January 2007

January 31, 2007


What's up everybody!!!!!


This is Shun and I am typing this from Guatemala, yeah, Central America!!!!!

I'm sorry that I haven't written you back your email and comments to my blog. I left Japan about a week ago(?) and then next day, I left for Guatemala.
It's been seven days and this is my 7th day of my travel. I have been to see Tical in Guatemala, some of you might remember from my blog on January 2nd, "Returning back to water and soil". I watched the TV program in Japan and I was so impressed and inspired by the Maya people and their culture, so I decided to come to see Tical this winter!!

Yeah, it's been a great days... You know what, not only GREAT days, 'cause there are some tough days too during this travel, hahaha. Anyway, when I come back to the States 4 days after, I will write about it more specific on my blog, so stay tuned!!


Just let me write about a few things. Well, I got only half hour left so what should I start from...

Today is the 7th day of my travel as I wrote above, and this is the first time for me getting connected to the Internet. I didn't have a chance to get on line so far, and also I didn't have enough money... I only brought $240 for this travel, and that's it!!
Why did I bring only this much money? Because for the first reason, I just couldn't afford more than that, and the second, I just wanted to try myself if I could survive with this much money for 10 days in central America.
It is easy to bring a credit card with me, but I will be using more money than I expected if I brought it, so this time, I just decided to use only that much money.

Is it enough for me? ...Yes and No!! Haha!!
I am managing not using much money every day, and today, I got 40 more dollars to go on! I am sure I can survive, if not, I'll do something!!

That's it for the money issue. I don't wanna discuss it now,
let me write about other stuff.

Today, I am in Panajachel, this is a small town next to the Atitlan Lake in Guatemala. This lake is called as "the most beautiful lake in the world".
Is that true? I didn't know about it, so I just came here to make it sure.
Answer? ...oh man... it was so beautiful. When I saw this lake from the bus that I was taking, I almost waned to cry 'cause it was so beautiful, hahaha.

I took a bus from Guatemala city today, and it was only 20Q (which is about $2.5) and it took me about 4 hours to get here. Bus driver was CRAZY and he drives like we are in action movie. Hey guys, all the bus driver in Guatemala and El Salvador drives CRAZY, sometimes I feel like I am going to die for sure. Haha!

Yap, I went to El Salvador too. When I visited Tical on the 3rd day of my trip, I met a guy from El Salvador. His name was Miguel, and he said he was there to see Tical. He said he's been wanting to visit Tical for his life, and he finally made it this time. He was from San Salvador in El Salvador, and he said he was going back to his country the next day that we met 'cause he had a work.
We became a good friends and he invited me to his country. I was gonna go to Belize, which is the country next to Guatemala, but since I thought that would be so much fun going visiting him, I changed my plan and got a bus ticket to San Salvador.

I left Tical on 2 day after, and actually I was nervous a little bit, 'cause I didn't know if he would really welcome me at his place.
When I got to the bus terminal in San Salvador after 11 hours bus ride, I called to him (when I called to him I didn't know how to use the pay phone so I asked the lady at eating place and it was so funny what was going on there. I will write about it when I get back to the states.), and he said he will come pick me up at another but station.

I took one more bus and this was the beginning of the REAL El Salvador trip...
I will write about it too when I got back to the States, okay?

Anyway, what I wanted to say was that when you travel, unless you stayed with some local people at their place, you would never understand what the life in those places are like.
When I traveled in the States about 2 years ago by myself, I stayed at many people houses just asking them if I could do that. That was actually very dangerous thing to do because you might get harmed or killed if you were in bad situation.
But at the same time, if you take a chance, there are more things to get 'cause you are taking a risk.
This time, I took a risk visiting somebody that I didn't know well, but it turned out that he was such a NICE guy in El Salvador and I had so much good experiences with him and his girlfriend.

This morning when I was leaving at his place, he came to the International bus stop with me to show me how to get there, and he took care of me all the time when we were going somewhere since yesterday.
When I said him, "Thank you so much for taking care of me and I really appreciate it. I don't know what to say.." He said, "It was my honor inviting you to my country. I you had a good time in my country, I am so happy. Before somebody else did the same things when I was traveling other countries, so this time, it is my turn to take care of you, someone from other country. People say my country and Central America are dangerous place, and they say bad things about our countries. Sometimes it's true, but it is NOT right all the time. There are nice people too and I just wanted to show you my country in a real way.
Now you saw my country and it is your time to judge if it was a bad country or good country. I am glad to have been a help for you to see my country."

Man, can you tell how nice he was??

I know it is not good trusting people all the time, 'cause people try to take your advantage if you are not paying attention.
BUT, there are always good people in this world and if you have a right eyes to judge them, you can meet those people in your life, and you can have such a wonderful moments in your life.

I am sure he will be a friend in my life forever, and I swore myself when I make my restaurant in 8 years, I will invite him to Japan. He said that the ticket to Japan and everything in Japan is too expensive so that he can't come to Japan even if he could, so I will invite him with an airplane ticket and hotel and everything.
This is one of my dream to make come true. "Inviting all of my friends and people that took care of me in my life to my restaurant and give them a best service in ever".

I will do it for sure.

Alright everyone, sorry I just wrote what I wanted to say right now. Maybe it was kind of hard to read it, but I appreciate it that you spent some time reading my thoughts.

Let me write more when I got a chance. I will see you guys soon!!

Take care,
Shunsuke


shunsukesekine at 11:21コメント(2)トラックバック(0) 

January 23, 2007

数々のリクエストにお答えして、
俺の部屋、初公開!!

closet 2



1.このドアを開けると・・・??










closet 1


2.俺の部屋登場!!










そう、俺は今、クローゼットに住んでいます。
日本で言うと、物置き部屋。
これをみんなに言うと、毎回かなり驚かれます。

「Hey Shun, where do you live now?」
「Oh, I live in a closet」
「……What!?!?!? 」

日本人に言ったときは、まだ、「それってドラえもんじゃん!笑」
みたいな反応で終りますが、
アメリカ人には、驚異らしい。
だって、日本に来てる留学生が、
「私は押入れに住んでいます」って言ってるようなもんだからかな?
それとも、クローゼットに住むってこと自体が、
アメリカ人には信じられないのかな?
ま、こんなに広い土地がある国で、
押入れに住んでいるやつはそうそうはいないだろう。
とにかく、アメリカ人の友達に言う度に彼らが驚く様は、凄まじい。

「....I can’t believe you live in a CLOSET!!」

でも、俺からしたら、今の状況で十分なんだな。
2年前の夏にアメリカを野宿で一周してから、
夜寝るときに、雨風と身の危険を気にせずに、
安心して寝られる場所があるだけで、
どんなに幸せか、身に染みて感じた。
それに、この部屋の家賃は、月に$110という破格の安さ!!
南カリフォルニアは物価が高いので、一ヶ月、普通にアパートをシェアして、
一人$500〜$800というのが相場です。
Studioや、一人でアパートを借りている人なんかは、月に$1000以上、
高級なところに住んでいる人は、毎月$2000以上なんて人もいます。

そんな中、俺は月、電気代やガス代の光熱費を入れても、$150もいかない。
それに、どこか旅に行きたい時は、すぐに行けるし、
毎週末家を空けていても、何の心配もない。
荷物だって、本と洋服以外は何もないから、何かを取られる心配もないしね。
いつでも、夜逃げ可能です!!
どうだ!強いだろう!!はっはっは!!笑


pics

3.正面に飾ってあるこの写真と言葉は、
自分の大事な人たちと、自分の好きな言葉です。




wolrld map

4.これが俺のモチベーションを上げるマップです。
将来、必ず世界周ったる!!!





