December 13, 2005

今、学校の図書館にて。自分の持っているパソコンには日本語機能が入っていないので、日本語で打つには、ここに来るしかない。

今週はファイナルウィークということもあり、学校の図書館は、夜中の2時まで開いている。
自分が前までいたコミュニティカレッジに比べたら、凄いことだ。
前の学校は、いくらファイナルの週でも、夜の8時にはしっかり閉まっていた。土日は、もちろん開いていない。
前は開いていたときもあったそうだが、ここの州知事がシュワちゃんに変わってからは、州の予算カットで、図書館の開館時間も短くなった。
学生の授業料は上がるし、憎きアーノルドである。

今回書こうと思ったのは、人間の精神面の鋭さについて。
今回、ファイナルということもあり、久しぶりにこんなに真剣に勉強していたが、 図書館の机に座りながら、思った。
こうして勉強することの大事な理由は、もちろん勉強していることの中身の大事さもあるが、
それよりも、こうして、自分を辛い状況に持ち込み、逃げ出したい中でも、そこでじっと堪えてそれをやり遂げること、
それ自体に、意義があるのではないか、と。
そうする中で、己の精神力は伸びる。
これは、勉強に限ったことではない。
例えば、自分が高校の頃、水泳部だったとき、大会前に備え、学校の練習以外に、別のスイミングクラブでも、
独自で練習していたときがあった。
そこの練習は、学校のそれよりもきつかったが、自分の力を上げたい理由、それよりも、自分の弱さに負けたくない理由で、
何とかこらえて、毎日頑張った。
最低でも、一日4時間、時には、6時間以上泳いだ日もあった。
水泳は、水の中に常に顔を入れているもの。
苦しかろうが、こらえて泳ぐしかない。
泳いでいる最中、誰とも話はできないから、自分を叱咤激励するのは、自分のみ。
そんな中で、いかに自分を、辛い状況の中でも、ポジティブに保つか、
いかに気の遠くなるようなタスクをこなすか、
それを学んだ気がする。

そんな時も、やはり、精神的に、自分を伸ばしていたことになる。
その時の己の精神の「鋭さ」は、最近の自分の精神的な面に比べて、確実に勝っていた。
逆に言えば、最近の自分は、自分を精神的に「磨く」ことを、本気でやっていなかった、そう感じた。
水泳は、スポーツ。肉体を使う。
勉強から来る精神的な苦しみなんて、その時の肉体的な苦しみに比べたら、何でもない。
それでも、こうして、机にじっと座り、逃げたい自分を抑え、何とかやり遂げようとすることは、水泳の練習の時、
自分が己を精神的に磨いていた状況と、同じ事と言える。
肉体的な苦しみがないだけ、ずっと楽だけどな。

今自分は、22歳。
その水泳の練習時代から、5年経った。
5年経ったが、精神的な鋭さは、その時のほうが勝っていたことに気づいた。
そして、このままいるのは嫌である。
5年経ったなら、5年分、精神的に鋭くなっていなきゃいけないはずだ。
つまり、毎日の、己の磨き様が、「本気」ではなかったいうこと。
前のメールでも書いたが、自分を甘やかすも、厳しくするも、己自身。
22歳の俺よ、毎日「本気」で自分を磨け。

shunsukesekine at 02:11コメント(0)トラックバック(0) 
College Life-大学 

December 12, 2005

今週はファイナルウィーク。今週が終われば、CSULBでの初セメも、終わりである。

さっき、今年のスケジュール帳を見ていた。このスケジュール帳は、去年の終わりに日本で買ったもの。
毎日の予定や、その日に起こったこと、これからの予定など、色々書き込んでいるが、
大体のことは書き込んであるため、それを見直せば、今年一年何が起こったか、思い出せる。
いわば、自分の人生の、引き出しの様なものである。

