇場で実際に見てみて、
彼女も大満足だったようです。

*****

本当に良い映画でした。
映像がとにかく綺麗で、フレームワーク、カメラワーク、
画面の構成、流れ、色合い、
全てが、アートとして素晴らしかった。
芸術作品でした。
ベンスティラーが監督だったというのは、
見終わった後に気づいたのですが、
彼は凄い才能を持っていたんですね。
彼はコメディアンとして結構俺は好きですが、
今回の彼のこの映画を見て、彼の事がますます好きになりました。

(妻は彼の事を昔からずっと好きだったらしい。彼は以前に一度自殺未遂をしたりして、ここ数年で白髪も増えて一気に老け込んでしまいましたが、またこういう作品で素晴らしい仕事をしているのを見ると嬉しくなります。)

*****

彼が映画の最初のシーンで、
電車を待ちながら、火事のビルに飛び込んで行くシーンや、
嫌な新しい上司とエレベーターの中からビルの外に出て、
そこで格闘するシーンや(スパイダーマンの映像顔負け)、
その他、色々と妄想シーンが最初はかなり出てきますが、
それらのシーンも、CGとは気づかれない程良く映像が出来ていて、とても良かった。

TF766


そして、実際に彼が妄想ではなく、リアルの人生に面と向き合い、
そこで、アイスランドなどで、スケボーに乗って道路を駆け下りて行くシーンや、
それらの映像が、本当に素晴らしかった。
スケボーのシーンでは、その爽快感に、
感動して、涙が出そうになった。

Secret-Life-of-Wal_2773701b


また、アートとしての話に戻るけど、
最初の、出演者や提携会社の紹介の部分は、
町の景色に文字がブレンドされていて、お洒落だったし、
全てのフレームが、真正面や真上から、
その対象物を真っ直ぐに捉えていて、
その作りが、とてもお洒落で凝っていた。

全ての映像の色合いも良かったし、
光の加減など、本当によく出来ていました。
とても良い作りと、いい雰囲気を持った映画でした。
見ながら、「これは面白いな」と何回も思った。
あんまりこういう映画は無いです。

*****

以上、とても良い作品でした。
RottenTomatosでは結構評価が低いけど、
妻とその点に関しては、「アメリカ人は、こういう映画を評価するセンスがないんじゃないの」と話していました。

ぜひオススメです。

2014/3/23 23:06


追記:
この映画のテーマでもあり、
かつ、「LIFE」紙のテーマでもある、
「外に出て、中を見よ」ということ。

主役のベンスティラーは、
それまで妄想の中では冒険をしていた人生から、
実際に生身を投じて、実際の「人生=ライフ」を生きる事をしてみて、
いかに、それがリアルなものかを感じるわけですが、
そんな彼も、ライフ紙にずっと写真を提供してきた写真家のショーンペンと出会ったとき、
ヒマラヤの山頂で、彼は、長い時間をかけて待っていた虎の姿をカメラのレンズの中に捉えるも、
結局写真を撮らずに、その瞬間を、自らの目で味わう事で、
シャッターチャンスを敢えて逃します。

「いつ写真を撮るんだ?」と聞くベンスティラーに対して、
ショーンペンは、
「本当に、俺自身が素晴らしい、味わいたいと思う瞬間に関しては、
カメラのレンズにその瞬間を邪魔されたくない。
だから、俺は、自ら、その瞬間を味わうんだ」と。


今、この瞬間を味わう。
しっかりと、その瞬間を、
自らの体で、味わう。

それこそが、人生の本当の生き方じゃないか、と。


この映画は、そんなことも教えてくれます。




予告



6分の予告編



Jack Johnson - Escape (The Pina Colada song)


shunsukesekine at 23:07コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review 

March 16, 2014

main

2012年5月5日公開。
先日TVでやっていたのを観ました。

原作は2010年の終わりくらいに前の会社の上司に借りて、
弟の日々人が月で事故にあった後、
アニキの六太の判断で、無人の酸素ボンベを載せた車を走らせておいたら、
そこにちょうど日々人が上がってきて助かった、
というところまで読んだと思います。