そんな訳で、俺はこの部屋が大好きです。
中は意外と広く、音楽とランプをつけながら、
パソコンをしたり、勉強をしたり、本を読んだりしています。
テスト期間や、ペーパーの宿題がある日は、
この部屋は、魔の空間と化します。
そう、余りに狭く、他に気を取られるものがないため、
目の前の勉強からは、どう足掻いても逃れられないのです!!
そんな訳で、勉強をする時のこの部屋は、大っ嫌いな空間と化しますが、
本を読んだりするときは、大好きな空間へ変貌します。

夜は、ドアを閉めると、外の音が全く入ってこず、めちゃめちゃ静か!!
心を落ち着かせるための瞑想ルームにもなります。
光も全く入ってこないので、熟睡できます。
熟睡し過ぎて、何回遅刻しそうになったか!笑

そして、横にはバカでかい収納スペースもあり。
本がぎっしり入ります。
そして布団を上げれば、机も入り、テレビだって入っちゃいます。
この前は、この部屋に4人入って話しました。
そう、何でもできるんだな、これが!笑


俺にムダはいりません。
生きていくのに必要なものだけでいいのです。
常に、フットワーク軽く、自分の心も軽く。


今度、見学に来たい方は、いつでもどうぞ。^−^
毎回友達を連れて来る度に、最初は信じられないと言って口を空けていた子も、
俺の部屋を気に入ります。

「….Oh, actually it’s not that bad…」
 (・・・あら、結構いいのね・・)

俺のルームメイトも、俺がいない度に、勝手にここで寝ています。
「・・だってスゲエ静かで寝やすいんだもん」

どうだ!みんなここが好きなんだろう!!
いつでもおいで!笑

1・22・07



hondana 1

5.上の本棚。中はかなり広いです。
自分が触発されて思いついた言葉は、壁に貼りまくります。








hondana 26.下の本棚。
これらの言葉も、自分のモチベーションを上げておくには、
大切な言葉たちです。
「宗教っぽい」と気持ち悪がるヤツもいます。
好きなように何とでも言え!!笑




♪おまけ話し♪

俺の元ルームメイトのロイに、このクローゼットの話をしたとき。

“Hey Shun, where do you live now?”
“I live in a closet”
“What!? Do you live in a closet?”
“Yeah”
“So, Are you IN A CLOSET now??”
“Yeah! “
“Ha-ha-ha!!!”

電話の向こうでかなり爆笑しているので、そんなに可笑しかったかと聞くと、
どうやら”In a closet”には他の意味があるようです。

そう、”I am in a closet”で、
“私はゲイです(でもその事は隠しています)”の意味。
そして、”I am out of closet”で、
“私はゲイであることを、社会的に公表しました”の意。笑

そう、どっちに転んでも、
俺はゲイであるということになってしまうのです!!笑
それ以来、ロイは電話の度に、嬉しそうに俺に聞いてきます。

“Hey Shun〜, are you STILL in a closet or out of closet??”
“I’m still in a closet, Roy!!”
“Hahaha!!”

このジョークをアメリカ人に言うと、みんな爆笑します。
今度機会があったら使ってみて☆

aero

7.ドア、裏側。
エアロスミスのポスターと、自分の人生表。
どっちも俺のやる気を上げるアイテムです。

shunsukesekine at 19:38コメント(6)トラックバック(0) 
Mi Casa-俺んち |  Aerosmith

January 22, 2007

two cakes


BOULE DE NEIGE
(ブール ドゥ ネージュ)



岩手県北上市に、そのフランス菓子専門店はある。





白で統一された店の内装。
大きな窓が沢山あり、そこから差し込む自然の光は、
店内を、優しい空気で包む。
そのデザインは、開放感があり、
“静”、“清潔感”という印象を、見るものに与える。

その、“光”をうまく使った店のデザインは、
午前中ならではの、この貴重な時間を、
更に価値あるものへと変える。

2階に続く、らせん階段を登ったところにある、その上品な空間には、
白の紙に、エンピツのデッサンが入った額。
音楽は、クラシックか、エンヤ。
Paris, Europeを思わせる。

スタイリッシュな白が貴重のテーブル、イス。
スペースを大事にし、多くの数をおかず、
空間をあえて取る。
大きなスペースに、少しだけ。
その空間が、リッチさを感じさせ、
ここにいるものに、贅沢な雰囲気を味わわせる。

特筆すべきなのは、店の内装だけじゃない。

入り口から入ったところにある、ショーケースには、
70種類以上のケーキが並ぶ。

cakes 1












数々と並ぶそのデザートたちは、余りにも美しく、
見るものを、翻弄させる。
どれを選ぼうか。
どれも食べたい。
その嬉しい葛藤に、頭を悩ます。

cakes 2








あなたが、いざ決心を決めてオーダーしたケーキは、
熱い紅茶と共に、席に座って待つあなたの前に、
サーブされるだろう。

紅茶








それでは、70種類以上ものアートの中から、
ほんの一部を、ご紹介。

1













27








34








56








全部








その店を後にするとき、
あなたは、高級な雰囲気の中で、
“幸せ”と感じていること、確かだろう。


ブール ドゥ ネージュ。
東北に来る機会がある人は、
ぜひ、お立ち寄りを。
最高のひと時を、お約束いたします。

By Shunsuke


*******

BOULE DE NEIGE(ブール ドゥ ネージュ)
024-0082 岩手県北上市柳原町5-2-14
TEL 0197-65-6577
FAX 0197-65-6580
CHEF PATISSEIER KANICHI ORIKASA

お菓子ナ話(ブログ)http://blog.livedoor.jp/bouledeneige/

*******

Akira Chefと。
上のブログは、Akira Chefにより更新されています。

with Akira Chef





shunsukesekine at 04:50コメント(3)トラックバック(0) 
行ったところReview 
2007年1月7日、8日

7日の朝に家を出て、家族で、岩手へと向かった。
岩手には、俺のただ一人のおばあちゃんがいる。
そのおばあちゃん以外には、おじいちゃんも、もう一人のおばあちゃんもいない。
俺にとっては、大事なおばあちゃんだ。

