March 2009

March 26, 2009

自分が燃えられる仕事があって、
住む家があって、
温かいシャワーが浴びられて、
好きなものが食べられて、
大好きな彼女がいて、
いい人たちに囲まれて、

自分は本当に恵まれてるなあと思う。


3/26/2009

shunsukesekine at 03:09コメント(0)トラックバック(0) 
Thoughts-思ったこと 

March 25, 2009

m-2p-b

表題のドキュメンタリーをツタヤで借りてきて見た。
凄く良かった。

その中で、最後にレフト・アイやマイク・タイソンたちが言っていた言葉。

「もしも何かをはっきりとクリアにイメージ出来たら、
それは叶うってこと。
 そして、それを心から信じることが出来たら、
それはもう叶ったってこと。
 思いや考えは、必ず現実にできる」

「自分の可能性を心から信じること。
 そして、自分自身を信じ、自分の行動を信じること」

「Reach the stars,
and at least you'll end up in the sky.
(星を掴もうと思えば、少なくとも空までは飛んでいける)。
 どんなことだって、実現不可能なことはない。
 自分を信じ、神を信じ、その神が創った世界の中で、
自分たちが生きているってことを信じられれば、
全てはうまく行くってこと」

熱いメッセージでした。
感動しました。

全ては、自分がクリアにイメージをして、それを強く願い、
自分自身を信じ抜けば、叶うんです。
全て、シンプルなんです。

03/24/2009



shunsukesekine at 01:24コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review | Thoughts-思ったこと

March 21, 2009

結果が出なかったからと言って、
それを何かのせいにした瞬間、
結局は逃げている。

結果が出なかったのは、自分の努力が足りていなかった。
それだけの話し。

どんな状況でも、
結果を出せるのが、プロである。

03/20/2009

shunsukesekine at 00:32コメント(0)トラックバック(0) 
My Work-仕事 | Thoughts-思ったこと

March 19, 2009

今日は会社の全体会議。年に2回ある内の一回。
(3月と9月にある)

今までは全国から社員全員が集まったらしいが、
今回は関東グループだけ。
それでも、50人近くが集まった。

今まで会ったことがない人にはご挨拶。

営業部のミーティングでは、今後の体制が大きく変わることを発表される。
完全な実力主義、歩合制となる。

懇親会にて。
直属の上司から声をかけられ、今後の流れについて話をする。
自分は、4月頭から、新宿本店に異動となる。
そこで、新規の媒体をガンガンもらい、
同時に、その上司が新宿本店に常在の為、
彼の下で働くこととなる。

彼は言った。
「9月の全体会議では、前に立とうぜ」
(営業部の中でトップ10に入ったものは表彰され、3位以内は前に出て一言を言う)

俺も、今日、前に立って興奮しながら話す先輩たちを見て、
自分も必ず次は立ってやるぞと誓ったところだった。

それを上司に言い、「よし!」と。
「僕は、あなたが半年後に会社を変えていく戦力となると
 見込んで採用をしたし、
 そのつもりで鍛えている。
 だから今回も、あなたを見込んでこの話を持ちかけている」と。

鳥肌が立って、ワクワクしてくるぜ。

必ず、半年後は、前に立ってやろうじゃねーか。

03/18/2009

shunsukesekine at 02:25コメント(0)トラックバック(0) 
My Work-仕事 

March 18, 2009

人を相手にするとは、
自分を鍛えなければいけないということ。

自分を鍛えていなければ、
自分を完璧にしておかなければ、
相手に「満足」を与えることはできない。


「悔しい」
そう感じる理由は、
自分がもっと、できたと知っているから。
その準備にもっと抜かりなく挑めたのか?
更に必要な知識を得、それを相手のニーズに合わせて、
用意しておけたのか?
自分が150%の努力をして、それで結果が出なかったなら、
まだ諦めはつくが、
自分が100%以下の努力しかしていなくて、
それで結果が出なかったのなら、
それは、自分の怠慢さを責めるしかない。


「人」を相手にする以上、
「自分」を適当にしていては、
絶対に、結果は出ない。

03.17.09

shunsukesekine at 00:31コメント(0)トラックバック(0) 
My Work-仕事 | Thoughts-思ったこと

March 15, 2009

今日の帰りのミーティングで、うちの会社のトップカウンセラーのKさんが言ってた言葉。

「仕事はどうせやるなら楽しく、ワクワクしてやりたいよね!
全ては気持ちしだい。気持ちは、すぐに変わってしまうぐらい弱いもの。
だから、常に自分で自分を奮い立たせて、いい結果を出していこう。
一度下を見始めたら、そこで終わりだよね。
そんなときは、一回自分に『死んでしまえ!』って言って、死んじゃってください。
で、明日からまた生まれ変わって、新しい気分で仕事に取り組んでください!
全てを新しい視点で見れば、同じことでも、全然結果も変わってくる。
一つ一つの小さな変化が、大きな結果を生み出すものだと思います」