この一年は、とにかく濃かった。多分、今までの人生で、一番濃かった。
というより、今までの人生の中で、一番、「日々を意識して生きた一年」となっただろう。
だからこそ、一日一日、何が起こったか思い出せるし、「濃く生きてよかった」と感じられる。
無駄にした日は、一日もないと言い切れるから。
今年1月の頭から、今、12月の半ばまでを、毎週ごとに見て感じたが、
人の一生なんて、長く見えるが、結局は、日々の積み重ねであるということ。
一日一日を大事に生きない奴は、自分の一生を大事にしていないのと同じである。

人生は、毎日の積み重ね。
行き当たりばったりでも、どうにでもなる。
その日にその日の予定を決めて・・・・とやっていても、日々は経っていく。
だが、そうしていたら、日々だけが過ぎ去り、何も残るものはないだろう。

だからこそ、己の人生の中での目標をつくり、そのDue Date、期限を決め、
日々を、それに向かって走っている状態にすることが大事だ。
もちろん、休憩は大事。「ここまで走ったから、俺はこれだけ休む」と決めることも、
自分の精神状態と体を管理する大事な方法。
自分の体なんて、消耗品だからな。
しっかりテイクケアしていなければ、すぐにガタが来る。
それは、病気、怪我など。
しっかり食べ、体を休め、・・・・その健康管理ができていないと、すぐに体は悲鳴を上げる。
もしくは、精神的に、まいってくるだろう。
それをきちんとこなして、初めて、自分の目標に向かい、日々走り続けることができる。
そして大事なのは、その目標を達成したら、次なる目標を、すでに用意しておくこと。
目標がないまま、ただ日々を過ごすことは、簡単。だが、そうやって過ごした日々からは、何も生まれない。

人間、堕ちるのは簡単。特に、自分に甘くすることは、本当に簡単である。
なぜなら、自分を本当に見ている奴は、自分しかいないから。
頭、体、心は、日々鍛えないと、伸びないばかりか、すぐに堕ちる。
人生も、それと一緒。日々、目標に向かって進まないと、今の状態から前に行かないばかりか、
後退しているのと一緒だ。
だから、とにかく、毎日続けることが大事である。
一日一日で進む距離なんて、無に等しい。
一見、ちっとも進んでいないように感じる。
だが、そのすぐの結果に騙されて、続けることを止めると、
あっという間に後退していく。
逆に、毎日、あきらめずに続けていけば、
必ず、前に進んでいく。
その結果は、半年、一年の、ロングスパンで見てみて、初めてわかる。
「お、俺はこれだけ成長したのか」と・・。

今の自分には目標がある。
今日本にいる知り合いの人と、レストランビジネスを展開することだ。
彼は、今大阪で、第一号店の取り掛かり準備をしている。
自分は、二件目のレストランを、彼と作り、運営する予定だ。
オープンは、今から約7年後、2013年の予定。東京に作る。
自分は、ここCSULBにて、あと一年半の学生生活がある。
一年半といっても、あっという間に過ぎ去るだろうけどな。
この一年が、あっという間に過ぎ去ったように。
ここを卒業した後は、日本に帰り、2年、もしくは3年、日本の社会で働く予定だ。

その短期間で、金を稼ぎ、自分のことを今まで面倒見てくれた両親に、お金を返す。

そして、その後は、俺の進みたい道に向かって、進む。
その知り合いの人と、一緒に行動開始だ。

7年後。俺が29歳となる時。
その時に、そのレストランの顔としてふさわしい人間になるため、
日々、ここで、自分を磨く。

7年後。大分先のことの様に感じる。
だが、そんなの、あっという間に来る。
この一年が、あっという間に過ぎ去ったように。
日々を、大事にしていても、だ。
この一年を、あと7回繰り返したとき、その日が来る。
しかも、人は、年をとるごとに、時が経つのが早く感じるからな。
今の目標は、その7年後に向け、毎日を生き抜くことだ。

「言うは易く、行なうは難し」。
こうして宣言している以上は、とにかく日々、生き抜くのみ。


12・12・2005

shunsukesekine at 02:08コメント(0)トラックバック(0) 
College Life-大学 
Archives
記事検索