今回日本に帰ってきた理由として、
日本の会社との面接っていうのもあったが、
それ以上に、おばあちゃんに会いに来たというのが大きかった。
俺がアメリカに行くまでは、おばあちゃんは夏の度に、わざわざ遠いところを、
新幹線を乗って、岩手から成田まで来てくれていたが、
1年前に体を壊し、去年、入院することになってしまった。
去年の夏は、岩手の病院にお見舞いに行った時には、そんなに元気ではなかったが、
今回は、無事退院もし、おばあちゃんは、徐々に元気になっていっているみたいだ。

今回も、おばあちゃんを訪ねに行くのが、楽しみだった。
行って、この前の夏もやってあげた、手と足のマッサージをしてあげる。
アロマのセラピーオイルを使って。
前回は、病院の病室の中ということもあり、最初は遠慮していたが、
いざやってみると、気持ちよかったらしく、
「おばあちゃん幸せだ〜」と言ってくれた。
今回も、それをするために、岩手に向かう。


岩手は、今年は雪も降らず、暖かった。
毎年、確実に、暖かくなっている。
地球の気候は、確実におかしくなってきている。

岩手に着き、おばあちゃんの家へ向かった。
おじちゃん、おばちゃん、そしておばあちゃんが迎えてくれた。
おじちゃんとおばちゃんは、地元の小学校の、校長先生をやっている。
二人とも教育関係の道で進んできて、
担任を受け持つ先生から、教頭になり、
数年前、二人とも校長になった。
自分のおじさんおばさんとは言え、
やはり、なんか緊張するな 笑
でも、話し始めると、やっぱり俺のおじさんとおばさんだった。^−^
色々な話を、お茶を飲みながら、していく。

今回、12月の26日から、30日の朝まで、
俺は、ある会社に拘束されていた。
ま、「拘束」というのも変だが、
その会社からの圧しが強く、4日間の飲み会と忘年会に付き合わされた。
その話は、また別の機会に。
かなり強烈的だったので、聴きたい人は、個人的に聞いて下さいな。

そんなこともあって、年末の俺は、自分の進路を一体どうしたらいいのか、
迷いや、他の人の意見や、
いろいろなものが混じって、
頭は整理されていなかった。

しかし、この日、おじちゃんとおばちゃん、そして俺の父親も混じり、
4人で、徹底的に話し合った。
今の自分の進路の状況。
この会社の、スタイル。やっていること。
今のところ内定をもらっている会社。
アメリカでの道。

色々なことを話あった結果、
一つの結論が出た。
俺は、その“道”に行くことにした。
アメリカに残る。
今までの4年半のアメリカ生活で得たものを使い、
自分の力を試す。
アメリカの企業を相手に自分のことを売っていくのは、
日本の企業に自分を売り込むよりも困難だが、
自分の力を更に上げるためにも、試し甲斐がある。

4年半前、日本を発つときの、先が見えない不安。
同時に、先が見えないからこそ、自分の未来を期待する、ワクワク感。
そんなものが、また生まれてきた。
1月末、日本に戻ってからは、またアメリカ企業を相手に、動き出す。

******

話はずれたが、そんな風に、自分の納得いくまで、
自分のことについて、3人が真剣に話し合ってくれたこと。
時間を取ってくれたこと。
凄く有難かった。

その後は、夜になり、夕食。
岩手・北上の名物。
魚介類を、ふんだんに食べる。
普段アメリカじゃ、刺身なんて中々食べられないから、
嬉しかったな。^−^

刺身








そして、ひと段落してから、おばあちゃんのマッサージを始めた。
始める前に、おばあちゃんが自ら言ってくれた。
「俊輔、マッサージやってけろ」
嬉しかったな、そう言ってくれて。

おばあちゃんの部屋に入り、そこでゆっくりと、
手を片方ずつ、アロマのオイルをたらし、
指の先から、ゆっくりと、確実に、揉んでいく。
手が終わったら、今度は足。
足も同じように。
血行が良くなるように、しっかりと、揉みほぐす。

最初は、血行が悪く、そして肌もガサガサしていたおばあちゃんの手と足だったが、
40分ほどマッサージをした後は、肌の色も、
綺麗なピンクになり、
血行がよくなって、温かくなっていた。

見ると、おばあちゃんは寝ていた。
相当気持ちよかったようだ。
起こすと、「気持ちよくて寝ちゃったよ」と。
そうか。
よかった。


その後は、いとこのアキラ君が帰ってくるまで、皆で待っていた。

彼は今、岩手の北上にある、
BOULE DE NEIGE(ブール ドゥ ネージュ)というフランス菓子店で、
修行を含め、働いている。

「BOULE DE NEIGE」
ナプキン











彼は、地元の大学に進み、卒業したものの、
フランス菓子職人になりたいとの夢を通し、
東京に修行に出て、
そこで下積みをして、
今は、彼の地元にできた、この店で働いているというわけだ。
この店、この前、「料理王国」という雑誌でも、大々的に報道されたらしく、
その以前も人気だったのに、
今は青森や秋田など、他の県からもわざわざ人が買いに来るほどになってしまったらしい。

料理王国





「料理王国」







雑誌全部雑誌全体












雑誌上雑誌下









「フード・パッケージ・デザイン特集」
(いかにその商品をうまく表現しているか、という特集で、
 サントリーの”伊右衛門”と共に選ばれた)

雑誌11雑誌12













雑誌13雑誌14












2年前の冬、岩手を役10年ぶりに訪ねたとき、
まだアキラ君は下積み時代で、
毎朝家を出るのは6時前。
そして帰ってくるのは夜中の1時ごろという生活を送っていた。
休みは、年始に2日取れたらいい方。
あとは、一切なし。
睡眠時間もなく、
自分の時間も一切取れず、
しかし、自分の夢のために、ただひたすら、その道を走っていた。

その彼も、今では大分経験を積み、
今では、夜の10時ごろには帰ってこれるようになった。
朝も、7時ごろまでに行けばいいらしい。
この日も、10時前に帰ってきてくれた。
いつものように、お土産のケーキを、10個ほど持って。^−^

俺がおばあちゃんのマッサージを終えたとき、
すでにみんなでアミダくじでどのケーキを食べるか決めていたらしく、
俺のは、2種類からのチョイスしかなかったが、泣
でもおいしかったぜ!!

