January 2014

January 30, 2014

img_1278820_38238517_0

半沢直樹の最新作単行本。
2012/6/29初版発行。

*****

昨年の夏、「やられたらやり返す。倍返しだ!!」のセリフに誰もがハマったであろうドラマの続きとなる話です。

東京セントラル証券に出向させられた半沢は、
そこで、IT企業の電脳雑伎集団、及び、
そこが買収を仕掛けようとする東京スパイラル、
そして、半沢のいる会社の親会社、東京中央銀行の人間たちと、
バトルを繰り広げる・・・ というのがあらすじ。

*****

結構期待して読み始めましたが、
正直言って、余り面白く無かった。

半沢の出番が、本の後半まで余り無いことと、
登場人物が多すぎて、誰が誰だったか覚えられず、
人物相関図を何度も見返す事になってしまった。
(行きと帰りの電車の中で10分ずつくらい読んでいたので、いつも話が途切れてしまったせいもあるかもしれない。
いや、俺の記憶力が悪いだけか)

それから、半沢が最後に、東京中央銀行の頭取を交えての会議の場に入り込んで行き、
そこで全員を前に打ち負かすシーンは流石に興奮したが、
そこで半沢が明かす事実も、実際には、
自分の部下であり、且つ、東京スパイラルの社長である瀬名と小学校時代の親友だった森山が、勘のいい男で、彼が色々な事を見破れたからこそ、その真相に気づけた、というところも大きい。

よって、半沢個人の力でその真実を見破ったというよりは、サポーターの力が大きいので、
半沢が最後に会議の場で、自分の敵を打ち負かしても、余り面白みが無い。

*****

それと、文体が個人的に好かない。
淡々と書かれていて、この手の小説を読み慣れている人はきっと好きなのかもしれないが、
自分は、どうも馴染めなかった。

また、登場人物の人間描写が余り深く無い。
あくまでもリアルさを追求する為に、逆に、小説としての脚色が少なく、
一人一人の人間像が、そこまで見えて来ない。
だからこそ、登場人物の事を、最初は覚えにくかったのかもしれない。

*****

どちらにしても、この小説に対する高評価が多い中で、
個人としては、余り面白いと思えなかった。

ただし、この小説の中で、
「人間、働く場所の大きさやブランドなどは関係なく、
どこに行っても輝ける人間こそが、本物なんだ」
というくだりがあるが、それには同感する。

俺も、数年前までは、働く会社の大きさやブランド、給料、見栄、
そういったものに拘っていたが、
結局は、今自分がやっている仕事を自分がどれだけ好きになり、
それを極められるか。
それが一番大事であり、そこを芯に毎日を過ごせば、
仕事はどんどん楽しくなって行く事。

そこは、非常に共感する。

*****

きっと、自分の様に、
登場人物を一回できちんと覚えられない人よりも、
スラスラッとこの世界に入って行ける人の方が多いだろうが、
そういう人ならば、きっとこの小説も、楽しんでサラッと読めてしまうと思う。
文字自体は大きく、話もそんなに長く無いので。

ちなみに、「半沢直樹」の続編は、
またテレビドラマ化されるか、
または、テレビよりも収入の多くなる劇場版にするかで今は話し合われているらしいが、
どちらでも良いから、ぜひ続編を作って欲しい。

結局は、テレビのインパクトが大きすぎたんだろうな、と思う。

2014/1/30 22:13


追記:
それにしても、登場人物の中には、
腐った奴らばかりで、
こんな奴らばかりがいる企業が実際に日本には沢山あるとしたら、
そりゃ相当まずいな、と思う。

考える事は、自分の出世と、保身。
同じ会社の上司や先輩、後輩と意見が食い違う場合には対立し、
自らの保守の為だけに会社に通う。

そういう事には自分は全く興味がありませんが、
そんな風にだけは絶対にならない様にしましょう。

*****

そして、最近実際にやってみて痛感しましたが、
半沢直樹の様に、曲がった奴らには正面からガンガン歯向かい、
「やられたらやり返す。倍返しだ!!」的な生き方を実際に会社でしてみると、
一瞬相手を打ち負かしてスカッとはするけれど、
ハッキリ言って、かなり疲れるし、
色々と敵を作ります。(当たり前だ)




shunsukesekine at 22:16コメント(0)トラックバック(0) 
本 Review |  文学・評論

January 26, 2014

HungerGamesPoster

観ました。
2012年3月23日全米公開。

*****

レニークラヴィッツが出ていたので、
公開当時から気になっていた。

そして、ただの小さなマニアックな作品かと思っていたら、
2作目も公開され、かなりヒットしているので、
そういうのもあって、期待して観たが、
個人的には全然面白く無かった。