ものすごく面白い作品だなあというのが感想で、
ここにも書こうと思っていたけど、なぜか機会を逃して書かなかった。

その後、アニメにもなり、映画にもなりました。
これはその映画バージョン。

*****

先入観を捨ててみましたが、とてもよく出来ていたと思います。
見ている最中に何回も感動して、涙が出そうになった。
最後、日々人が月のクレーターに落ちて、
ほぼ諦めかけたとき、
兄貴の六太が、試験を終えて、
その後すぐに外に出て、
月に向かって走って行くけれど、
月に近づくどころか、逆に月は遠ざかって行く。
そんな自分に無力感を覚え、
「ダメだこんなんじゃ。これじゃ助けられねえよ。
死ぬなーー!!」と叫ぶと、
それまで真っ暗だった月の表面で意識を失っていた日々人の体が、
青く照らされます。
何かと思って、体を反対側に向けると、
なんと、青く輝く地球が、すぐ目の前に。

それを見て、日々人は、
「ここで死んでられねえ」と思い直し、
再度起き上がり、一緒に事故にあったダミアンを抱えて、
上まで上がって行く。

とても感動しました。

*****

原作のファンからすると、「六太の魅力が描き切れてない」とか、
「日々人が事故にあってから、助かるまでの描写が少なすぎる」とか、
「その後、六太が宇宙飛行士になるまでの描写がない」とか、
色々と文句もあるようですが、
それでも、うまく纏めていたと思います。

主演の小栗旬も、岡田将生も、良く演じていたと思います。

*****

とても感動しました。
良い映画でした。


2014/3/16 19:12




shunsukesekine at 19:12コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review 

March 15, 2014

The_Eminem_Show

このアルバムを最近またよく聞いている。

2002年5月28日に発売され、
自分が留学した一年目(2002年の夏から)は、
アメリカで凄く流行っていて、至る所でこのアルバムが流れていた。
(同じ寮に住む黒人や白人の部屋からは、このアルバムか、
50 centの"Get Rich or Die Tryin'"が流れていた。)

俺自身は2002年は余り聞こうと思わなかったが、
2003年の夏に日本に一時帰国した時にレンタルで借りて、
そこから一気にハマった。
当時空港でバイトをしながら、休み時間にはこのアルバムの曲と歌詞カード(英文とその和訳)を交互に見ながら、何回も聞いて歌詞を覚えていた。

当時は留学一年目が終わり、リスニング力も結構付いていた頃だったので、
このアルバムを聴くことは、そのリスニング力を試すような感じもあり、
凄く英語の勉強にもなった。
高校時代に通っていた英語塾に少し顔を出した際に、
これから留学をする予定の高校生の子たちに向かって、
「リスニング力を付けたかったら、エミネムを聞いた方がいいよ!」と大きな声で語っていたのを覚えている。

*****

そんなエミネムさんですが、
このアルバムはよく出来ていると思う。
Openingの"White America" から始まり、
ノリの良い名曲が多いと思う。
(ここ最近は、"White America" にはまって何回も聴いている)

後は、すごくヒットした"Without Me" もいいけれど、
個人的には"Superman"なんかかなり好きです。
"Business" なんかは当時は嫌いだったけれど、
最近聴くと凄く良い。
"Square Dance" も当時は嫌だったけれど、今は良いと思います。


ちなみに先日北米出張から帰ってくる際に、
飛行機の中でかなり時間を持て余していて、
着陸まで残り1時間半という時に、
映画をこれから見ても見終わらないし、どうしようとANAのスカイチャンネルをサーチしていたら、
『ANA presents 小林克也のベストヒットUSAなんちゃらかんちゃら』という番組があって、
それを見ていたら、
音楽の歴史に影響を与えたアーティストが取り上げられていて、
一番最初はボブディランから始まり、
ボブマーリー、
ドゥービー・ブラザーズ、
TOTO、
フィルコリンズなど、かなり古いものばかりやっていたので、
なんだ、随分古い番組だな、と思っていたら、
実はそれは、毎月収録される番組らしく、(ということで、それは2014年2月号だった)
その月の最新ヒットチャートを見て行くと、
20位の中に、Katy PerryやLady Gagaが入る中で、
1位は偶然にもエミネムとリアーナの”Monster”だった。

そこで小林克也は、
「皆さん印象とは違うと思われるかもしれませんが、
エミネムという人は、実はとても勤勉家で、
常に勉強をして、語彙力を磨いたり、
又は、新しい単語を作り出して、そこに意味を載っけてしまうなど、
とても努力家な人なんです。
彼は1990年代後半に出てきた訳ですが、
今でもLady Gagaなどの新しめのアーチストを差し置いて、
1位に輝くという功績を残している、大変素晴らしい人です」と褒めまくっていた。
確かに、エミネムはとても才能があるし、凄く頭も良いと思う。