ケーキ1ケーキ2







彼ともみんなで話し、
色々な話に話題は飛んだ。
これからのそれぞれの人生の生き方。
結論は、やはり、「自分のやりたいことをやった方がいい」という結論に達した。
そしてそのためには、絶対に途中であきらめないこと。
やり遂げること。
結果を出すこと。
おじちゃんもおばちゃんも、教育関係でずっと進んできたから、
筋が通っている。
そんな有意義な話ができて、
いい時間だったぜ。


その日は、夜の12時前に、彼らの家を後にし、ホテルへと戻った。

******

次の日、朝起きて、また彼らの家へ向かう。
用意してもらった朝食を頂いた後、
みんなで、アキラ君の働く、ブール・ドゥ・ネージュへ。
その詳細は、次の内容で。

******

店から帰り、新幹線の時間までの最後、
おばあちゃんにもう一回、マッサージをしてあげた。
また、気持ちいいと言ってくれた。
おばあちゃんが言ってくれた。

「またこうして、年に一回、
 みんなで会えるといいな。
 おばあちゃんも楽しみにしてるからよ」

その言葉が聞けて、本当に嬉しかった。
必ず、また会いにくるよ。
それまで、元気でいてね。


また、必ず会いに来ることを誓って、
北上の家を去った。




写真・みんなと
みんなと




shunsukesekine at 04:00コメント(0)トラックバック(0) 
Special People-特別な人たち | おばあちゃん

January 21, 2007


三つ目は、「不安」に関して。


人生において、必ずや、「不安」というものは出てくる。
それは、自分の人生を歩んでいる時、どっちの道に行こうか迷う時。
どっちへ行ったらいいのか分からない時。
または、何か大きな心配事があるとき。
心を奪われる、モヤモヤがあるとき。

その「不安」の要素は、何にでも成りえるだろう。

しかし、その「不安」は、
自分が、自分の人生を歩むスピードを、確実に、遅らせる。

「不安」が心に残っていては、そればかりに心が奪われ、
目の前にある、決定的なチャンスを逃すかもしれないし、
いざという時、ダッシュできない。

その「不安」。何なのか。

不安の要素が、自分自身ではっきりしないから、「不安」であることが多い。

そんなときは、自分の心と、納得が行くまで、対話することだ。

己の心と、真正面から向き合い、
自分が何を考えているのか。
今、自分が、「何」に不安を感じているのか。
なぜ、不安を感じるのか。

そういったものを、とことん、突き詰めていく。

そして、その、自分の心の中の、「不安」が分かったとき。
なぜ、自分はそれを、「不安」に思っていたのかが分かったとき。
そこからは、次にそれを解消するには何をしたらいいのかが見え出し、
後は、行動を起こすのみとなる。

日々の暮らしの中で、
テレビ、ケータイ、パソコン。
友達との時間。恋人との時間。家族との時間。
仕事。学校・・・
そういうものに、時間を取られ、
自ら、己の心と、何にも心を乱されない、静かな場所で、
徹底的に、己の心を見つめること。
そんな時間を、充分取っているだろうか。

その時間がなくしては、
己を見失い、
他人と比べ始め、
周りにある「価値観」に翻弄されだし、
「自分」という軸が、ぶれ出してしまう。

自分の人生に対する答えは、どこにも書いていない。
書いてあるのは、自分の心の中のみ。
自分の心は、いつも、本当の答えを、初めから知っている。

自分の人生の中で、「不安」を感じ始めたときは、
「何」がその不安の要素となりえるのかを、じっくり吟味し、
その根元を見つけ、あとは、それを消し去るための、
行動に移していくのみだ。



shunsukesekine at 00:59コメント(1)トラックバック(0) 

そして二つ目は、過去に起こったことに関して。

人間、過去に起こったことを、心から素直に、
「あれがあって良かった」と思えないとき。
それは、自分が辿りつくべき道のステップの
途中にいるから。

もしも、自分が心から満足できる結果が出たのなら、
それに至るまでの過去の経験は、全て、
必要不可欠だった、ということになる。

人生は必ず、“あれがあったから良かった”
“あれがあったおかげで、ここまで変われた”と
素直に言える瞬間が来る。

今、素直に、過去を受け入れられないということは、
自分がまだ、そのプロセスの途中にいるということ。
必ず、過去の全ての経験を、
心から、“あれがあってよかった”と
思える瞬間が出る。
その瞬間が出るまで、
前に進むことを、止めないことだ。

ふと気付いたとき、ある自分を発見する。
“あのことがあって、今の自分がいる。
あの経験があって、本当によかった”と、
心から素直に思っている自分が。



shunsukesekine at 00:58コメント(0)トラックバック(0) 

1月20日夜。
大阪、京都から帰ってきた。
今回は、10日間ほど、大阪の龍のシェフの家にて、強化合宿。
日本とアメリカにいるため、中々会えない彼との仲。
こうして、会えるときに、会っておくことは、
俺にとって、すごく大事なことだ。

今回の合宿でも、多くの事を、彼から学んだ。
そして、様々なことを、体験した。

また、時間を見つけて、ブログでも少しずつ書いていこうと思うが、
今回の数日間で、強く感じたことを、いくつか。


まず一つ目は、「人に伝えていく」ということ。

今まで俺は、自分の人生において、
自分が体験したこと、学んだ知識、得たものなど、
「自分が得てきたもの」を、誰か周りの人や、次の世代の人に伝えてこようと、
積極適にはして来なかった。
しかし、今回、大阪に行って、
多くの人と会い、
その中で、沢山の人に言われたこと。

「あなたの人生の中で学んだ経験や、知識、
そういったものを、どんどん周りの人ともシェアし、
それを次の人たちに伝えていてほしい」と。

自分が経験したこと。得た知識。
そういったものは、他の人にどんどん伝えてこそ、
更に、自分のためにもなっていくこと。
鍼灸師の馬場先生から聞いた例えだが、
人生が川の流れのように、
上から来た水を、自分のところでせき止めず、
次のところへ、流すこと。
それをすればするほど、自分の人生も、いい調子になっていく。

今回会った人たちの中で、俺のブログを、
楽しみにして読んでくれている人たちがいることを実感した。
自分が普段の生活で、思ったことや、感じたこと、
または、行ったところ、見たもの、
そういったものを書いていく。
自分では、あくまでも書くことが好きだからやっているのだが、
それが、周りの人にも、いい影響を与えているとは、知らなかった。

去年の3月頃からこのブログを始め、
始めは、自分の気持ちを素直に書いていた自分だが、
次第に読む人が増え、
また、自分が書いた文章の表面的なところしか読まない人から批判を受けたり、
そんなことが重なって、
このブログに、本音を書くのが嫌になった時期もあった。
かと言って、かっこつけて書くわけじゃないし、
これは、俺の、心を、素直に書く場所であること。