*****

この映画がなぜそんなに流行ったのか、
なぜ、そんなに好評価なのか、
よく分かりません。

もしかしたら2作目は面白いのかもしれません。

ちなみに、レニークラヴィッツはただの脇役かと思いきや、
結構登場していました。
金色のアイシャドウをしながら。

movies-the-hunger-games-catching-fire-lenny-kravitz


彼も最近は、随分と映画に出ていますね。

彼のニューアルバムは、今年の春に出る予定なので、
とても楽しみです。

2012年4月の東京でのライブの際には、
「俺は今から一年半以内に、また必ず帰って来る。約束するよ」
と言っていたのに、来ませんでしたが、
きっと、映画の撮影に、アルバムのレコーディングに、
忙しいのでしょう。

彼のライブにまた行ける日を、
首を長くして待っております。

2014/1/26 20:15






shunsukesekine at 20:11コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review |  Lenny Kravitz
Before_Midnight_poster

先週末見てきました。
日本では劇場公開している映画館が少なく、
東京でも数少ない公開場所の一つ、有楽町で見ました。

*****

前作から9年後、
1作目から18年後の設定です。

2人は結局あの後、結婚をする前に子供ができてしまって、
結婚をする事になり、
今では、イーサンホークは、元妻との間にできた男の子を可愛がるも、
彼とは中々会えず、
今回も、自分たちがバカンスに来ていたギリシャへ彼を呼んで、
彼と数週間を過ごした後、彼をギリシャの空港で送り出すところから話が始まります。
イーサンホークの、息子を見送った後の、
悲しそうな顔から。

*****

自分たちの娘ふたりを後部座席に乗せ、
今泊まっている家まで、車を運転して帰る2人。
その車中の話で、彼らがこの9年間、
どのような人生を歩んで来たかが分かります。

*****

今回の映画は、
1作目の、まだ22、23歳くらいの若者がする「恋」、
または、
2作目で、その恋が実らず、
お互いに今の恋愛と生活に満足しておらず、
そんな中、2人が出会って、お互いに、
「そうならなかった」過去を悔やみ、
しかし、そこから先を予想させる展開とも違い、

今では42歳程になった中年の2人が、
どのような心情で毎日を過ごしているのかが明確に描き出される、
よりリアルな、現実、という感じの映画でした。

(俺も、あと12年もすれば、上に書いたのと同じ年齢になると思うと、
人生って本当に短いと思う。)

*****

2人の会話は、相変らずほぼアドリブで、
まるで本当の夫婦の様に進んで行きます。
途中では妻役のジュリーデルピーが大胆なシーンをやるなどして、
ちょっとビックリしたりもしましたが、
そういうシーンもあり、より、現実味が増します。

*****

最後、イーサンホークが、
完全に喧嘩をして仲の悪くなった奥さんに対して、
82歳くらいの奥さんが、今の自分へ宛てた手紙を持ち、
イーサンホークは、タイムマシンに乗ってやってきた、というシーンは、
とても良いな、と思いました。

*****

ぜひ、3作連続で観ると、
その世界観と流れがよく分かり、お勧めです。

中々特別な作品だと思います。

2014/1/26 19:55


PS.
最初の空港のシーンとか、
車に乗って、空港から家まで帰るシーンとか
(車から見える、舗装されていない、土がむき出した一本道とか)、
男たちが、イーサンホークの次の小説のアイディアについて語るシーンでの、
そこから見える景色とか、
最後に、イーサンホークと奥さんが、お互いに仲直りするカフェの光景とか、

全て、去年の9月に行ったギリシャを思い出した。


あの感じ、懐かしいなあ、と。







shunsukesekine at 20:01コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review 
images

オリジナルは2001年5月発刊。

前回読んだのは2003年の夏で、留学一年目が終わって日本に夏だけ帰ってきて、
空港でバイトをしている時に読んだ記憶がある。

この小説のストーリーは完全に忘れていたが、
首相のバカな発言や、一番最後で日本の政治家たちがどじょうすくいを国民の前でやるシーンは、鮮明に覚えていた。
いかに、著者が日本の政治家をバカにしているかが見て取れる。