*****

そんなエミネムさん。

彼の発音はとても聴きやすいので大好きですが、
彼の書く詩も、非常にうまく韻を踏んでいて、
聴いていて全然飽きません。

カラオケでたまに"Without Me" をやると、
途中で舌が回らずに自爆するのですが、
それでも、やっぱりまたやりたくなってしまいます。

(下の箇所でいつも口が回らなくなる。
a little bit of weed mixed with some hard liquor
some vodka that'll jumpstart my heart quicker than a
shock when I get shocked at the hospital by the doctor when I'm not cooperating)

今度機会があったら、ぜひ"White America" をやってみたいと思います。
最近は仕事中にも、"White America"の歌詞を頭の中でずっと歌っています。
それほど耳に残ります。

2014/3/16 0:32



追記:
ちなみに、上に挙げた小林克也さんの英語の発音には度肝を抜かれました。
彼は、『帰国子女でもなく留学経験もなければ、ハーフでもない純粋な日本人である。帰国子女として英語を身につけたのでなく、FEN聞き取りを通じた習得方法により国外滞在経験を持たないまま高い英語力や発音を身につけた。』(Wikipediaより抜粋
という事で、完全に努力の人ですが、その発音の素晴らしさ(多分ネイティブよりも丁寧でうまい)にとにかく感動しました。


shunsukesekine at 23:55コメント(0)トラックバック(0) 
音楽 Review |  Eminem
4022140259

この作品を初め読んだのは2003年の夏。
留学して一年が終わり、日本に夏帰ってきて、
成田空港でバイトをしている頃に、
合間を見つけて読んでいた。
その頃は、手塚治虫の『ブッダ』にもハマって読んでいた。

『火の鳥』は全部で数編あるが、
全てを読んだわけではない。
その夏には、近所の図書館に置いてあった『異形編』だけを読んだと思う。

ただ、その話の内容が余りにも印象的で、
一度しか読んでいなかったにも関わらず、
ものすごく記憶に残っていた。
そして、時々その話の内容を思い出しては、
もう一度読み返したいなあと思っていた。

*****

先週末、久々に実家に帰り、
図書館へ行った際に、2009年頃に新しく発行された
新バージョンのものが置いてあり(サイズは大きくなり、恐らくオリジナルが雑誌で出版された頃と同じ様なサイズ、かつカラーページはカラーで再現されている)、
その中に『異形編』があったので、借りてきて読んだ。
他にも、『生命編』『乱世編』も読んだ。

*****

『異形編』は、今回読んでもやっぱり魅力的で不思議な話だった。
この作品全部を読んだ訳ではないので分からないが、
手塚治虫というのは、感覚の世界というか、
ちょっと恐い様な、心に残る様な、
はっきり言って、スッキリと楽しめる作品ではないけれど、
ずっと、心の憶測に深く記憶として残る様な、
そんな作品を描く。

『ブラックジャック』なんかでも、
子供の頃に見た恐い夢の様な、
そんな話が沢山ある。
(ブラックジャックは、小学校の頃に仲のよかった近所の友達が持っていたので、良く彼の家で読ませてもらった記憶がある。)

*****

俺は、小さい頃は、ドラえもんやアサリちゃんなどが家にあって読んだいたけれど、
そして、小学校に入ると、今度はドラゴンボールやアラレちゃんなど、
主に藤子不二雄や鳥山明、後は少年ジャンプに連載されていた漫画家のものは良く読んでいたけれど、
手塚治虫の本は家族に馴染みが無かったせいか、読む事が殆どなかった。
でも、大人になって読んでみると、凄く深いテーマを描いていて、
正直、彼の作品は全部若い頃に読んでおきたかった、と思う様な内容が多い。

自分が物心付く前には彼は亡くなっていて、
同時に、彼の作品は余りにも有名なので、逆に読もうという気が子供の頃は起きなかったけれど、機会を見つけて、いつか彼の作品を全部読んでみたいと思う。