去年の11月頃から、ずっと悩んでいたものがふっ切れ、
自分の気持ちを、素直に書くようになった。
俺が、思ったことを、書く。
悩んでいる自分も書くし、楽しかった自分も書く。
自分の成長過程の、一歩を、その日の思いを、
ただ、記す。

そんなことをしていたら、そのブログを、好きだといってくれる人が沢山でてきた。
そして、それが、その人たちに、いい刺激を与えているという。
それは、嬉しかった。

今回、馬場先生に、言われた言葉。
「俊輔君には、もっと、後ろに続く人たちのために、
 自分の経験や知識を、シェアして行ってもらいたいと思う。
 もっと、“自分らしさ”を出してほしい」と。

自分らしさ。
俺は、自分の魅力を最大限に磨く方法は、
ただ一つ。
自分らしさを、ガンガン出していくことだと思う。

これからも、あくまでもこれは俺の人生の、
ほ〜んの一部であるが、
このブログを通して、自分の伝えられること、感じたこと、
行ったところ、見てきたもの。
そんなものを、ここに、残していきたいと思う。

いつも読んでいてくださっている皆さん、
どうもありがとう。^−^

俊輔





shunsukesekine at 00:36コメント(1)トラックバック(0) 

January 16, 2007


皆様こんにちは。
昨晩、一夜限りの幻のレストラン“龍宮”にて、
ジェネラルマネージャーを務めさせて頂きました、俊輔と申します。
昨晩はお忙しい中、遠いところをようこそおいで下さいました。

皆様、昨日は楽しんでいただけたでしょうか?
普段は、龍のシェフの作る料理を頂く機会が中々なかった方も、
また、普段から彼に縁のあった方も、
昨日は、お好きな料理を、心行くまで堪能できたことと思います。

また、今回、デザートのパティシエとして、直道シェフにも参加してもらう事が出来ました。
彼が心を込めて丁寧に完成させたデザート、「オペラ」の味はいかがでしたか?
皆様の心に必ずや残る一品となったことと思われます。


昨夜の場が、皆様に取って、忘れられない楽しいひと時となったと同時に、
また、新たな縁も生まれたことと思われます。
昨日の食事会の場に参加された方々は、誰しもが、魅力のある方達です。
そんな皆様とお会い出来たことを、私個人としましても、
また、我々スタッフ一同としましても、大変感謝しております。

また近い内に、皆様にお会い出来る日が来る事を楽しみにしております。
昨晩は、本当にありがとうございました。

レストラン“龍宮”
ジェネラルマネージャー
俊輔
1/15/07


shunsukesekine at 02:54コメント(1)トラックバック(0) 

January 15, 2007

シェフ&パティシエ

2007年1月14日。
この日は、一生忘れられない日となった。
”龍宮”。この日限りの、幻のレストランを、
今滞在している大阪の、龍のシェフの家でオープンした。


*******

1月7日、8日を岩手で過ごし、おばあちゃんのお見舞いに行った後、
8日の夜に東京に戻り、そのまま深夜バスで大阪に向かった。
9日の朝から、ずっと大阪にステイしている。

毎日余りにも濃くて、しかも色々な事が起こって、
書きたい内容ばかりだが、何しろ中々書く時間が取れない!!
だって、毎日やること、話すこと、行く所がありすぎて、
パソコンを触る時間が全く取れないから。
後で思い返して書く事もできるけど、今日の熱い思いは、
忘れないうちに残しておきたいので、
ここに書く事にした。

*******

1月14日。午後5時。
この時間に、今夜限りの幻のレストラン、”龍宮”はOPENした。
なぜ、幻か?
それは、このレストランが開かれるのは、「今日だけ」だから。
今まで、数回、龍のシェフの家で、親しい人達を集めて、
晩餐会なりを開いていた。
しかし、それらの時は、龍のシェフである伊吹さん一人が料理を作り、
後は他の人が、ゲストとして迎えられ、その料理を心行くまで楽しむだけだった。

しかし今回は、いつもはゲストとして迎えられるメンバーの内何人かが、
スタッフとして、働く事となった。
それは、今までとは風潮を変えて、
龍のシェフ一人では出来なかったサービスをするため。
そのために、ジェネラルマネージャー、ウェイトレス2人、
そしてパティシエの、4人が選ばれた。
そう、今日のメンバーは、龍のシェフを入れての5人。
この5人で、数週間前から企画が始まり、
前日に仕込みや準備を始め、
今日の午後5時、”幻の店”はオープンした。

5人のスタッフ

5人のスタッフ





*******

ま、今回、なぜこれを開く事になったかというと、
いつも俺が、俺の兄貴である伊吹さんを大阪に訪ねに来る際に、
彼が、彼の友達や親しい人達を招いて、食事会を開いてくれていたのだが、
今回も同じ事を企画しようとした時、
いつもと同じで行くのはやめて、今回の企画でやった方が、
もっと面白くなるし、さらに俺達の未来のシュミレーションのためにもなると考えたからだ。

実際に、近い将来に確実に開く予定の、レストランのシュミレーションをする。
どういったレストランを作るのか。
どんな空間を作るのか。
来てくれるお客さんに、どの様な食べ物を出し、
どんな雰囲気の中で、どの様に楽しんでもらえるのか。
それを、今日は間近で感じる事ができた。

********

書くと長くなってしまうので、簡単にまとめるが、
今日やって思ったのは、「やって本当によかった」ということ。
来てくれた人一人一人が、本当に心から楽しんでくれ、
みんな、終電が終わるまで、(というか乗り遅れた人も多数続出 笑)
時間ギリギリまで、その”場”を楽しんでくれた。

自分が、”サービス”を提供する。
しかし、お客さんから返ってくるものの方が、確実に大きい。
その空間にいる誰もが、その場を楽しみ、
全ての人が、満足の笑顔で帰って行く。
これほど、素晴らしい時間の過ごし方はないと思う。

人との縁ができ、その時間が、
”その時”だけの価値を持って、
過ぎ去ってゆく。

11時完全クローズのはずが、11時45分頃まで人が居座り、
深夜12時。
全ての人が帰ってしまったとき、
そのレストランの、楽しかった面影は、跡形も無く消え去った。
さっきまで目の前で繰り広げられていた、あの温かい、楽しい光景が、
まるで夢だったかのように感じられた。