*****

小説としてはテンポが余り良く無く、彼の他の作品に比べると面白いと思えない。
ここ半年くらいは彼の作品をずっと読んで来たが、
初めて、ページが中々進まなかった。

2014/1/26 19:41




shunsukesekine at 19:42コメント(0)トラックバック(0) 
 落合信彦 | 本 Review

January 13, 2014

Before_Sunset_poster

一つ前の”Before Sunrise”の続編。

今回は、9年前にウィーンで出会った2人が、
その後6ヶ月後に、約束をした場所でもう一度会えたのか。
それが最初に解かれる状態で、物語が始まります。

結局、2人は9年前には会えず(ジュリー・デルピーが、その約束の当日にお婆ちゃんが亡くなったとの理由で来れなかった。イーサンホークはウィーンまで来て、彼女を待っていた)、それから9年経ち、あの一夜の事を小説として書いたイーサンホークは、世界中の本屋を回りサイン会を行う中で、パリの本屋にジュリー・デルピーが来て、そこで、飛行機が出るまでのほんの数時間、一緒に過ごす、というものです。

結局、イーサンホークは彼女の事を忘れられず、
結婚をした妻との式会場に向かう間も、
NYのパン屋に入って行く女性を、「彼女かもしれない」と思い、「いや、彼女がこんなところにいる訳が無い」とその考えを打ち消していたものの、
実は、彼女はその頃、NYUに通っており、そのパン屋の近くに住んでいた、ということが分かる。

彼は、男の子を今では持ち、妻もいるが、妻とは気が合わず、
夢の中で、彼女が列車に乗り、自分の前を何度も何度も過ぎ去って行く夢などを見るという。
そして、目覚めると自分は汗びっしょりで、すすり泣いている。
しかし、その横で寝る妻を見ても、彼女との距離は数百万マイルに感じるという。
でも、結局彼女は、あの日にウィーンに現れなかったのだから、
俺はふられたんだと、そんな思いをかき消す日々。

そんな思いを話す中で、実は彼女の方も、
彼の事を忘れておらず、彼女が作った歌を聞く中で、
彼女も、彼の事を真実の愛と思っていたことが分かる。

そんな、切ない物語です。

*****

最後は、どう終わるのか分からない形で終わります。

結局この後、今週末公開の第3作目を見る限りは、2人は結婚したことが分かりますが、
この時には、どうなったのか分からないまま、観客に想像をさせる形で映画は終わります。

この映画の終わり方は、「心に残る映画の終わり方」のランキング10位に入るとか。

約70分と短いですが、とても良い作品です。
3作目が楽しみです。

2014/1/13 20:38




shunsukesekine at 20:39コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review 
Before_Sunrise_poster

観ました。
妻のお気に入りの映画です。
今週末には、続編であり3作目の”Before Midnight”を見に行く予定なので、
その予習として、この1作目と、次の”Before Sunset”を見ます。

*****

とても良い映画でした。
主演の2人がロングテイクによる1カットのシーンで、
ずーっと話し続ける、というシーンが多いのですが、
とても自然で、しかも、中々面白い会話が続くので、
見ていて惹き込まれます。

かつ、ウィーンの町中を実際に歩きながら撮影されている様なので、
本当に見ている自分も旅をしている最中の様な感覚に陥り、
そんな意味でも楽しいです。

*****

この後、果たして6ヶ月後に同じ場所で2人は出会ったのか、気になります。
気になる続きは、2作目の”Before Sunset”にて。

2014/1/13 14:46


追記:

この映画の最後の方で、
2人が夜中に町中の通りのベンチに座って、話すところで、
イーサンホークが、
「”良い旦那、良い父親”という像は良いかもしれないけれど、
やっぱり一人の男として、死ぬ前に何を思っていたいかと考えると、
それよりも、
何か一つの事に秀でた状態で、キャリアを極めた状態で死んで行きたい、
そう思える」というシーンがあります。

それに対してジュリー・デルピーは、
「でも、私の知り合いで50代の男性で、彼はキャリアでは成功しているけれど、
結婚もしていなく、彼は孤独よ」と言います。

この台詞を聞いて、もしも自分がこのイーサンホークと同じ23歳くらいの年齢だったら、
きっと、彼と同じ事を言っていただろうなと思いました。
でも、この続編で、実際に彼は、本を出版して、キャリア的には成功しているものの、
結局結婚した妻ともうまく行っておらず、ジュリー・デルピーのことを考えて、
彼女の事を夢に見て涙を流す日々を送っているわけです。


