September 19, 2021 08:12

中途半端に、心を残して、ビジネス社会で闘ってっきたから、
心が傷んだんだ。こんなに。

俺が、心を出して大丈夫だったところは。
2009-2011の3年間の、留学業界だけだったな。
あそこは、社員も9割が女性だったし、
残り1割の男性社員も、みんな心があったし。
というか、お客さんに、留学や海外生活の手続きのお手伝いをするとはいえ、
俺は営業。
初対面の、留学をしたいと思う、つまり、ピュアな心を持った方々をお相手に、
毎日何人にも電話をかけ、
1日3人のペースで、
1日100件近く電話をかけ、
3年間で、3000人近くの方と、
初対面でお話ししてきたんだ。
彼女たち、彼らの、その、純粋な、心を相手に。
過去に、傷ついたことがあった人も、多かった。
何らかの傷をみんな抱え、
そこから脱却したという、強い思いで、
文字通り人生をかけて、
あの、新宿のオフィスを、仕事や学校やバイトでお忙しい中、
わざわざ時間を作って、貴重なお時間を費やしてくださって、
訪ねてきてくださっていたんだ。

そんな崇高な方々の、お気持ちを、2時間以内で、
心を開けていただくには。
やはり。
自分が、心をまずは開くこと。
心を、魂を見せることが。
重要だったから。


だから、あの仕事は、
人の気持ちがわかる。
女性にしか。
勤まらなかったんだ。

女性でも、
KYな人、
相手の気持ちが分からない人たちは、
すぐに、結果を出せずに、去っていった。

*****

思うに。
B to C でも、 B to B でも、
結局は、相手(お客さん)は、人。
人間。
相手は。「心」。

なのに。
社内に一歩入ると。
売り上げはどうなった?
今日の売り上げは?
新規開拓数は?
効率はどうだ?

つまり。
お客さんを相手にするときには。
「心」を出すのに。

一歩裏へ帰ると。
一歩、社内へ帰ると。

効率、効率、効率。
金、金、金。

まるで、お客さんを、ただの「モノ」のように、扱う。

それは、どの業界でも同じ。
どの業界でも。
機械メーカーでも、スタバでも、留学業界でも、製薬業界でも。

特に、製薬業界なんて、
病気の人は何億人といるから。
麻痺しすぎだよね。
だって、病気の人を対象に、
金儲けしてるんだから。
だから、本当に心が綺麗な人ほど、
耐えられなくなって、辞めてくんだよ。

だから、そんな業界で生き残るには、
冷徹になるしかないんだ。
クルエラのように。
彼女だって、自分の育ての親を殺され、
自分も、生まれた直後に殺されかけ、
また、大人になってからも再び殺されかけ
(2回とも、あのスキンヘッドの秘書みたいな方が助けてくださってよかった)
そして、それをしている相手が、
実の自分のBiological motherと、知ったんだから。
そりゃあ、頭はグチャグチャになるよ。

Steven Tylerだって、
小さい頃、頭が小さすぎるから、ピンヘッドっていじめられて、
唇が厚いから、ニガーリップっていじめられて、
身体も細かったし、背も小さいから、
いじめられまくってたんだ。
だから、小学校の頃から、
朝、登校する前に、
オレンジジュースに、ウイスキーを一杯入れて、
それを飲んで、酔った状態で、
学校に行ってたんだ。
そうでもしないと、いじめに、耐えられなかったから。
彼は、強いよ。
そこで、負けなかったんだから。
そして、家に帰ってくると、お母さんに泣いてたんだ。
でもお母さんは、
「私は、あなたのそのハンサムな顔と、唇が好きよ。女の子は、キスするときにきっとあなたのその唇を愛するはずだわ」って。

だから彼は、あんなに、今でも、74歳になろうとしているのに、
かっこいいんだよ。
劣等感の、塊だったろうから。
きっと、小学校の頃の、中学校の頃の、いじめの辛さを、
バネに、
やってきたんだろうな。
今でも思い返すと、涙が出るって。
だから、あんなに、優しいんだよ。

