March 22, 2006

感謝。
その気持ち、
最近の俺は、忘れていなかっただろうか。

今あること。
今、持っているもの。
すべてを、「普通」と思った瞬間に、
そのものに対する、感謝の気持ちは、なくなる。

今、こうして、毎日食べ物が食べられること。
毎日、会う人がいること。
寝たいときに、安心して寝られる居場所があり、
好きなときに、シャワーが浴びられること。

全ては、有難いこと。

無くなって、初めてその意味が分かる。
その、有難さが分かる。


去年の夏、一ヶ月間、
アメリカを、列車を使って、一周した。
その旅で自分に課したルール。
それは、
「その旅先の土地で友達を作り、
その人の家に泊めてもらうか、
もしくは、列車の中で泊まれなかったら、
野宿!」
というもの。
最初は、人を見る目もなくて、
かなり危ない目にあったりもしたが(笑)、
結局、列車の中+野宿が半分、
人の家に泊まったのが半分ぐらいだった。

列車の中で寝ることや、野宿が多いもんだから、
中々シャワーなんて浴びられない。
知らない土地に行ったら、どこに店があるかも分からないから、
腹が減っても食べ物がないこともしばしば。
一番きついのは、
喉が渇いているのに、水が飲めなかったことかな。

一ヶ月間、一人で毎日移動するから、
もちろん友達なんていない。
その土地で友達ができても、
次の日には、お別れのさよなら。
また、新しい土地で、誰かを見つけないといけない。

そんな生活をしていて、初めて分かった。
好きなときに、食べ物が食べられることのありがたさ。
喉が渇いたら、水が飲めるありがたさ。
夜、周りを気にせずに、
安心して寝られる場所があることのありがたさ。
シャワーを浴びてすっきりしたい時に、
シャワーが浴びられるありがたさ。
一人で寂しくなったときに、
話す人、自分の話を聞いてくれる友達がいることのありがたさ。
「俊輔」という一人の人間の存在を認めてくれ、
自分に何かを求めてくれる人がいることのありがたさ。
その人がいないと、
自分の存在価値は、生まれない。
誰も、自分の事を気にしなかったら、
誰も、自分を必要としなかったら、
自分の存在価値は、分からなくなってしまう。

そんな状態で気づいた、
自分を愛してくれている人のありがたさ。

それらのこと。
そんな、基本的なこと。
基本的なのに、今まで、「当たり前」だと思っていたことのありがたさ。
その、ありがたさに、
心から、気づいた。

旅をしていたその頃。
持ち物は、日記帳と、ペンと、
着替えの洋服何枚か。
それと、バックパックだけ。
敢えて、持ち物は最低限にした。
何か貴重なものを持っていくと、自然と体は、守りに入るから。
「取りたかったら取っていけよ」
その覚悟で行くには、正真正銘、手ぶらでいくしかない。
ケータイも、CDプレイヤーも、カメラも、
全て置いて、旅に出た。

そんな中、何度も思った。
今まで普通に暮らしていた生活レベルに戻れたら、どんなに幸せだろうと。
車があり、好きなところに行け、
好きな音楽を好きなときに聴けたら。
それだけで、もう幸せだ。
夜、周りを気にせずに、
ゆっくり眠れる場所があったら。
ゆっくりシャワーを浴びれ、
夜、くつろげる場所があったら。
会いたいときに、大好きな友達に会いにいけたなら。
俺、という人間を知っている人に会えたなら。

それだけで、幸せだ。

そんな状態で一ヶ月間過ごして、
色々な人に会い、
色々な出会いをして、
人のありがたさ、
生きてることのありがたさ、
朝、綺麗な日の出が見えることのありがたさ、
帰る「家」があることのありがたさ、
全てを、「ありがたい」と思った。