男というのは、「良い旦那、良い父親」として、一つの家族を作り、
そこで幸せな人生を送りたい、と思うよりは、
自分にしかできない仕事をして、その中で自分を高めたい、
という思いの方が、若い頃程特に大きいと思います。
しかし、それ(キャリア)だけ極めていても、
結局、愛する家族がいなかったら、
結局は、幸せになれない。

そんな事を、この映画では、
テーマの一つとして、描いているのだと思います。






shunsukesekine at 14:47コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review 

January 11, 2014

_SX230_

読みました。
オリジナルは1996年初版発行。

*****

かなり面白かった。
分厚い本だけど、あっという間に読み終わりました。

舞台は、1980年代後半。
天安門事件とベルリンの壁崩壊が起こる前。
中国とソ連という二つの共産主義=アメリカにとっての悪をこの世界から亡くす為に、CIAが仕組んだプロジェクトを決行する男と、
それに対して歯止めをかける日本人主人公の闘い。

落合の作品は、水戸黄門の様で、
毎回展開は同じものの、決して裏切らないハードボイルドさとグローバル感があります。

今回も、主人公の富島新五と、敵対するアントニオ・ガルシアーノ(父親日本人、母親グアテマラ人のハーフ)は、実は父親が同じだったという展開。

富島は高校を主席で卒業後、「大学は時間のムダ」との理由から、ホテルで4年間働く間に、独学で英語、中国語、スペイン語をマスター。それと同時に経済や歴史、世界中の文学からスピノザ、デカルトなどの哲学までをもマスターする。
言語に至っては、ホテルのバーでバーテンダーをやりながら、そこに客として来る人間と話す中で、世界各国の英語の訛りから、ブリティッシュイングリッシュ、アメリカ南部の訛りなどもマスターするという凄さ。

その後彼は、1年間フランスの外国人部隊で体を鍛えた後、更に2年程世界をバックパックで周り、ビジネスのチャンスを得る。
そして25歳で日本に帰ってきた後は、父親の友人の助けもあり、銀行に1500万の融資を出してもらい、商社を始める。そして数年後には、「情報」を扱う総合商社の社長として、31歳ながら、世界を股にかけて仕事をこなす。

・・・ここまで書いてみると、何だか俺が高校から大学時代、そしてその後卒業後の進路を考えていた道筋とかなり似ていることが発覚。この本を読んだ記憶は無かったが、結局は、落合がいつも本で書いている事にかなり影響されていた事を認めざるを得なかった。

(主人公の仲間で、中国人の陽という人間が出て来るが、彼は優秀な頭脳を持ち、大学を17歳で主席で卒業する。その後日本の東大大学院に留学生として来るが、中国政府から支給される生活費は一ヶ月5万円。その内2万円を本に使い、残りの3万円では生活も出来ず、結局風呂は3日に一度、そして最終的には中華料理屋でバイトをするも、フラフラになり栄養失調で倒れるところを、たまたま仕事帰りに歩いていた富島に助けられるという展開。
留学生なら、栄養失調になる前に、誰か周りの人が助けてくれるだろうと思うので、そこの展開にちょっと無理がある。でも、本代に一月2万円を使うという設定は、落合のエッセイで、彼が実際に会った中国の若者の話で書かれていたので、そこから引用してきた事が分かる。実際の話では、給料の半分以上を本に使う、という話だった気がする。)

*****

とにかく、落合の世界を目の当たりにして、「すげえ!カッコいい!」と純粋に憧れていた若き頃の自分は、彼の小説にかなり影響を受けていた様です。
今では、彼の小説もかなり展開が強引なので、それは無いだろうと突っ込みたくなるところも満載ですが、やっぱり彼の作品は、自分にとって心地良いのです。