それはまさに、幻となった。

********

今日来てくれたお客さんの中で、嬉しかったエピソードを一つ。
最初に来てくれたお客さんで、とも子さんとそら君の親子。
その2人は、5時に来てくれて、8時くらいまでいてくれた。
他のお客さんがみんな大人の中、
そらくんは、みんなと遊べて楽しそうだった。
最後、彼らが帰るとき、自分が外まで送って行った。
駅の方向が分かる場所まで一緒に歩いて行って、最後、さよならを言うとき。
今まで元気だったそら君が、なぜか俺の目を見てくれない。
あれ、おかしいな?と思い、「どうした?」と聞くと、
お母さんが、「この子寂しくなるからすねてるのよ」と。
「そら、今日は楽しかったか?」と聞くと、「うん」と。
そこでお母さんが、「ほら、お兄ちゃんにありがとうは?」と聞くと、
そら、俺の方を見てくれて、「ありがとう」と笑って言ってくれた。
まだ3歳のそら。名前の漢字が「壮良(そら)」と書くように、
人見知りせず、誰からも好かれる、本当に可愛らしい男の子だった。
将来必ずでかくなるな、そんな事を思わせる彼とそのお母さんに手を降り、
姿が見えなくなるまで見送った後、帰って来て、他のお客さんのお相手が始まった。

WITH SORA

そら君と






最後、伊吹さんが言う。
「そら、本当に楽しかったみたいだな」
聞くと、彼のケータイに、お母さんのとも子さんからメールが来ていた。
そのメールには、こうあった。
「しゅんすけさんと別れた後、そらは泣いていました。
 相当楽しかったようです。
 今日は本当にありがとうございました」と。

そのメールを見せてもらったとき、本当に嬉しかった。
来てくれていた大人の皆さんはもちろんのこと、
3歳の男の子までもが、完全に楽しんでくれたこと。
その男の子の涙が、俺に取っては、何よりもの「ありがとう」の言葉だった。

また、必ず今日来てくれた皆さんと会える日を楽しみにして。

1/15/07

〜おまけ〜写真集:
直道


パティシエ直道










オペラ


直道の作ったオペラ。
昨日の夜から仕込みをして、
今日の朝も早く起きて、
焼き上げた生地で、”オペラ”を作って来てくれた



刺身


馬場先生たちのオーダー、
刺身の盛り合わせ




寿司


伊吹シェフ、寿司を握る。
終電ギリギリ前で、焦って食べる皆さん




伊吹 寿司

伊吹さん
「みんな、電車乗り遅れるで!」
皆さん
「分かってます!でも食べたいんです!!」




馬場先生と伊吹さん

元テニスコーチ仲間
親友同士の馬場先生と伊吹さん









4ガイズ


楽しそうな笑顔





足立先生1足立先生2







足立先生3


最後まで写真を撮り続けた足立先生。
みんなにかなりツっこまれてました。笑





最後、4人で打ち上げ。
直道は終電があるため、帰らなければなりませんでした。
皆さん、お疲れさまです。

打ち上げ

shunsukesekine at 08:47コメント(2)トラックバック(0) 

January 07, 2007

人との縁。それを大事にしたい。
特に、「この人と会えてよかった」
そう素直に心から思える人と会えたときには、特に、
「その縁を大事にしてよかった」
そう思う。

今日は、東京へ出かけて、Saoriさんと会ってきた。
この人は俺のブログでも何回か触れているが、元アメリカの大学に通っていた人で、
去年の3月に、ある学校で行われた就職セミナーみたいなものにゲストスピーカーとして参加していて、そこでたまたま出会ったというわけだ。

その時は実際、ほんの10分くらいしか話せなかったが、
そこで名刺を渡して、もう一度だけアメリカで会うチャンスができて、
その後は、日本で今年の夏に何回か会うことができた。

今日彼女と会って話をしていて、彼女が言ってくれた。
「あの時に会えてよかったね。あの講演会に参加してよかったなと思った」と。
そう言ってくれたことはものすごく嬉しいし、
俺自身も、あそこで、彼女と会えた縁を大切にしてきて良かったと思った。
実際にチャンスは少なかったけど、自分が無理やり話しかけに行ったから、
名刺を渡して、「絶対にメールしてくれ!」と図々しく言ったから、
そして、アメリカでもお互い時間がなかったのに、それでもお茶だけでもいいからと、ほんの数時間を当てに車を走らせたから、
そして、日本で会う機会が出来たときに、彼女も、こっちに会いに来てくれたから、
そんな小さな出来事がきっかけとなり、ただの小さな「きっかけ」が、「縁」となり、
それが今となっては間単に壊れない、強い「縁」となった。

人との出会いっていうのは、偶然でいて、必然のようにも思える。
いわば、全ての人との出会いが、ただの「偶然」だといえるかもしれない。
ただ、その中には、自分の人生を大きく変えるような出会いがあったりして、
その出会いを考えると、そこに自分がたまたま居合わせたのは、
はたや、その人と会ったのは、“偶然”ではなく、“必然”だったのか?
そう思えるときがある。
それは逆に、そうやって思えるだけの、「意味ある」出会いに、自分たちがしてきたから。
同じ人でも、その人に会って、何かを感じる人もいれば、感じない人もいる。
同じ人に会ってるのに、それが強力な「縁」となる人もいれば、そうでない人もいる。
つまり、要は、自分の人生の中で限りなく生まれてくる、人との「出会い」。
それを、いかに自分にとって、かけがえのない、大事な「縁」とできるのか。
「あの出会いは必然だった」そう思わざるを得ないほどの出会いにするために、
自分たちが、その「出会い」に意味を持たす。
それができてこそ、自分の人生は、人との「縁」で満たされていくんじゃないか。

そんなことを感じる。

*****

今日会ってきたSaoriさんとの縁が、偶然だったのか、必然だったのか。
それは、これからの自分達の行動が、意味を作り上げていくもの。
将来、何かの形で関わるようになって、それがお互いに功を成せば、
それは、“必然な出会いだった”と成りうるだろう。
それは、自分達で、その出会いを、“必然”と作り上げた、とも言える。
そんなことを繰り返して、“必然だった”、“会えてよかった”、“会うべくしてあった”
そう自然と心から言えるような、人間関係が築かれていく。

Saoriさんとの出会いは、自分が行動を起こしたからこそ始まったようなものだ。
もしもあそこで自分が動かなかったら、ただのスピーカーと、その観客1で終わっていただろう。
こんな出会いがあるとき、そして、後に自分達がどうやって知り合ったかを思い起こして、
「ああ、あそこに行ったからこそ、会えてよかったね」と素直に言えるとき。
そんなとき、自ら行動を起こしてきてよかった。心からそう思う。

これからも、人との縁、大事にしていきたい。
一期一会。その精神を、大切に。

1・06・07

Saoriさんと
with Saori

shunsukesekine at 02:18コメント(1)トラックバック(0) 

January 06, 2007


幸せとは何だろうか。

物に不自由しなくて、いいものが食べられて、
いい家に住んでいたら、幸せなのだろうか。

これだけ、「生きていく」ことに何一つ不自由しなくていい環境にいるのに、
心が冷めていくのはなぜ?