めちゃくちゃ触発されました。
やはりトップの結果を出している人は、
伝えるメッセージも違うし、
何より、自分に対して非常に厳しい。
しかし、他人には非常に優しい。

僕は、この人が仕事において、「妥協」や「あきらめ」、「適当」
それらの態度で当たっていることを見たことがありません。
常に、仕事に大してはストイックです。
そして、朝は誰よりも大きな声で、そしてとびきりの笑顔で、
「おはようございます!」と颯爽に入ってきます。

全国で数いる営業マンの中で、
トップの成績を出す彼女は、
その理由として、それらの行動が伴なっているのです。

そんな人の近くで働けて、自分はラッキーだと思います。

毎日、多くのことを、この仕事から、そして仕事仲間たちから
学んでいます。

03/14/2009

shunsukesekine at 02:09コメント(0)トラックバック(0) 
My Work-仕事 | Thoughts-思ったこと

March 10, 2009

この前の社内報で、社長が言ってた言葉。

「自分がその仕事を通して”幸せ”と思えるかどうかは、
 自分がその仕事を通して、自分の”求めるもの”が
 自己実現できてるかどうかということ」

自分の求めるもの。
それを、追うプロセス。
それが、仕事を通して経験できていれば、
そこに、幸せを感じられる。

俺は、自分を成長させること。
日々、自分が目指す目標に向かって、
全力を出し切り、
その感覚を、味わうこと。

その状態にいられるとき、幸せを感じられる。
だから、高校の時の水泳の練習時も、充実感があったし、
高校3年生、アメリカの大学に入るために向けて、
毎日英語の勉強に打ち込んだ日も、楽しかったし、
留学時代、
当初は、英語のレベルが追いつけず、辞書を引き引き
毎晩遅くまで勉強していたときもそうだったし、
映画の勉強をしているときも、
寿司のまき方を覚えているときも、
世界を旅しているときも、
全て、

自分が「求めるもの」に向けて、
前に進むことをしていたから。
そのプロセスに”いる”ことが好きだから。
そして、その走り抜けてる感覚が好きだから。

ようするにマゾなんだよ。笑

毎日、フラフラになるまで働いて、
その帰り道、次の日が休みの日なんか、
マジで嬉しいし、
その、「自分の全力を出し切ってる」感が
感じられることって、幸せだと思う。

全力出してたら、次は、更に自分の器量は
どんどんでかくなってくし、
前に「きつい」と思ったことも、もうきつくなくなる。
そうやって、自分の器が、でかくなっていく。

今も頭疲れてて、もうまわんねーけど、
脳は、アドレナリンが出て、興奮してんだな。

この感覚が、好き。
でも、この感覚を味わえるからこそ、
普段ゆっくりできることの、幸せさも分かる。

2009.3.09

shunsukesekine at 01:58コメント(0)トラックバック(0) 
Thoughts-思ったこと | My Work-仕事

March 07, 2009

Lenny-Kravitz-Live-204854


Lenny Kravitzの「Live」って曲。
この歌詞の一番好きな部分。

"Life is the most precious gift I thank the Lord for mine
I hope you feel the same my friend I hope you're feeling fine
The choice is yours your destiny is waiting on the line
You better get busy with living or you're busy dying"

"人生は神様からの最高の贈り物
お前も同じように感じてるといいな
そして、気分がよくなってくれるといい
全てはお前が決めるもので、運命はそこで待っているんだよ
「生きること」に忙しくなろうぜ、
さもなきゃ、「死ぬこと」で忙しくなっちゃうよ"



下が全歌詞。

--------------------

"Live"

Gettin it straight in 98 y'all

Tired of all the talk they're talkin' all over this town
I'm tired of all the negativity that's going 'round
We focus all our energy on things that bring us down
Let's put our voices all together and make a joyful sound

Do just what you wanna do
Oh let the sun come shining through
Everybody
Live, live
Everybody live
Everybody live
You got to do it ...