そうして、帰ってきた。

それから、車を手に入れ、
住む家を手に入れ、
友達を手に入れ、
自分の生活スタイルが戻った。

全てが手に入った、その日は、
もう、本当に嬉しかった。
ただ、車が手に入り、
住む場所ができただけで、
もう何でもできる感覚だった。

だが、その感じも次第に薄れてきて、
次の日、
また、その次の日には、
もう、その「ありがたさ」も、消えていった。


それから俺は、その「ありがたさ」、
忘れていはいけないと思い、
紙に、「感謝の気持ちを忘れるな」
その言葉を記し、自分の部屋に貼った。

しかし、引越しでその紙をはがし、
新しい場所に移ってから、3週間。
その紙を貼っていないせいもあるのか、
また、毎日、忙しさに理由をつけて、
自分を良く見返らなかったせいか、
今日、ふと気づいた。

「俺、感謝の気持ち、忘れてないか?」と。

学校の忙しさ。
毎日の忙しさ。
人付き合いの忙しさ。
それらを理由にし、
感謝することは愚か、
それらを「当たり前」と思い、
そして、その次の段階、
「不満」を、今の現状に感じるようになっていた。


「不満」は大事だ。
今の現状をもっと良くしたい、
もっと、いいものにしていきたい。
その気持ちの表れだから。
だが、その欲と同時に、
「感謝」の気持ちも、絶対に忘れてはいけない。
感謝を忘れ、不満だけが残ったとき、
人は、醜くなる。
もっと、もっと。
これじゃ足りないわよ。
もっとよこしなさいよ。
あんた、生意気なのよ。
何で、誰もあたしのこと聞いてくれないのよ。

そうなった時に、
人は、醜くなる。

感謝の気持ちを忘れ、
満足しない、醜い豚と成り下がる。

まずは、感謝することだ。
今、自分が持っているものに、感謝することだ。
愛する家族がいること。
愛する友達がいること。
住む場所があること。
食べ物が食べられること。
安心して眠る場所があること。
綺麗な夕日が見られること。
音楽を聴いて、感動できること。
友達と、大事な人と、感動を共有できること。

全ては、素晴らしいこと。
ありがたいこと。

それらを、忘れてないか?


俺らは、まだまだ成長する。
もっともっと。
もっと生活を良くしたい。
もっと、自分の人間性を伸ばしたい。
もっと、広い世界を見たい。
もっと、人生を謳歌したい。

それらの、欲は必要だ。
でも、それと同時に、「感謝」の気持ちを持つこと。
今あるものに、感謝して、
そこから、更なる上の段階を目指すこと。
それで、やっと、人間は本当に上にいけると思う。



毎日、不満ばかり言ってないか?



「感謝」

その気持ちを、忘れずに。


3.21.06


shunsukesekine at 16:01コメント(0)トラックバック(0) 
Thoughts-思ったこと 

March 21, 2006

必ず物事には、二面ある。
プラスとマイナス、
太陽と月、
光と影、
正と負。

大事なのは、そのバランス。

どっちかに偏ってばかりじゃいけないし、
うまく、バランスが取れてないと、前に進めない。


勉強ばかり?
遊ばなきゃ。

真面目すぎ?
たまには、バカやって、笑わなきゃ。


物事の一面しか見えなくなってると、
視野が狭くなり、
自然と、
効率は悪くなる。



その世界が、絶対だと思う?
そう信じるならいいさ。
もしかしたら、その裏があるかもしれない。

裏が見えない?
見えなくても、
「その裏があるかも?」
そう思えることが、
その人の心を、豊かにする。



絶対的な答え?
そんなものないさ。

自分の直感のままに、
自分を信じて、
突き進めばいい。


間違ってたら、
引き返せばいいだろ?
ルート変更は、いつでも可能だよ。

大事なのは、一歩踏み出すこと。

一度動き出しちまえば、
後は、楽なんだ。

車のギヤを1に入れて出始めが、
一番パワーがいるだろ?
でも、一度動きだしちまえば、
後は、簡単さ。


0からものを作り出す。
それは、一番パワーがいる。
でも、一度0から1を作っちゃえば、
後は、1から10なんて、簡単なんだ。


要は、最初の一歩を、
踏み出すか、
それだよね。


思い切って、
一歩踏み出してみようぜ。


3.20.06


shunsukesekine at 06:17コメント(0)トラックバック(0) 
Thoughts-思ったこと 
Archives
記事検索