全てを与えられた環境にいては、
すぐにマヒし、その有難みさえ分からなくなってしまう。

そして、その環境が「当たり前」となりだし、
それ以外に、「何か」を、求めだしてしまう。
自分の心を満たす、「何か」を。


自分の心を満たすものは、
人との、「心」の繋がり。
世界中のどこへ行こうが、
そこに、人との「出会い」なくしては、
自分の人生に、深みは生まれない。



「価値観」とは何だろうか。
「常識」とは何だろうか。

生きて行く意味とは、何だろうか。
なぜ、私たちは生きている?
「何のため」に、生きている?




一人ひとり、答えは違う。
自分の答えを、しっかりと、確かめることだ。

1・05・07


shunsukesekine at 00:08コメント(1)トラックバック(0) 

January 04, 2007

坂
今日は高校時代の親友とデートでした。
僕の地元である成田山・新勝寺へ初詣に行きました。
1月の4日にもなりますが、相変わらず多くの人で賑わっていました。
新勝寺に着くまでの道のりは、
「いかにも日本」という感じの、
風情ある光景が続きます。


甘酒本堂前






途中で甘酒をすすった後は、坂を下っていきます。
途中、ウナギを店頭でおろす光景も目に付きます。
観光客が、「Amazing!」と囁いていました。

うなぎ











本堂羽子板」






いざ本堂に着き、頭の良くなるお香を頭にかぶせ、
階段を登り、今年初の挨拶です。
今年もこうして、地元成田へ帰って来れたことを感謝しました。
同時に、今年の自分の決心を、心の中で誓います。

本堂の奥には、不動明王が居座る、大きな御殿もあります。
その姿は勇ましく、見るものに恐ろしささえ感じさせます。
彼が左手にした、煩悩を断ち切るという剣。
右手にした、全ての人を受け入れるという縄。
何事にも動じないという、彼の座った岩。
間違った道(左の道)に行かないようにと、少し細めた左目。
そして、彼の意思の強さをあらわす牙と、
余計なことを喋らないという、閉じた口。
その姿に、多くの大事なことを学びました。

龍











本堂を出た後は、参道にあるうなぎ屋でうな重を食べます。
店の中の風景。おもてなし。
全てが、“日本”です。

その後は、地元の銭湯“華の湯”へ、岩盤浴へ行きました。
今日本では流行りの岩盤浴ですが、その気持ちよさは半端ではありませんでした。
中の銭湯でお湯に浸かったとき。
それまで銭湯に乗り気でなかった彼が言いました。
「おい、めっちゃ気持ちいいな」
その言葉を聞いて、僕はたまらなく嬉しくなりました。

銭湯を上がった二人は、今日は大したこともしていないのに、
何かを成し遂げた達成感で一杯でした。
またいつか会うことを約束して、彼は地元へ帰りました。

玉

一度はおいで。
成田山新勝寺。

1・04・07

shunsukesekine at 21:59コメント(2)トラックバック(0) 
行ったところReview 

January 03, 2007

父親の出身地、銚子。

祖父母への墓参り。
一年ぶりの、ご先祖様へのご挨拶。

父親の兄貴である、おじさん宅を訪ねる。
餅を作ってもらう。

餡子辛味






犬吠崎。
吹き荒れる海。

犬吠崎1犬吠崎2






銚子。漁師の町。
ここから自分は来た。

釣り人二人






1・03・07


shunsukesekine at 18:49コメント(0)トラックバック(0) 
行ったところReview 

January 02, 2007

1月2日。
朝の9:45AMからやっていたTV番組。
“地球新世紀〜月尾嘉男の文明大冒険〜「水と土の循環」”

この番組。見ようと思ったきっかけは、マヤ文明についてやると書いてあったから。丁度この冬休み、2週間くらい使って、中米か南米に旅に出かけようと思っていたので、マヤ文明と聞いて、「これは見なきゃ!」とテレビをつけた。

しかしこの番組。ただの文明詮索の内容ではなかった。

グアテマラのTikal(ティカール)で昔繁栄した、マヤ文明。
その文明が、何故、滅びたかから始まり、
次は、日本の伝統。
そして、最後はケルト文明にまで話が及んだ。続きを読む

shunsukesekine at 13:01コメント(3)トラックバック(0) 
番外編:
☆ロイ2コマ劇場☆
roy pizza 1

1.「ほ〜ら、うまそうだろ・・・?」





roy pizza 2

2.「うりゃ!!これが脂肪をつける秘訣!!」






*******

2006年11月25日土曜日
旅五日目・夜

クリスティーナの家を後にした後、
僕らは、この日最後の家族、サンディ一家に会いに行くために、
車を走らせました。
時間は9時ちょっと過ぎ。
ここから彼女の家のあるマウントシャスタへは、20分ほどかかります。

******

約束の9時に少し遅れて、到着・・・
家のベルを鳴らしました。
出てきたのは、マイカです。

マイカ
マイカ

(今回の写真がないので、去年のサンクスギヴィングの時より。
 今はこれとは比べ物にならないほど大きくなりました)


彼は、4人兄弟の3番目。
兄弟は上から、
ルーカス、ゲイブ、マイカ、そして妹のハナです。
マイカは、以前9月に会った時より、さらに大きくなっていました。
あれ?俺よりデカくない?
このヤロウ・・いつの間に・・・
次に出てきたのは、ハナ。

ハナ
ハナ

この子も、毎回会いに来る度に、少しづつ大きくなって行きます。
俺が最初に会ったとき、この子は確か6歳でした。
それが、今はこんなに大きく・・・
親の気持ちがよく分かります。

その後奥から出てきたのは、サンディです。
彼女が、この家族のお母さん。
俺がCOSにいた頃、英語のクラスのチューターを頼んだとき、
担当として来てくれた人が、彼女でした。
その頃僕は、英語のレベルが低く、
疑問だらけの日々を送っていましたが、
凄く初歩的な問題にも、サンディは丁寧に答えて、教えてくれました。
今でも2人でよく話すその時のエピソードが・・続きを読む

shunsukesekine at 00:04コメント(0)トラックバック(0) 
2006 Thanks Giving Trip 
番外編:
☆ザックの4コマ劇場☆
zak 1

1.「見ちゃダメだよ!」




ask 2

2.「見ちゃダメだってば!」




zak 3

3.「しょうがないなあ・・・」




zak 4


4.「ばあ!!」








*******

11月25日土曜日
旅五日目・午後


リエンの家族にさよならを言った後は、
クリスティーナの家へと向かいました。
夜の真っ暗な道を、ただひたすら、Weedへと戻ります。
約束の時間に少し遅れ、8時ちょっと過ぎに、彼女の家へとつきました。
どれどれ、いるかな・・・?