Life is the most precious gift I thank the Lord for mine
I hope you feel the same my friend I hope you're feeling fine
The choice is yours your destiny is waiting on the line
You better get busy with living or you're busy dying

Do just what you wanna do
Oh let the sun come shining through
Everybody
Live, yeah yeah yeah yeah, live
Everybody live
Come on and sing ...
Live
You got to do it ...

Dance just to dance
Yeah yeah yeah yeah
Come on
Hey !

Do just what you wanna do
Oh let the sun come shining through
Everybody
Live, hmm, come on live
Yeah yeah yeah yeah
Everybody live
Sing with the ... yeah yeah yeah yeah
Live
Come on and do what you want now
Everybody live
Live come on yeah
Live
Everybody live
...
Come on
You got to do it
Live

shunsukesekine at 00:08コメント(0)トラックバック(0) 
音楽 Review |  Lenny Kravitz

March 06, 2009

今の仕事は、人を相手にしている。
人の気持ちを動かすのが、自分たちの仕事。
だから、どう言ったら、相手は動くのか。
その人の中にある、「こうしたい!」という気持ちに、
どうしたら、火を付けられるのか。

そして、なかなか行動できないその人を、
どうしたら、一歩前へ進ませられるのか。

その部分を極めることが、
今の自分の仕事を極めることにつながり、
それが、自分自身の成長にもるながる。

行動心理学。
それをマスターすることが、
この仕事をマスターすることに繋がる。

日々、勉強。
毎日、少しずつ、
新たなことに気づき、
それを省みて、新しい方法を実行し、
それを自分のものにしていく。

そのプロセスが楽しい。

3/6/2009

shunsukesekine at 23:53コメント(0)トラックバック(0) 
My Work-仕事 | Thoughts-思ったこと

March 04, 2009

いやあ、これマジで面白いわ・・・



shunsukesekine at 23:24コメント(0)トラックバック(0) 
Funny Story-面白い話 

March 03, 2009

自分の力を全部それにぶっ込んで、
それに燃える日々。

起きてる間はもちろん、
寝てるときも、それのことばかり考えてる。

そんな風に、そのことに燃えられる日々。
そして、そんなものを持てることの幸せさ。

*****

今の仕事に移ってから、
あっという間に時間が過ぎていく。
2月の頭のことは、ほんのちょっと前のことの様にも感じるけど、
余りにも濃い日々なため、時間的には、はるか昔に感じる。
そんな、矛盾した時間の過ぎ方の感覚。
そう、まるで、2月の一ヶ月は、長い長い一日だったような。
そんな感覚。

*****

2月の終わり、最終日。
28日に、自分が始めて、受注を決めた。
何とかその月までに、受注を決め、「結果」を残すことに向けて、
全力で打ち込んできた。

その目標は、難しそうに見えるが、
自分が全力を、本当の意味での、「全身全霊をかけた努力」
さえ注げば、できないものではない。

結果が出るには、それまでの努力に加え、
運のよさもある。
しかし、運のよさも、自分の努力なしでは、掴む事はできない。

今の仕事に移って、最近気付いたことは、

「勝利の女神は、最後の最後まで諦めることなく、
 本当に最後まで、やり続ければ、
 必ず、見ていてくれる。
 そして、結果をもたらしてくれる」ってこと。

途中、すぐには結果が出ずに、
ふと気を抜くと、諦めそうになる自分がいる。
でも、それでも、結果が出ることを信じて、
やり続ける。
すると、ふと気付いたとき、
勝利の女神が、微笑むわけだ。
そして、結果が、すっと出る。

逆に、途中で少しでも諦めモードに入ったり、
実は、努力の量を、少し手を抜いていたり、
つまり、更にあとちょっと頑張れたのに、
自分でその頑張りが限界だと、
自分に嘘ついていたときっていうのは、
逆に結果が出た瞬間に、後ろめたくなる。
その、勝利の女神に対して。

ちょうど、勝利の女神が言っているような気がする。

「アンタ、あそこまでの頑張りを見たから、あたしは結果を出させてやったけど、
 実は最後の最後で、ちょっと気抜いたでしょ。
 もうちょっと頑張れたの、知ってるんだからね」
みたいな。