そんな、素晴らしい作家だと思います。

2014/3/15 23:40




shunsukesekine at 23:41コメント(0)トラックバック(0) 
本 Review |  思想・哲学・心理学

March 13, 2014

Delivery_Man_Poster

November 22, 2013 全米公開。
先日観ました。

Vince Vaughn主演。
彼は、最もコストパフォーマンスが高い俳優などに選ばれているようですね。
俺はとても好きです。

この映画には、Saturday Night Liveに出ているBobby Moynihanも出ていた。
中々面白い映画でした。

二十歳の頃、精子バンクに800回以上精子を提供した結果、
自分の遺伝子を持つ子供が533人いる事が分かり、
その内130人以上が、自分のアイデンティティを知りたい、実の父親を知りたいと申し出ているのに対して、どうするか、という話。

Vince Vaughnが、不器用ではあるが、しかし、
愛情を持つ人間をよく演じていました。

*****

ちょっと感動を狙った作りだな、という感じは否めませんが
(彼はコメディ主演が基本なので、彼が出て、かつ普通に感動もの、と言うと、
ちょっとCheezyになってしまう傾向がある)
それでも、良い映画だったと思います。

2014/3/13 22:08




shunsukesekine at 22:09コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review 

March 08, 2014

poster


先日2/15に見ました。

*****

妻は主演の竹野内豊さんの大ファンです。
なので、この映画を見に行く事を、
この映画を知った頃から、ずっと楽しみにしていました。
予告編を見ては、「もうとろけそう」といつも言っていました。

*****

映画自体は、中々不思議な話でした。
ただの恋愛ものかと思いきや、
話の最初で、いきなり竹野内豊さんは死んでしまって、
彼のお葬式で、もう一人の主人公の女の子が、
彼と関わりのあった一人の女性から、
ニシノさん(竹野内豊)の女性関係の話を聞く、
というストーリー展開でした。

*****

この監督はなかなか拘りが強いらしく、
かなりの長回しのカメラワークが多く見られます。
一番最後、自分を置いて出て行った母親と、
ニシノさんを通して、語り合う事で、
自分に対する愛情を知った彼女は、涙を流すわけですが、
そのシーンなどは、
今若いその女の子の顔をドアップ(これでもかというくらい)で映し出す事で、
(しかも長時間)、
きっと、映画としてもインパクトは強いですが、
それ以上に、この子の大事な人生のポートレイトになるんだろうな、
というのを、そのシーンを見ながら感じていました。


つまり、そうやって吉と出ることもありますが、
一方、ニシノさんのお葬式のところで、
どこかの高校のブラスバンドらしき人たちが、へたくそな音合わせをした後、
音楽とも似つかない不気味な曲をずっと演奏しつづけるところもありますが、
そのシーンなどは、妻は見るに耐えられなかったそうです。
(俺は、ただ笑いを誘っているのかと思いましたが)

そんな風に、「あのシーンは何だったんだろう」みたいに、
観客に不快な思いをさせることがあるのは、
やはり、作り手の自己満足だと思います。

この映画は、「エンターテイメント」ではなく、
「アート」作品です。
そして、そのアート作品は、
主演の竹野内さんやその他の女性が見た目がいいから見られるものの、
そうでなかったら、多くの人が見ない作品となるでしょう。
本当に好きな人しか好かない、みたいな。

*****

別に、ハリウッド的な、
または、メインストリーム的な、大衆ウケする作品を作れと言っているわけではありませんが(そういう作品は、より多くの人間に好かれようとするため、概して安っぽい作品となることが多い)、
だからと言って、完全に作り手の自己満足の世界を抜け出さないのも、
1800円というお金を払って見に来る観客にとって、失礼だと思います。

*****

監督の作品手腕はもとより、
竹野内さんはカッコ良かったです。
しかし、俺は昔から、彼に少しだけ似ていると言われることがありますが、
なぜ彼が、そんなに多くの女性から絶対的にモテるのか(それはリアルライフで)、
不思議に思う事が多くありました。
でも、最近は、彼の落ち着きというか、
中々他の男性が持たない、男の落ち着いた魅力というものを、何となく分かります。

願わくば、自分もそういう男性になりたいものです。

以上、とりとめの無い日記。


2014/3/8 10:21



追記:
と、ボロクソ言いましたが、
本田翼が可愛かった。
この映画の中でのキャラは好きませんが、
とてもいいですね。

下のキッチンのシーンなどのカメラワークは、とても良いなと思った。
005


それと、下は完成披露宴の写真ですが、
彼女が一番かわいいですね。
94129





shunsukesekine at 10:22コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review 
Archives
記事検索