ドアの前に行き、インターホンを押しました。
「Hello!!!」
出てきたのは、サファイアです。
彼女は、クリスティーナの一番下の娘です。
4年前、初めて会ったときは、まだ6歳くらいで、
言葉もほとんど喋らず、シャイな女の子だったのに、
今は、もうすっかり大きくなって、同時によく喋るようになりました。
その大きな目をクリクリと言わせて、楽しそうに話してくれます。

今日は、上のお兄ちゃんの、アレックスとタイラーはいないようです。
聞くと、二人とも、近くのバーガーキングで働いているとの事。
アレックスはマウントシャスタのバーキンで、
タイラーはウィードのバーキンで。
「もうあたし達は、いつ行ってもバーガーキングはタダよ!」と。
サファイアが嬉しそうに言っています。

すると、家の奥から、クリスティーナが出てきました。
「Hi Shun〜!!!」
とても大きな笑顔で、大きなハグをくれました。
俺は、クリスティーナの笑顔が大好きです。
本当に、幸せそうな笑顔をしてくれます。
彼女の笑顔を見ると、どんなに疲れていても、落ち込んでいても、
笑いがこみ上げてしまうのです。

Chistina Family

右から、タイラー、クリスティーナ、そしてサファイア


続きを読む

shunsukesekine at 00:03コメント(0)トラックバック(0) 
2006 Thanks Giving Trip 

January 01, 2007


元日。
朝起きて、家族と朝食を取り、
去年お世話になった方々へ、メールを打っていた。
1時間ほどして、頭も痛くなってきたので、
気分転換にと、新鮮な空気を吸いに外へ出た。

少し歩き出して、ふと、自分が通っていた小学校へ足を運んでみようと思った。
自分が通っていた小学校は、家から歩いて30秒の距離にある。
幼稚園は反対の距離に歩いて30秒。
中学校は、少し遠くはなったが、やはり歩いて5分以内だった。
高校は一気に遠くなり、自転車、電車、徒歩も含め片道1時間半。
そして大学は、飛行機で12時間の距離となった。

そんな小学校へ、足を向けた。

門の前に行き、立ち止まる。
こんなに近かったのに、長い間、ここへは戻ってきていなかったことに気づいた。
門を開け、中へ入る。
一歩踏み入れると、当時の記憶がよみがえってくる。
小学校一年生の入りたての頃。
鉄棒。花壇。ニワトリの小屋。
その頃は、全てが大きく、遠く、果てしなく広い校庭だと思っていたのに、
今見ると、かなり小さい。
あれ?と思い、しゃがんでみた。
そうそう、この光景だ。
自分の背が高くなったせいで、同じ景色でも、全く違って見える。
一歩ずつ歩くたびに、当時の記憶が、どんどんとよみがえってくる。
考えてみた。当たり前か。
6年間も、この空間で過ごしたんだからな。
しばらく歩き、校庭の奥に近づく。
その間にも、目にする全てのものが、自分に当時の記憶を思い出させる。
「懐かしいなあ・・・ 懐かしいなあ・・・」
その言葉だけが、口から思わず漏れる。
あの頃、高くて届かないと思っていた登り棒も、
今となっては、凄く低く見えた。
当時の身長に戻ってみる。
あの頃は、自分の周りのもの、全てが大きく見えたこと。
そして、自分の世界も、ものすごく小さかったこと。
朝起きて、学校へ行って、帰ってきて、友達と遊びに行って・・・
夜は習い事。水泳に行ったり、サッカーに行ったり、書道にいったりと・・・
ドラゴンボールを楽しみにして・・・
あの頃は、将来のことなど、不安に思わず、
毎日、その日、その瞬間を、生きていた気がする。

更に奥へ行き、そこにあった、石の山に登った。
そこから、周りの情景を見渡す。
何と、そこから、自分が通った中学校も、更にその奥にある高層団地も、
当時は果てしなく遠くにあると思っていた建物が、
全て近くにあったことに気づいた。
あれ・・全てがこんなに近かったなんて・・・
その空間の中で、自分が、高校に行くまでの大半を過ごし、
しかも、高校に行って、たった3年で、次は違う国。
そしてそこであっという間に4年が過ぎて、今に至るのか・・
小学校の6年間なんてあっという間だったし、中学校の3年間もあっという間だった。
そして高校。
そのたった12年間で、あの小さな子供が、ここまで変わったのか。
その期間の短さと同時に、その短い間でここまで人間は成長するもんかと、
何か、変な感覚を覚えた。

その山から周りを見渡している間、自分は、
完全に、当時の自分に戻っていた。
小学校の頃の自分に。

山を降りて、気づいた。
今、自分が日々生きている中で、
常に、「今」現在、自分を取り囲む、人、環境、考え、常識、
そういったものに、頭を支配されて、生きていること。
今の自分の総体性というのは、
自分がこれまでの人生で過ごしてきた時間の中で、
受けてきた刺激、会ってきた人、
聞いてきた考え、見てきたもの。
それらが、一つの「固定観念」となり、
それが「自分」となって、毎日を生きているのかもしれない。

しかし、こうして自分の小さい頃に戻り、
自分の原点を確かめること。
当時の情景を思い出し、
当時、感じていたことを思い出す。
そうやってしていくと、
自分の中に大切に隠してきた、やわな部分。
何か、やわらかい部分。それが、出てきたようで、
何だか、自分に、心から素直になれた。

毎日、自分は、自分に言い聞かす。
強くならなきゃいけないと。
新しい環境に入り、新しいことを覚え、
新しい人に会う。
その時その時で、新たな風に、吹かれる。
そんな環境の中、自分を持ったまま、強く進んでいくには、
己の心を、強くするしかない。
時にはひどいことを言われたり、批判されたり、
バカにされたり、否定されたり。
自分のことを誤解されることもしばしばかも知れない。
だが、その中でも、
それを気にせず、前に向かう強さ。
その、心の強さ。それが、常に前へ進み続けるには、
必要とされる。

そうやって毎日、自分を鼓舞していくわけだが、
やはり、自分の原点である、「核」の部分には、
昔、明日のことを一切心配せず、
その「瞬間」だけを見て、その瞬間を思いっきり楽しんで遊んでいた、
純粋な気持ちの、素直な自分がいるのだ。

そんな自分に、自ら、素直になって、
久しぶりに会った。
そんな気がした。

*******

「原点に戻ること。」
これは、凄く大事なことなのかもしれない。
これから、更に大きな世界、見知らぬ世界へ行く岐路において、
もう一度、自分が生まれ育ってきた環境を見つめ、
その「自分」という人間の、成長過程を見つめること。
そして、自分が一番分かっていないであろう人間、
「自分」という人間のことを、
もう一度見つめなおすこと。

その必要性を感じた。

1・1・2007


shunsukesekine at 13:17コメント(0)トラックバック(0) 
Archives
記事検索