そして、いつも、寂しそうな目をしているんだよ。

Lenny Kravitzだって、
あんなに成功しているのに、
最愛の奥さんとも25歳くらいで別れてしまって、
愛する母親も33歳くらいで失くしてしまって、
未だに、56歳になるのに。孤独でしょう。
あんなに、寂しそうな人、見たことないよ。
かわいそうになってしまう。見ていると。
本当に、寂しそうなんだもの。
彼には、「ロックスター」「巨額の富」にしか興味のない、
彼の名声しか見ない人ばかりが寄ってくるんだろう。
心ある人が、必要なんだろうけれど、
なかなか、出会いがないんだろうな。
よく分からないけれど。

*****

何が言いたかったんだっけ。
まあいいや。
俺の日記だし。

2021/09/19 7:52am

あ、思い出した。
だから、
ビジネスの世界でやっていくには、
お客さんを相手には、心を見せて、
しかし、バックオフィス、つまり社内の人間には、
心を閉じて、冷徹にならなければいけないってこと。

それができる人は、
相当、元々、そもそも、心がないか、
感受性が強くないか、
相当器用か。
または、相手を傷つけても、本当に何も感じないか。
だから、政治家は、あんな世界で生き残っているから、
みんな、あんなに悪い顔しているでしょう。
政治家の顔見るだけで、本当に吐きそうになるよ。
だからニュースは見ない。

俺はさ。
一瞬は、心を閉じて、
冷徹になって、
頭の回転はいいからさ、
誰が相手だろうが、
何人だろうが、
英語だろうが日本語だろうが、
瞬時に斬り返せるんだよ。

で、やろうと思えば、
逃げ場をつくらず、息の根を止めることができる。
頭の回転と、言葉で。

しかしそれをしている自分にも、
ショックを受けるんだ。
そこでショックを受けなければ、
本当の、冷徹人間だろう。

俺はそれができる。
斬り殺せる。
でも、その返り血を、
この10年間、浴びすぎたんだよ。

昔、どっかの社長だかが、アエラか何かの雑誌のインタビューで、
「誰々さんは、血の匂いがする」って社員に言われますって
自慢げに語ってたけれど、
そうやって語れるってことは、
相当、人の気持ちが分からないんだろうな。

俺は、よかったよ。
人の気持ちがわかる人間で。
人の痛みがわかる人間で。
いや、俺も、人の気持ちは、たぶん、分からない。
でも、
その人の痛みは、自分のことのように、感じられるんだ。

だから、クルエラこの前観てても、
感情移入して、辛すぎて、観てられないんだよ。

*****

最初から、新卒から、そこの大手の会社にしかいない人間ほど。
そして、理系の人間ほど。
人の心が、分からない人が多い。
ガラピコみたいな。
ロボットのような。
お客さんが、アポの時間すぎて、もう苛立ってるのに、
自分は、自分のノートしか観ずに、質問をし続けて、
時間にも気づかず、
で、もう二度と、アポをとってもらえないような人たちばっかりだったよ。
俺の、直近の会社は。
俺が行った部署は、社内でも、仕事ができない。
しかし、自分は、「できる」と信じ込んでいる、
相当変わった、ほぼ新卒からそこの、
変わった三人の男だった。

大阪支店勤務なのに、
上司に相談せずに、勝手に九州に家買っちゃって、
大阪支店に行く際の費用は、出張旅費で落とすという。

もう一人の俺の一個上の人も。
東京支店配属なのに、
勝手に、富山に、家買っちゃって。
で、やはり、
東京行く際には、なぜか出張旅費で落とし、
1日、1万円の、食費が出るんだよ。
2泊3日なら、3万円さ。
それ以外に、ホテルは、
東京なら、15000円以内であれば、
どこでも泊まり放題だよ。
で、会社の金で、夜飲んで、
ホテルに泊まって、
俺は、東京から帰れるところに住んでるから、
終電逃して、ネットカフェで一夜を明かしているのに、
彼は、
同じ東京勤務なのに、
家が富山という理由で、
15000円のホテルで、おやすみなさい。

え?

すごいなあ。
相当、面の皮が、厚いんだなあ。
そりゃあ、東京の、本部長に、
嫌われるよなあ。
社内で、みんなに、嫌われるよなあ。
特に、女性たちに。
そういう人たちって、
なぜか、自分が「かっこいい」と思ってるから。
相当、遅咲きなんだろうね。
学生時代は、モテなかったんだろうな。

あ、また悪口言っちゃった。
ごめん俺のブログ。
そして、俺の心よ。
ごめん。

でも、今は吐き出さないと、
やってられないんだよ。
ごめんね。まじで。





Archives
記事検索