結果が出るまでは、きついもの。
ちょっと気を抜けば、自信なんてあっという間に消えそうになるし、
「俺って才能ないのかな」なんて思うことなんて、本当に簡単。

だけど、そう心が思いそうになっても、
そこで踏ん張る。
で、自分に言い聞かす。
「いや、俺はやれば絶対にできる」と。

それで、最後まで諦めずに、とにかく「全身全霊」でやり抜く。
すると、ふと気付いたとき、結果が出る。


丁度、サウナと同じ様なもの。
その最中はきついけど、
それを乗り越えたとき、「あれ?俺、乗り越えちまった。」
そんな感じ。

人生の辛いとき、きついとき、
沢山あるけど、どんなときも、
それを乗り越えた瞬間に気付く。
「あれ?これで辛いのは終わりか?
 もう、一番辛いポイントは超えたのか?」って。

そんな体験を繰り返して、
どんどん、自分の許容量、深み、
そんなものが、増して行く。

******

今回もそうだった。
休みが中々なくて、
しかも体調が悪くて、
熱も出て、一日だけあった休みはずっと寝込んでて、
次の日の仕事中も辛くて、
もう精神的にも体力的にも、一杯一杯。

だけど、それでも頑張って、何とかやり抜く。
で、最後の最後で、結果が出る。

そして、悪かったはずの体調も、
もうその喜びのせいで、どっかに吹っ飛んでしまっている。


そんなもんだった。

*******

とにかく、自分が全身全霊を打ち込んで燃えられるもの、
逆に言えば、そうしないとヤバいものを持っているってことは、
凄くキツいけど、その「キツさ」は、凄く楽しいものだし、
そんな日々を送れること自体が、凄く幸せだってことだ。

今日は休みだったけど、
業務報告書を提出しなきゃいけないんで、
夜だけちょっと出社してきた。
で、帰り道は、8時半ごろだった。

いつもは帰り道、夜の11時とかたまには12時だから、
で、そんな時間にチャリをこいだり、もしくは終電に乗ったりしてるから、
今日、その時間に、普通に帰宅する会社員のおじさんたちと
一緒に電車に乗って、変な気がした。

コンビニに行くと、立ち読みしている会社員や、
若い子達が沢山いる。

普段は、帰り道、12時近くだから、
そんな立ち読みなんかする時間的余裕がある人なんて、
滅多に見ないわけだ。

で、そんな人たちを見て、
「すげえ、仕事が終わった後に、
 そんな余裕があるのか・・・」なんて。

でも、俺もつい一ヶ月前までは、
そんな日々を送ってたんだけどな。


早く帰れて、給料も良くて、仕事内容も、
そんなにキツくない仕事。
だけど、全然、「燃えられない」仕事。

そんな日々を選ぶか、

もしくは、

夜も毎日本当に遅いし、給料も低いし、
キツいとか言ってる前に、もう自分の人生=仕事にしないと、
やっていけない日々。
そんな日々だけど、めっちゃやりがいがあって、
給料の低さなんか、全然考えない。
むしろ、金のために働いてねーし。
その、「仕事」を極めるために、働いている。
で、その「仕事」を極めることは、自分自身を極めることに繋がる。
そして、自分が毎日、確実に人間的に、「成長」している。

そして、おまけで、給料がついてくる。

そんな日々を選ぶか。


俺は、後者だった。
で、そんな日々に入って、本当に正解だった。
そんな日々に入れて、本当にラッキーだった。

******

留学して、最初の1年、2年、3年は、
毎日本当に必死だった。
キツかったけど、
でも、毎日、「楽しかった」。

それは、自分が毎日、
自分の求める自分像に、近づいているって、知ってたからだ。
そう、感じてたからだ。

だから、そんな「キツい」日々が、楽しかった。


今も、そんな日々だ。
また、そんな日々に戻れた。

前の会社に入ったときは、
もう、人生で、自分が何かに全力で打ち込んで、
毎日が成長!
そんな風に、自分の人生のステージが、
ドンドン進んで行く。
そんな日々は、もう終わっちまったのかなんて、
そんな風に感じていたけど、

全然そんなことなかった。

自分の人生は、自分の選ぶ環境と、
自分がすることと、
自分の日々の心の持ちよう、
それ次第で、いくらでも、よくなって行く。

自分が望む人生は、
自分が「諦めさえしなければ」、
絶対に、手に入る。

それを、今回の半年を通して、
学んだ。

******

やっと、人生の次のステージの入り口に
足を踏み入れたところだ。

まずは、今入ったこのステージを
クリアするために、
毎日全力で、打ち込んで行く。

今は、そんな状態だ。
俺の人生において。

09/03/03





shunsukesekine at 21:32コメント(2)トラックバック(0) 
Thoughts-思ったこと | My Work-仕事
Archives
記事検索