2014/1/11 16:22




shunsukesekine at 16:24コメント(0)トラックバック(0) 
本 Review |  落合信彦

January 05, 2014

Silver_Linings_Playbook_Poster


邦題は『世界にひとつのプレイブック』。
2012年11月21日全米公開。

大分前に、現在LAで活躍中のさやかさんにオススメされ、
ずっと見たいと思っていました。
先日借りてきて、妻と一緒に観ました。

*****

主人公のパットは、双極性障害(bipolar disorder)と診断され、
精神病院で数ヶ月過ごした後、自分の実家に帰ってきます。
しかし、妻が自分と同じ職場の教師と浮気した事がトラウマとなり、
父親であるロバートデニーロや母親、兄、友人との関わり合いの中で、
不安定な日々を過ごします。

しかし、ある日出会ったティファニーとの関係から、
徐々に、自分の心と向き合い、
また、「他人」と向き合う事に段々と対面して行きます。

*****

この映画を見ていて、精神病と診断されてしまう人と、
この世の中で「普通」に生きている人との境というものは、
余り明確なものではなく、
「普通」と思われている人程実はおかしかったり、
「異常」と言われているひと程、実は人一倍繊細で、感受性が豊かで、
目の前の「世の中での”普通”=実は異常な事」に耐えられない、
ただそれだけなのではないか、
ということに気づかされます。

*****

中々難しいテーマを描いている映画ですが、
上手くまとめています。

主演のBradley Cooper,
Jennifer Lawrence(撮影時21歳とは思えない程貫禄がある)、
そしてRobert De Niro3名の名演技があるからこそ、
こうして綺麗に纏まった作品だと思います。

2014/1/5 21:58








shunsukesekine at 21:59コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review 
2014/1/5 11:45-

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

****

さて、年末は12月31日大晦日の日に、
自分の実家に移りまして、
夜は両親と妻と4人で過ごしました。

元日は11時過ぎまで寝て、
ゆっくりとお節と雑煮を食べた後は、
外を少し散歩し、
夕方過ぎから姉夫婦も加わり、成田山新勝寺へ初詣へ。

帰りに、川豊で鰻を食べる。美味しかった。

帰ってきて、結婚式に使った写真を昔のアルバムに戻しつつ、
小さい頃の写真を見て談笑。

夜中に、昔なつかしファミコンがまだ動く事を確認しつつ、
テトリスやスーパーマリオ3を少しする。

*****

1月2日は、朝9時過ぎに家を出て、
今度は妻の実家へ。

途中の駅まで母親に迎えにきてもらい、
そのまま一度家へ帰り、お婆ちゃんに挨拶をした後、
もう一つのお爺ちゃんお婆ちゃんのお家へ。

そこで、妻の母方の親戚一同と集まる。

12時過ぎから、5時半くらいまで、
お酒を飲み、美味しい魚を食べ、
楽しいひとときだった。

その後、帰ってきて、
今度は妻の両親と4人で、晩ご飯。

その夜は、風呂に入った後、
急に具合が悪くなり、寝る。

*****

3日は、具合が未だに優れず、
結局、一日中ほぼ寝ていた。

夕食の席では、父親の書道の事や、
その他、ヨーロッパの事、歴史の事など、
色々と話をしたり聞いたりした。
自分は主に聞いていた。

*****

4日、朝起きて、体調も万全。
お婆ちゃんに挨拶をして、家を11時半頃出る。
本当は電車で自宅まで帰る予定だったが、
両親が送ってくれる事になった。
車で、高速に乗り、家まで送ってもらう。
近くの中華料理屋で、昼食を取る。

そこで妻の両親と別れ、俺たちは家で、
また昼寝をする。

夕食を食べ、少し映画やテレビを見る。
そして、寝る。

******

と、正月は、よく食べて、よく寝る日々を過ごしました。
普段は、「時間を気にせず、ゆっくり寝たいなあ〜!!」と良く叫んでいますが、
それが実現できて、幸せでした。
それと、温かい家族たちに囲まれて、
とても幸せだった。

良い家族、親戚たちに囲まれて、
楽しい時間を過ごす程、幸せな事はないですね。

*****

ちなみに、今年の目標は、

1、健康第一。体をいつも健康に。そして、鍛える。
2、仕事は、毎日無理なく働き、自分の担当分野を極める。上司なしで海外営業中の会議も回せる様になる。
3、ポルトガル語の上達。一般会話はマスター。
4、休みの日は、妻と楽しく過ごす。幸せな家庭を築く。

以上。
2014年は、自分は31歳になる年です。


2014/1/5 11:59AM


shunsukesekine at 11:59コメント(0)トラックバック(0) 
My Life-人生 
Archives
記事検索